営業や出張が多いビジネスマンの強い味方!ハンズがオススメするハイスペックリュック4選

外出することが多いビジネスマンの荷物は、どうしても増えてしまうもの。特にノートパソコンやタブレットを使って外出先で仕事をする方は、充電器などのグッズも合わせて持つため、鞄の中がごちゃごちゃしてしまいがちです。ハンズオススメのハイスペックリュックで、より身軽になって、いつでもどこでもスマートに仕事できる、快適なビジネスライフを目指しませんか。

軽くて防犯性が高いリュックは、海外出張で大活躍

特に海外出張に行く際に気をつけたいのが、防犯対策。そこでオススメなのが『BOBBY』です。シンプルな見た目なのは外側にポケットがないためで、ジッパーをこっそり開けられる心配はナシ。また、6mmの衝撃吸収材やポリプロピレン板などを使った6層構造になっており、刃物を使った手口にも対応しています。それでいて重さは約850gと軽量。背面のデザインも人間工学に基づき、背中にかかる重量を分散させる設計になっているため、楽に背負えます。

1801ruck_01.jpg

XDDESIGN BOBBY(ボビー)多機能リュック(16.5×30×高さ45cm 、容量:13L) 14,880円+税

ちょっと変わったジップが便利で癖になる!?

『ウノ1 スマートバックパック』は、数字の「7」を反転したような軌道で開く個性的なジップがポイント。フロント部分がめくれるように大きく開くので、底の方に入れた荷物も簡単に取り出せます。さらにジップを開いていくと写真下のようなフルオープンの状態になるので、スーツケース感覚で荷物の整理ができます。中身はタブレットやノートパソコンが入るメインポケットのほか、財布や筆記用具などを分けて入れられる小ポケットが付いているので、鞄の中がごちゃごちゃしてしまう心配もありません。USBポートも付いており、中でモバイルバッテリーを接続しておけば、リュックを開けずにスマートフォンなどの充電ができます。

1801ruck_02b.jpg

ウノ1 スマートバックパック(31×15×高さ49cm、容量:約20L) 16,800円+税

突然の大雨から電子機器や重要書類を守る完全防水

『ロールダウンスタイルバックパック』の特徴は、水や汚れに強いTPUコーティング加工生地を全面に使った、完全防水構造。突然の大雨が降ってもタブレットやパソコン、大事な資料などが濡れてしまう心配がありません。また、ロールダウン式のデザインもポイントで、荷物の量に合わせて上部をクルクルと巻いてコンパクトにできます。中身のラップトップスリーブは取り外し可能なので、室内での電子機器の持ち運びや作業時に便利です。

1801ruck_03.jpg

CODE10 ロールダウンスタイルバックパック(65×30×20cm、容量:20L) 13,704円+税

タブレットやパソコンにやさしい、使いやすさ抜群のリュック

最後にご紹介する『City Collection Backpack』は、タブレットやパソコンを保護する能力が特に優れたリュック。2気室構造のうちメインの気室には、全体を覆うようにクッションが360°敷き詰められていて、荷物との接触面にはふわっとした起毛素材を使用。そのため、外側からの衝撃はもちろん、気室内で他の荷物などと擦れて傷が付くことも防ぎます。フロント上部のポケットにも起毛素材が使われていて、スマートフォンなどを入れるのにぴったり。背面部分にもポケットが付いており、リュックを背負ったまま出し入れできるなど、使いやすさも抜群です。

1801ruck_04.jpg

INCASE City Collection Backpack(52×34×14 cm、容量:21L) 20,000円+税

おわりに

忙しいビジネスマンの頼もしい味方、ハイスペックリュック。今回ご紹介したグッズを取り入れて、今年の仕事をスマートに楽しくこなしましょう!

※掲載商品は一部店舗では取り扱いがない場合がございます。取り扱い状況については各店舗へお問い合わせください。
※掲載商品は、一部の店舗ではお取り寄せになる場合がございます。
※一部価格・仕様の変更、および数に限りがある場合もございます。※掲載写真には一部演出用品が含まれます。

この記事の関連タグ