今こそやりたい!楽しくて仕事もはかどる「ステイケーション」の魅力とは【スーツケースの伝道師】

3度のメシよりスーツケース!自身を"スーツケースの伝道師"と称し、スーツケースのよさを世の中に広めるべく生きている、東急ハンズのトラベルグッズバイヤー、佐藤による連載記事。今回のテーマは遠方ではなく、馴染みのある近場に宿泊する"ステイケーション"!いつもの暮らしのすぐ近くで非日常を楽しめて、仕事帰りにもサクッとできる、今の時代ならではの旅の魅力をお伝えします!

ゲストハウスは今こそ行くべき絶好の穴場である

伝道師:はい!ということで、今回は東東京の超メジャー観光地、浅草のど真ん中にあるゲストハウス、「BUNKA HOSTEL TOKYO」さんからお届けしたいと思います!よろしくお願いします!

2011suitcase_01.jpg

スーツケースの伝道師こと、スーツケースやトラベルグッズバイヤーの佐藤。

―BUNKAさんは以前も"家出たび"の記事で訪れたところですね。久しぶりだなあ。

伝道師:ええ、その記事では平日の夜とかに通勤圏内のゲストハウスに泊まって、いつもとは違う夜や翌朝の時間を満喫する旅行スタイルをご紹介しました。あれから約1年半の年月が経ち、その間に世界の暮らしは一変。以前よりも気軽には旅に行きにくい状況になってしまいました。今回の記事では、そんな現代だからこそ、普段の暮らしに近いところで旅をエンジョイすることの魅力を改めて伝えたいと思い、BUNKAさんにやってきたのであります。

BUNKAさんに前回訪れた時の様子はこちらをチェック!
平日夜からの新しい旅、「オトナの家出たび」におすすめのトラベルグッズをご紹介>>

―その記事では"家出たび"と伝道師は言っていましたが、世間では「ステイケーション」という名称でも知られているようですね。

伝道師:滞在という意味の「Stay」と、休暇という意味の「Vacation」が組み合わさって生まれた造語ですね。遠方ではなく自宅や近場で休日を楽しもうという意味合いですが、"家出たび"と考え方はほぼ同じです。"家出たび"は平日にも旅行気分を味わって欲しいという意味合いが強いのですが、自宅の近くでも旅は楽しめるということに関しては同じ。なのであまり両者の違いについて細かいことは考えず、とにかく遠方に行くだけが旅行の本質ではないということだけ覚えていただければと思います。

―なるほど!

伝道師:さて、ではまずチェックインをしましょうか。こんにちは!予約していた、スーツケースの伝道師です!

―あ!受付されているのは前回の記事でインタビューに応じてくださった、支配人の長島さんじゃないですか!こんにちは!

2011suitcase_02.jpg

BUNKA HOSTEL TOKYOの支配人 長島さん。

長島さん:お久しぶりです!今回もよろしくお願いします!まずは消毒と検温にご協力ください!

2011suitcase_03.jpg

スタッフさんはもちろんマスク着用の上、カウンターではアクリルボードも設置されています。

―さすがの徹底管理ですね!

長島さん:ええ、お客様に安心してご利用いただきたいので、こういった管理はもちろん、入り口や客室に行くエレベーターなど、いろいろなところに消毒スプレーを置いています。

伝道師:ただ、ゲストハウスってシャワーやトイレ、調理スペースなどは共有するのが基本なので、コロナ禍になる前から衛生面はしっかりされていましたよね。

長島さん:そうですね、コロナが流行してからはより消毒や換気をこまめにするようにしていますが、ゲストハウスだからこそ衛生面には以前からかなり気をつかっていました。ゲストハウスは人との距離が近いイメージが強いと思うんです。それでも大丈夫と胸を張って言えるように、管理は本当に徹底しています。

2011suitcase_04.jpg

アクリルボードを介してインタビューしています。

―コロナ前後でお客様に何か変化はありましたか?

長島さん:やはり海外のお客様はかなり減りましたね。逆に増えたのは、日本人の方でも1泊だけじゃなくて長期滞在されるような場合ですね。会社と自宅の距離が遠くて、電車での感染可能性をなるべく少なくするためにしばらくここに泊まる方などがいらっしゃいます。

伝道師:ゲストハウスは気軽に泊まりやすい価格ですしね!

長島さん:そうですね。ソーシャルディスタンスの確保のために、客室も2段ベッドの上下どちらかは必ず空けるようにしています。浅草などの観光スポットも、海外のお客様が少ないのでいつもよりゆっくり見られるチャンスでもあります。スタッフ一同、細心の注意を払いつつ、ゲストハウスのよさである「人のあたたかさ」をお客様に感じていただけるようなサービスを心がけておりますので、ずっと自宅に一人でいてちょっとうんざりしている方などはぜひ一度、いらっしゃっていただけると嬉しいです。

2011suitcase_05.jpg

続々出てくるステイケーションにおすすめなアイテム

伝道師:さて、現代の旅行「ステイケーション」にゲストハウスはぴったりということがよく分かりましたが、ここからはステイケーションをより気軽に、より快適に楽しめるようなおすすめアイテムをご紹介したいと思います。

長島さん:ここから伝道師のエンジンがかかってくるのですね!

伝道師:「ゲストハウス」×「ステイケーション」のよさをまだ多くの方はご存知ないと思うので、私も全力でアピールしていきたいと思いますよ!!という訳で、まずはこちら!

2011suitcase_06.jpg

ADD-NIS マスクケースウォレット 3,500円(税込)

―お財布...ですか?

伝道師:ええ。このアイテムの特徴を一言で表現すると、「マスクケースにもなるお財布」なんです。BUNKAさんは昼間はカフェ、夜は居酒屋としても営業していますが、食事をする際にマスクの置き場所にちょっと困ることもありますよね。そういう時にこれがあると便利ですよ。

2011suitcase_07.jpg

長島さん:マスクケース単体ではなく、お財布というのがよいですね。

伝道師:そうなんです!なので宿泊先の部屋からこれだけ持ってご飯を食べに行けるんですよ。財布は財布、ケースはケースで持って行くのは面倒なので、ケース付きの財布というのが伝道師的Goodポイントですね。それに、ケース部分は抗菌防臭素材で取り外しも可能なので、汚れが気になったら簡単に洗うこともできますよ。

2011suitcase_08.jpg

―今の時代らしい新しい視点のアイテムですね。

伝道師:マスクはもうどこに行くにも一緒ですからね。では、続いてご紹介するのは〈ポケットスクエアバッグ〉です。

2011suitcase_09.jpg

左:MOTTERU ポケットスクエアバッグ 1,320円(税込)
右:東急ハンズオリジナル ポケットスクエアバッグ 大容量タイプ 1,650円(税込)

長島さん:ちっちゃい!

伝道師:折りたたむとポケットサイズになるのがこのアイテムの特徴で、上記写真の左側のタイプは先ほどご紹介した〈マスクケースウォレット〉にすっぽり入るのも魅力です。右側はエコバッグとしての使いやすさをより追求し、持ち手を長くしてサイズを大きくしたタイプで、こちらは東急ハンズだけの限定アイテムとなっています。それぞれ広げてみるとこんな感じ。

2011suitcase_10.jpg

長島さん:ハンズ限定のものは確かにひと回り大きいですね!折りたたむと同じくらいのサイズなのに。

伝道師:このサイズならお弁当や雑誌も入るので、これ一つあると何かと便利ですよ。さて、ここまでご紹介してきたアイテムに共通するのは「なるべく身軽にしてくれる」こと。どれもポケッタブルなサイズなので、普段使っている荷物にちょっと入れておけば気が向いた時にすぐステイケーションできるのがポイントです。
続いてご紹介するのも身軽シリーズな〈2ポケット抗菌ポーチ〉です。

2011suitcase_11.jpg

丸隆 2ポケット抗菌ポーチ 1,485円(税込)

伝道師:こちらはチャックが2つあって真ん中は仕切られているので、たとえば片方には予備のマスク、もう片方には歯ブラシを入れるなど、用途に合わせてさまざまな使い方ができるんです。

2011suitcase_12.jpg

―なるほど、これも一つあると便利ですね。

伝道師:ちなみに抗菌仕様の素材でできているので今の時代にぴったり。決して派手なものではないけど、かゆいところに手が届く技アリのアイテムだと思います。そして、そのポーチに入っているこちらもご紹介させてください。

2011suitcase_13.jpg

携帯アルコール除菌スプレー 10ml 398円(税込)

伝道師:もうおわかりだと思いますが、こちらも伝道師的Goodポイントはその携帯性。どこに入れてもかさばらないスティックタイプなので、いつでもどこでも持ち歩けますよ。また、ボールペンのようにクリップがついているので、机に置いたときにコロコロと転がっていかないのも地味にナイスです。さらに、こちらはマスクにも使用可能。ほんのりとしたミントの香りがするので、シュッとひと吹きすれば気持ちよくマスクをつけることができます。

2011suitcase_14.jpg

長島さん:あ、ほんとだ!よい香り!

伝道師:おすすめアイテムのご紹介もここで折り返し地点!後半戦は宿泊先のお部屋で活躍するアイテムなので、予約しているお部屋にいったん行きましょうか!

今はかつてないほどおトクにステイケーションを楽しめる状況

―佐藤さんが予約したお部屋はどこだろう?

伝道師:みんな、こっちこっち!

2011suitcase_15.jpg

―まるでホテルのような個室なんですね。いわゆるドミトリーではないんですか?

伝道師:GoToトラベルキャンペーンでお得だったので、家族や友人で一緒に泊まれるファミリー大部屋タイプを予約させていただきました!ベッドだけでなく、みんなでくつろいだり遊べるスペースもあるんだあ!いやあ、テンション上がってきましたよ!!

2011suitcase_16.jpg

クッションを投げたりする伝道師。

―あの、佐藤さん?他のおすすめアイテムのご紹介を...。

伝道師:ん??

2011suitcase_17.jpg

―ん?じゃないですよ。早く続きに行きましょう。

伝道師:仕方ないなあ。では、気を取り直して、お部屋の中で紹介シリーズ!!

長島さん:...あ、はい!

―長島さんを困らせないでくださいよ(笑)

伝道師:ごめんなさい。では次にご紹介するのはこちらです。

2011suitcase_18.jpg

トラベルモール 3Dスリープマスク 1,760円(税込)

伝道師:せっかくのお泊まりですから、いつもより上質な睡眠を楽しみたいじゃないですか。ということで、個人的におすすめのアイマスクをご用意しました。特徴は、耳の部分に穴が空いているので通気性がよく、変に蒸れたりしないこと。また、目元部分がふくらんでいるので目を圧迫せず、とてもつけ心地がよいんです。しかもこちらには耳栓がセットでついてくるので、ゲストハウスにはうってつけのアイテムなんですよ。

2011suitcase_19.jpg

長島さん:ほんとだ!つけ心地がすごく自然ですね!圧迫感がないのに光が全然入ってこないし、耳に引っ掛けるタイプじゃないから痛さもない!

伝道師:でしょう?ぜひ皆さん一度試してみていただきたいですね。続いては一挙に2つご紹介しましょう。

2011suitcase_20.jpg

左:丸隆 抗菌 携帯用洗面器 1,480円(税込)
右:hands+(ハンズプラス)たためるコップと歯ブラシセット 748円(税込)

―コップはともかく、洗面器を持ち込むんですか!?身軽なのがステイケーションのポイントなのでは...?

伝道師:ふふ...そう思うでしょう?これらのアイテムの特徴は、これなんです!

2011suitcase_21.jpg

―どっちも小さくなる...!?

伝道師:その通り!洗面器は空気を抜けば手のひらサイズ大くらいまでコンパクトになるし、コップはペコっと平べったくなるんですよ。

―へえ!

伝道師:ちなみに、洗面器は下着などを洗うときに使えるほかにも、お湯を張ってお部屋に置いておけば乾燥対策にもなるのでおすすめです。

2011suitcase_22.jpg

長島さん:へえ、その使い方はよいなあ!宿泊先の部屋が乾燥してることってたまにありますもんね。

伝道師:特に秋冬の時期は気になりますからね。ぜひやってみてください。さて、ではいよいよ最後のアイテムとなります。個人的にもかなりおすすめなので、実際に使っている様子をご覧にいれましょう!

2011suitcase_23.jpg

DECEM 超小型USBミニシェーバー 2,200円(税込)

―ひげ剃りしてる...!って、シェーバーがめちゃくちゃ小さい!!

伝道師:そうなんです!なんと全長約5cm、重さは約40gという、小型中の小型、超小型サイズのシェーバーなんですよ!USB Type-Cケーブルから給電するので、電源アダプタや携帯バッテリー、スマホにつないで使うことができるんです。

2011suitcase_24.jpg

―どんどんひげ剃りしてる...。

伝道師:ああすみません(笑)。いやほんとガンガン剃れるんでつい...。毎分6,500回転と小型なのにパワフルですし、マグネット式なので着脱も楽チン。T字カミソリにはいつも負けてしまう方は、これがカバンに入っているだけでかなり安心だと思いますよ。

長島さん:実際どのくらい剃れたんですか?

伝道師:さすがにまあまあなおじさんの剃った毛をお見せするのはあまりよろしくない気がするので、お披露目は遠慮しておきます(笑)でも、普通のシェーバーと遜色ないくらい剃れますよ。


ということで、今回はステイケーションにおすすめなアイテムをご紹介してきました。
なんだか買っただけでワクワクしてくるのがこういったトラベルアイテムのよさだと思うので、どれか一つでも「これは!」と感じたものがあったら、ぜひ手にとって気軽にステイケーションにトライしていただければと思います。
最後にもう一度お伝えしますが、ゲストハウスを活用したステイケーションは、今本当におすすめですよ。ぜひ一度やってみてください。きっとやみつきになりますから!ね、長島さん!

長島さん:伝道師のおっしゃる通りです!今までにないくらい気軽に非日常を楽しめるので、ゲストハウスだからといって怖がらずににぜひお越しいただければと思います。

おわりに

今回の伝道師記事は、自宅や職場の近くの近くで気軽に楽しむ旅、「ステイケーション」の楽しみ方をご紹介しました。そして、次回の伝道師記事も乞うご期待!

スーツケースの伝道師 連載記事はこちら>>

※工場生産遅延の影響で入荷日の遅れや商品仕様の変更が生じる場合がございます。
※掲載商品は一部店舗では取り扱いがない場合がございます。取り扱い状況については各店舗へお問い合わせください。
※掲載商品は、一部の店舗ではお取り寄せになる場合がございます。
※一部価格・仕様の変更、および数に限りがある場合もございます。
※掲載写真には一部演出用品が含まれます。
※商品価格等の情報は、掲載時点のものです。

この記事の関連タグ