もう黄ばみでガッカリしない!洗濯時にできる「衣替え前」の簡単お手入れ方法

ここは、暮らしをよくするヒント・マーケット

暮らしの中で感じるちょっとしたモヤモヤ。解決したいけれど、何を選べばいいのかわからない。東急ハンズは、そんなときこそ気軽に相談できる、「ヒント・マーケット」でありたい。それは、豊富な商品を用意するだけでなく、毎日の生活をより快適にするヒントやきっかけもお届けしたいから。

今回は、「フィットする暮らし、つくろう」をコンセプトに、私たちと同じく心地よい暮らしを実現するための商品やアイディアを提供するECサイト「北欧、暮らしの道具店」のスタッフさんと一緒に、衣替え前に知っておきたい衣類のお手入れのヒントを見つけていきます。

毎年なんとなくお手入れ......

「北欧、暮らしの道具店」スタッフ・筒井さんの悩み

01.jpg

(左)北欧、暮らしの道具店スタッフ・筒井さん (右)東急ハンズ販売促進グループ・竹内

ご登場いただくのは、「北欧、暮らしの道具店」のコーポレートスタッフ・筒井さん。本格的な衣替えをするこの時期に、ずっと気になっていたという夏物のお手入れの悩みを、東急ハンズ 販売促進グループの竹内が伺います。

筒井さん:「お気に入りの洋服は長く着たいから、衣替えのときこそ、ちゃんとお手入れしなきゃと思うんです。でも、日々の忙しさで優先順位が上がらず、結局手が回らないことが多いので、今日は手軽にできるお手入れ方法をいろいろ教えてください!」

気がついたら、黄ばみが......白シャツの部分汚れを防ぎたい



02.jpg

筒井さん:「実は以前、秋冬に仕舞っていた白シャツを着ようとしたら、襟元が少し黄ばんでいたんです。それが気になってあまり袖を通さなくなってしまって。今年は、同じ失敗を繰り返したくありません」

スタッフ 竹内:「その経験、私もあります。そもそも黄ばみは、洗濯で落としきれなかった皮脂汚れが時間とともに酸化してしまうのが原因なんです。さらに、そのまま天日干しすると、紫外線の影響で黄ばみがより目立ってしまうことも。そんなときは、多用途洗剤の『きれいッ粉』がオススメです。こちらは酸素系漂白剤の成分にプラスして、皮脂や汗などのタンパク質汚れに強い酵素が入っているので、普段の洗剤にプラスするだけで黄ばみが防げますよ」

03.jpg

▲きれいッ粉(1kg) 2,000円+税

筒井さん:「すでに黄ばんでしまったシャツにも使えますか?」

スタッフ 竹内:「もちろん使えますよ。そういった場合は、洗濯機に入れる前に30分間ほど浸け置きするのがオススメです」

04.jpg

スタッフ 竹内:「40〜50度のお湯に入れると、過炭酸ナトリウムが反応して、酸素の泡がぶくぶくと出てきます。この泡が汚れをはがして浮かし、落とすんです」

05.jpg

▲手荒れが気になる方は、手袋をつけてください

スタッフ 竹内:「特に黄ばみが気になる部分は、歯ブラシで優しくこすりましょう。黄ばみは時間が経つほど落ちにくくなってしまうので、衣替え前に一度『きれいッ粉』を使って浸け置きするのがオススメです。色柄物にも使えて便利ですよ。今シーズンに着るのは最後かな、と思い始めたころに、洗剤と一緒に使い始めれば、黄ばみを防いで洗い直しの手間も省けます」

色落ちが心配......麻や綿素材の色合いをキープしたい

06.jpg

筒井さん:「麻や綿などの天然素材の服が好きです。色合いを保つために対策をした方がいいのかなと気になりつつ、普段はネットに入れて、中性洗剤でおしゃれ着洗いコースを使うだけなんです」

スタッフ 竹内:「天然素材ならではの風合いや色合いって素敵ですよね。色落ちは、洗濯物の詰めすぎや衣類同士の摩擦のほか、アルカリ性が強い洗剤の使用、洗剤に入っている界面活性剤や蛍光増白剤などの成分が原因で起こりやすいです」

筒井さん:「洗剤選びも重要なんですね。かといって、いくつも買いそろえるのはちょっと負担になりそう」

07.jpg

▲洗たくマグちゃん 1,800円+税
※人気商品につき、入荷までお時間をいただく場合がございます。ご予約ご希望のお客様は各店舗までお問い合わせください。

スタッフ 竹内:「洗剤の代わりに『洗たくマグちゃん』を使うのはどうでしょうか。これは、中に入っているマグネシウムが水に反応してアルカリイオン水をつくり、衣類についた皮脂や油を分解して、石鹸と同じ成分になることで汚れを落とすんです。洗濯機に直接ポンと入れるだけなので、とても簡単です。約300回、繰り返し使えますよ」

筒井さん:「洗剤じゃないのに汚れが落ちるって、すごい! これならシンプルで楽チンですね。でも、ちゃんと汚れは落ちるんですか?」

08.jpg

▲(左)カラー&ダートコレクター(30枚入り/左は使用後、右は使用前) 1,050円+税 /(右)海へ... (500ml) 2,450円+税

スタッフ 竹内:「はい、市販の洗濯用洗剤と同様の皮脂汚れ分解力がありますが、少量の洗濯用洗剤をプラスすると洗浄力がさらにアップするのでオススメです。マグちゃんを2個使用すれば、洗剤なしでもよいでしょう。
併用する際にオススメの洗剤『海へ...』は、天然成分なので、デリケート衣類との相性もよく、環境にもやさしい商品です。
さらに、『カラー&ダートコレクター』を一枚洗濯機に入れれば、洗濯槽の中で色落ちした染料を吸い取ってくれるので、万が一色落ちしてしまっても、色移りが防げます」

09.jpg

スタッフ 竹内:「あとは、網目の細かいネットに1枚ずつ畳んで入れると、衣類が擦れにくくなるのでぜひ実践してほしいですね」

汗が染み込んでいるかも......麦わら帽子の汚れをさっぱりさせたい

10.jpg

▲ぬいぐるみのクリーニング屋さん(150ml) 980円+税

筒井さん:「通勤時に帽子をかぶっているのですが、実はお手入れは全然していなくて。匂いが気になったら、消臭スプレーをかけるくらいです。どんなお手入れをするのがよいでしょうか?」

スタッフ 竹内:「帽子は、汗や皮脂、ファンデーションなどの付着によって雑菌が繁殖しやすいんです。ただし、天然素材の帽子は型崩れしやすいので、直接洗ったり、濡らしたりはオススメできません。
そういう場合は、汗止めをキレイにするだけでもすっきりします。お手入れには、『ぬいぐるみのクリーニング屋さん』を使うといいですよ。これは、水を特殊処理したイオンパワーによって汚れを落とすスプレーなんです」

筒井さん:「直接スプレーをかけてもいいのでしょうか?」

11.jpg

スタッフ 竹内:「色落ちしない白い柔らかい布にスプレーを吹きかけて、汗止め部分を優しく拭き取るといいですよ」

12.jpg

スタッフ 竹内:「特殊処理した水が主な成分なので、繊維にも、人の体にもやさしいんです。そして、二度拭きも必要ありません」

13.jpg

▲(左)竹無臭 どこでも使えるハンガー式 665円+税/(右)竹無臭 冷蔵庫・冷凍庫用 380円+税

スタッフ 竹内:「収納するときは、『竹無臭』を一緒に入れるのがオススメです。竹の天然成分で、表面に空いた極小の穴から臭いの元を吸収してくれます。冷蔵庫用として販売している置き型のタイプは、コンパクトなので帽子と一緒に使うにもちょうどよいサイズです。さらに、帽子の中に風を通しやすい不織布を詰めて、購入時の箱に入れて保管すれば、型崩れを防ぐことができますよ」

暮らしを快適にするヒントがここにある

14.jpg

抱えていた悩みに対して、具体的な商品やお手入れのポイントを聞いて、筒井さんはどう感じたのでしょうか。

筒井さん:「自分が何をすればいいのか明確にわかったので、ちょっと気持ちが楽になりました。
たくさんの選択肢がある中で、自分の悩みを解決してくれる商品を見つけ出すのって、意外に大変。でも、こうやって相談すればいいんですね」

15.jpg

スタッフ 竹内:「そうおっしゃっていただけるとうれしいです。『まさかこんなニーズに対応しているなんて!』という商品が、今日紹介したもの以外にもたくさんあるんですよ。暮らしのお悩みがあるときは、ぜひ店頭でご相談いただきたいです。」

筒井さん:「今日教えてもらった商品は知らないものばかりでした。東急ハンズに行けば、一店舗ですべてがそろうのもいいですね」

心の中にある「もっとこうなれば便利なのに」という思い。東急ハンズは、そんな「もっと」という思いに対して、何かのヒントがきっと見つかる場所。ぜひ、気軽に店舗をのぞいてみてくださいね。

※掲載商品は一部店舗では取り扱いがない場合がございます。取り扱い状況については各店舗へお問い合わせください。
※掲載商品は、一部の店舗ではお取り寄せになる場合がございます。
※一部価格・仕様の変更、および数に限りがある場合もございます。
※掲載写真には一部演出用品が含まれます。

【写真】佐々木孝憲
【取材・文】鬼頭佳代/ノオト
【編集協力】有限会社ノオト