【ハンズ先行販売】SADDLEUP企画者とハンズのシューケアマイスターが、商品と革への想いを語る 

9月17日から東急ハンズで先行販売される、シューケア&レザーケアの新ブランド〈SADDLEUP(サドルアップ)〉。「バイカー」という、他とは一線を画すコンセプトを掲げた同ブランドへの想いや革へのこだわりに迫る、商品企画者とシューケアマイスターによる特別対談をお届けします!

〈SADDLEUP〉のコンセプトは「バイカー」。その理由とは?

今回、お話をお聞きしたのは、〈SADDLEUP〉の企画者である渡邉さん。そしてハンズからは、横浜店のシューケアマイスター、高須が参加。革への愛とこだわりに満ちたトークがスタートしました!

2009_shoecare_01.jpg

SADDLEUP BRAND クリエイティブディレクター 渡邉さん

2009_shoecare_02.jpg

東急ハンズ横浜店 シューケアマイスター 高須

―早速ですが、まずは〈SADDLEUP〉の特徴を教えてください。

渡邉さん:ひと言で言うと、バイカーのために開発したシューケア&レザーケア用品の新ブランドです。

2009_shoecare_03.jpg

M.MOWBRAY SADDLEUP 中央から時計回りに:
レザーオイル 2,530円(税込)
ブラシM 1,650円(税込)
ブラシL 3,300円(税込)
ウォッシャーキット 2,750円(税込)
レザーコンディショニングスプレー 1,650円(税込)
レザークリーナー 2,420円(税込)
レザーミルク 2,200円(税込)
ポリッシュレザーグローブ 3,080円(税込)

高須:バイカーというコンセプトは、どこから生まれたんですか?

渡邉さん:バイカーって最も「革」に親しんでいる人間だと思うんです。ブーツにジャケット、グローブ、バイクのシート...。でも、それらをケアするためのものが、これまではミンクオイルくらいしかなくて。

高須:確かに、ミンクオイルは昔から根強いですね。ジャケットにもブーツにも使える古典的なケア用品です。

渡邉さん:私自身もバイクが好きで、もう何十年もバイクに乗っているんですが、専用のケア用品がないのがずっと疑問でした。ミンクオイルはベタつくし、ニオイも気になる。それなら自分でつくってしまおう、というのがきっかけでした。

―なるほど。ハンズの店頭でも、そういう商品を求める声はあるんでしょうか?

高須:多くはないですが、ありますね。おっしゃる通り、いつもミンクオイルを使っているという声は聞きます。動物系オイルなのでベタつきやニオイが悩みだという声も。そういう声への答えとして、自信を持っておすすめできる商品は、確かにありませんでしたね。

―バイカーさん達にとって〈SADDLEUP〉は、画期的なケアアイテムになりそうですね。ところで〈SADDLEUP〉の名前には、どんな意味が込められているんですか?

渡邉さん:直訳すると「(馬の)鞍を上げろ」ですが、西部劇などでも出てくるスラングとして、「さあ、出発するぞ」という意味でも使われる言葉です。サドルレザーとも引っかけて、バイク好きならピンと来るように名付けました。

高須:マークもいかにもな感じで、目をひきそうですね。

2009_shoecare_04.jpg

M.MOWBRAY SADDLEUP レザーコンディショニングスプレー 1,650円(税込)

渡邉さん:マークはアメリカの国道の標識がモチーフです。ラベルにはマークの他にバイクのシルエットも入れて、見ただけでバイク好きの心を掴むようなデザインにしました。

こだわったのは、お手入れ初心者でも安心の使いやすさ

―開発にあたって、大切にしたポイントは何ですか?

渡邉さん:根底にあるのは「簡単だけど、ちゃんとお手入れができること」です。お手入れ初心者にも、これさえあれば大丈夫というアイテムを提供したい、そんな想いを込めています。

2009_shoecare_05.jpg

―ミンクオイルに代わるアイテムが〈レザーオイル〉と〈レザーミルク〉ですが、どんな特徴があるんでしょうか?

渡邉さん:固形のものが多いミンクオイルに対して、これは液体状にしました。塗りやすくなるし、伸びもよくなるので、塗りすぎを防ぐ効果もあります。あとは「ツヤあり」なら〈レザーミルク〉、「ツヤなし」なら〈レザーオイル〉と、仕上がりの好みで選べるようにしました。

―特別な"バイカー向けの何か"が入っていたりとか...?

渡邉さん:天然のワックスを使うなど、素材にはこだわっています!でも、バイカー向けだからエンジンオイルが入っている、なんてことはありません(笑)

―(笑)。では、シューケアマイスターの目から見ての印象はどうですか?

高須:コンセプトがしっかりしていて、とてもよいですね。少し試させていただきましたが、〈レザーオイル〉と〈レザーミルク〉はよく伸びるし、ベタつきもなくて使いやすいので、お手入れ初心者にも十分におすすめできると思います。

2009_shoecare_06.jpg

―その他のアイテムはいかがですか?

高須:〈レザーコンディショニングスプレー〉も便利ですね。水や汚れを弾きますし、革に栄養も与えてくれます。お手入れの入門編として、これから始めてみてもよいかもしれません。そして、欠かせないのがクリーナーです。

渡邉さん:クリーナーも伸びがよくて扱いやすいリキッドタイプです。革のお手入れは一度しっかり汚れを取ることが大切なんですが、おそらく多くのバイカーがこれまでクリーナーを使ってこなかったと思います。〈SADDLEUP〉でその重要性を知ってほしいですね。

高須:では、使ってみての感想や質問を他にもいくつか。まずは靴に携わる者としての素朴な疑問ですが、バイカーの方はどれくらいブーツのケアをしているんですか?

渡邉さん:開発にあたってバイク仲間にリサーチしましたが、いろいろですね。マメにしている人もいれば、全くしない人もいて。あとびっくりしたんですが、エンジンオイルで磨くという猛者もいました(笑)。革が柔らかくなる気がすると...そんな訳ないんですが。

高須:エンジンオイルは...控えていただきたいですね(笑)。使ってみて感じましたが、この〈レザーオイル〉は塗ってから乾くのが速いですね。

2009_shoecare_07.jpg

渡邉さん:量にもよりますが、薄塗りすれば15〜20分くらいで乾きます。固形のオイルより革への吸い込みもよいので、時間を置く必要もないんです。

高須:普通の動物性オイルと比べるとかなり速いですよね。それとニオイが少ないのもよいですね。

渡邉さん:香料を入れようかという話もあったんですが、バイカーは無骨な人が多いだろうと(笑)。なので無臭に近くしました。

高須:ブラシですが、なぜ豚毛ではなく馬毛なんでしょうか?

2009_shoecare_08.jpg

M.MOWBRAY SADDLEUP
ブラシM 1,650円(税込)、ブラシL 3,300円(税込)

渡邉さん:馬毛は主にホコリ落とし用などで、靴磨きのブラシは豚毛が多いですよね。でも初心者には使い分けが難しいので、あえて馬毛に絞りました。

高須:なるほど。馬毛ならオールマイティで、使いやすいですね。

いつか全国のバイカーが、こぞってハンズへ来る日を願って

渡邉さん:私からも質問です。私が愛用している革ジャンは40年以上前のものなんですが、すぐに硬くなってしまうんです。どこに気をつけてお手入れすれば柔らかい状態で長く着られますか?

2009_shoecare_09.jpg

高須:硬くなる原因は乾燥ですね。吸い込ませるオイルが足りないのかもしれません。そのためにはクリーナーで古いオイルをしっかり除去してあげることが大切です。古いオイルが入っていると新しいオイルが入っていかないんです。

渡邉さん:やっぱり、クリーナーが重要なんですね。

高須:レザーのケアはスキンケアによく例えられます。クリーナーで"素肌"にしてからオイルを塗ると、グイグイ吸い込んで奥まで浸透するんです。お化粧を落とさずに、翌朝その上からお化粧をしませんよね。レザーケアも同じです。1回クレンジングをしてから、ということですね。

渡邉さん:お化粧か...、わかりやすいですね。あと、よかれと思ってオイルもたっぷり塗ってしまいがちですが、それもよくないのですよね?

高須:多めに塗ってもよいのですが、残った分をしっかり拭き取ることが大切です。カビにとってはオイルも栄養になってしまうんです。

2009_shoecare_10.jpg

―では渡邉さんにお聞きします。〈SADDLEUP〉を通してどんなことを伝えたいと思っていますか?

渡邉さん:革というのはバイカーの身を守るものでもあるんですが、その割には大切にしていない人も多いと思うんです。例えば旅に出る前に愛情を込めてケアすれば、身が引き締まって安全運転につながるかもしれません。啓蒙と言っては大袈裟ですが、そういう意識を高めるきっかけになればと思っています。

―では高須さん、この商品をハンズからはどう発信していきたいですか?

高須:今回、ハンズで先行販売させていただきます。とは言え、バイカーの方が1日に何人も来店されるかといったら、そういう訳でもなく。インパクトがあって店頭でも注目されると思うし、とにかく使いやすいので、これからシューケアを始めたいと思っている方にもおすすめのアイテムです。ハンズとしてはバイカー以外の方にもしっかりアピールしていきたいですね。

渡邉さん:本当は各地で行われるバイカーズミーティングでお披露目する予定だったんですが、今年はそれも難しく...。でもSNSや友人を通して、私はバイカーへのアピールをコツコツと続けます。そして「どこで買えるの?」と聞かれたら「東急ハンズですよ」と。

―ハンズが一般の方に広めつつ、草の根でバイカーにも広めていく、ということですね。

渡邉さん:はい。そして全国のバイカーたちが、こぞって東急ハンズに押しかける(笑)。革好きのバイカーが愛用することで、それ以外の方の信用も高まる。そんな流れができたら最高ですね。

ここからは実践編。マイスターにお手入れのコツを聞きました

【実践1】ブーツのお手入れ

高須:まずはブラッシングで目に見えるホコリを落とします。ブーツは扱いやすい小さなサイズのブラシで。

2009_shoecare_11.jpg

高須:バイカー向けのブーツは縫い目が特徴的だったり、溝が深かったりするものも多いので、そこは念入りにブラッシングしてください。

2009_shoecare_12.jpg

高須:ひと通りブラッシングが終わったら、次はクリーナーを。500円玉くらいの大きさを目安にして布にふくませ、汚れを落としていきます。革にダメージを与えてしまうので、大量につける必要はありませんよ。

2009_shoecare_13.jpg

渡邉さん:拭く際のコツはありますか?

高須:指の腹を使います。ゴシゴシと擦るのではなく、革に浸透させて汚れを浮かせていく感じですね。先ほども話に出ましたが、お化粧と同じです。

2009_shoecare_14.jpg

渡邉さん:ゴシゴシした方が汚れが落ちそうですが、違うんですね。洗顔と同じ感覚ということですね。

高須:はい。こんな感じに汚れが取れます。この作業を片足ごとに交互に2〜3回行います。

2009_shoecare_15.jpg

高須:クリーナーが終わったら、革に栄養を入れます。今回はツヤなしの〈レザーオイル〉を使いましょう。こちらも布に取ってから塗っていきます。

2009_shoecare_16.jpg

渡邉さん:塗り方のコツはありますか?

高須:吸い込むのは革の力に任せて、表面に優しく"のせていく"感じで塗ります。こちらも大量に塗る必要はありません。特に〈SADDLEUP〉のオイルは伸びがよいので、少量でもしっかり塗れますね。

2009_shoecare_17.jpg

高須:全体に塗れたら、より均一にオイルをならすためにもう一度ブラッシングします。乾かしてからでも大丈夫ですが、乾く前の方が効果的です。

2009_shoecare_18.jpg

高須:最後に〈ポリッシュレザーグローブ〉で仕上げます。これは両面仕様なんですよね。まずはポリエステルの面(白い方)で全体をザッと磨きます。

2009_shoecare_19.jpg

高須:裏返して、キメの細かいゴートスキン(山羊革)の面(黒い方)で優しく磨き上げます。

2009_shoecare_20.jpg

高須:ひと通りの流れだけですが、これで完成です。

2009_shoecare_21.jpg

【実践2】ジャケットのお手入れ

高須:まずはこちらも全体をブラッシング。ジャケットは面積も大きいので、ブラシも大きいサイズを使います。今日は全体ではなく、半面だけ実践してみます。

2009_shoecare_22.jpg

渡邉さん:コツはありますか?

高須:一方向に払う感じでかけることですね。縫い目やファスナーなどはしっかりと。本格的なお手入れは面倒でも、脱いだ後にブラッシングをするだけで全く違うので、ぜひ習慣にしてもらいたいです。

2009_shoecare_23.jpg

高須:あとの手順はブーツと同じです。クリーナーで汚れを取ります。

2009_shoecare_24.jpg

高須:今度はツヤありの〈レザーミルク〉を使いましょう。

2009_shoecare_25.jpg

高須:優しく塗り込みます。

2009_shoecare_26.jpg

高須:塗り終わったらブラッシング。

2009_shoecare_27.jpg

高須:最後に〈ポリッシュレザーグローブ〉の両面を使って仕上げをしましょう。

2009_shoecare_28.jpg

高須:仕上がりはこんな感じです。しっとり柔らかくなったと思います!

2009_shoecare_29.jpg

【実践3】財布のお手入れ

渡邉さん:これ、私が普段使っている財布なんですが、きれいになりますか?

高須:やってみましょう!財布も同様にブラッシングの後にクリーナーで汚れを取ります。

2009_shoecare_30.jpg

渡邉さん:拭いた時に布に色がつくのは、色が落ちているからなんですか?

高須:ダメージを受けた革の表面のカスや人の皮脂が取れているだけで、色が落ちている訳ではありませんよ。お肌で言えば角質が取れているのと同じですね。

渡邉さん:そうなんですね。ずっと色落ちだと思ってました。

高須:クリーナーが終わったら革に栄養を与えます。こちらは〈レザーミルク〉がよさそうですね。曲がる部分などは革もダメージを受けやすいので丁寧に...。

2009_shoecare_31.jpg

高須:全体に塗れたら、ブーツと同じくブラッシングをして、最後にグローブで拭き上げます。こんな感じでいかがでしょうか?

2009_shoecare_32.jpg

渡邉さん:きれいになりましたね!なんだか得しました(笑)

―これらのケアの後に、仕上げとして〈レザーコンディショニングスプレー〉を吹きかけるんですね?

高須:そうですね、それが理想です。でも毎回すべてのケアを行うのは大変なので、日頃のケアはこのスプレーだけでも十分だと思います。

2009_shoecare_33.jpg

渡邉さん:水を弾いて汚れを防ぐ効果もあるので。シューッと吹きかけておくだけで簡単ですし、シミになりにくいので薄い革にも使えます。

2009_shoecare_34.jpg

〈レザーコンディショニングスプレー〉を吹きかけたところが水を弾いています。

高須:簡単ですが実践は以上です。今日はありがとうございました!

渡邉さん:こちらこそ、私も勉強になりました!ありがとうございました。

高須:やってみれば意外と簡単なので、〈SADDLEUP〉を通して、皆さんにももっとレザーに親しんでいただきたいですね!


商品の詳しい説明と使い方は動画でもご紹介中!こちらからチェック>>

おわりに

「バイカー」というコンセプトを掲げた〈SADDLEUP〉。そこにはレザーへのこだわりと愛情が溢れていました。初心者でも手軽に始められるので、バイカーの方もバイカーではない方も、ぜひ一度、試してみてください!

【ただ今、プレゼントキャンペーン実施中!】
今回ご紹介した〈SADDLEUP〉シリーズの商品を、一回のお会計で2個以上購入したお客様に〈SADDLEUP〉ロゴ入りのミニナイロンブラシをプレゼントしています!(レシートの合算不可、ネットストア対象外)なくなり次第、終了となります。各店店頭にてご確認ください。


シューケアマイスターに関する記事一覧はこちら>>

※工場生産遅延の影響で入荷日の遅れや商品仕様の変更が生じる場合がございます。
※掲載商品は一部店舗では取り扱いがない場合がございます。取り扱い状況については各店舗へお問い合わせください。
※掲載商品は、一部の店舗ではお取り寄せになる場合がございます。
※一部価格・仕様の変更、および数に限りがある場合もございます。
※掲載写真には一部演出用品が含まれます。
※商品価格等の情報は、掲載時点のものです。

この記事の関連タグ