ハンズで人気の日焼け止めアイテム

こちらでは人気の日焼け止めをご紹介しています。シミやシワの原因にもなるといわれている紫外線。
しっかりUVケアをして、お肌を守りましょう。

日焼け止めおすすめ商品のご紹介(スキンケア編)

ハンズネット取り扱いの<日焼け止め>おすすめ商品をご紹介いたします!

メイクの上からも直しやすい定番アイテム!スプレータイプ

こまめに塗りなおしが難しい方にオススメです!スプレータイプの紫外線対策アイテム。さらに今年は、グリッターラメやカラーコントロールで素肌をきれいに見せる効果も。スプレータイプなら日差しを感じた時もサッとつけられます。

下地やファンデーションでUVケア!ベースアイテムで基礎からしっかり肌を守る

下地やベースクリームで基礎から肌を紫外線から守ってくれるアイテムもオススメです。
塗り直しができない時など、しっかり下地からUVケアしておくことがおすすめ。
さらにファンデーションにもUV機能があるものだとダブルで安心です。
ベースアイテムはBBクリームなど、肌にやさしく馴染みの良いモノがたくさんあります。
肌をキレイに見せながら紫外線からしっかりとガードしましょう。

意外と知らない!日焼け止めの塗り方

日焼け止めはお肌に負担がかかります。
むやみに数値の高いものを使うと、肌荒れの原因になってしまうことも。
ここでは、上手く日焼け止めと付き合う方法をご紹介します。

日焼け止めの塗り方

【POINT1:シーンに応じて日焼け止めを使い分ける】

ただひたすら数値の高いものを使えば良いというものではありません。
数値の高いものはそれだけ肌に負担がかかっていることを忘れてはいけません。
なので、デイリー用は低数値、アウトドア用は高数値と使い分けて使用するのがオススメです。


【POINT2:こまめに塗りなおす】
日焼け止めを塗る前に化粧水や美容液で肌を整えましょう。肌の乾燥も防ぎます。
日焼け止めが肌になじむように外出する30分前には塗りましょう。
平均的に日焼け止めの効果は2、3時間といわれています。ですから2、3時間経ったら、しっかりとした塗りなおしが必要!
「でもメイクまで直すことになるなんて面倒!」そんな時は、メイクの上からでも使えるパウダーやスプレーなどの
日焼け止め化粧品や、帽子や日傘などのアイテムで日焼け対策をすることをオススメします。


【POINT3:清潔なものを使う】
日焼け止めは肌につけるものなので、清潔なものを使いましょう。
一般的に消費期限は1年といわれていますので、古くて成分が変わってしまったり、雑菌が繁殖しているケースもあります。
毎シーズンごとに新しいものを使うことをオススメします。


【POINT4:ムラなく塗る】
せっかく塗ってもムラがあっては意味がありません。
優しく肌を痛めないように全体にまんべんなく塗るように心がけてくださいね。
忘れがちな耳の後ろや首筋、ふくらはぎにも丁寧に塗りましょう。