【動画】お家でハンズヒントクラブ 「じしゃくとねんどでおさんぽマップをつくろう」

親子でできる工作教室「ハンズヒントクラブ」から、お家で楽しめる工作をご紹介します。
今回ご紹介するのは、磁石と粘土を使い、お子さまといっしょにつくって遊べる「おさんぽマップ」です。お子さまの楽しいアイデアと、少しの材料で簡単につくれますので、ご家族でぜひ楽しんでください。

※「ハンズヒントクラブ」とは:全国の東急ハンズ店舗所在地域で、放課後教室、学童クラブにて半年に1回工作教室を開催しています
詳しくはこちら>>

※磁石を使用します。テレビ・スマートフォンなどに近づけないよう、ご注意ください。
※安全のため、小さなお子さまはご家族と一緒におつくりください。
※開封した粘土は、ラップに包んで密封の袋にて保存して、早めにご使用ください。
※乾いた粘土同士をくっつける場合は、木工用ボンドをご使用ください。


【粘土ドール本体用】
・軽量紙粘土(動画では「天使の粘土」を使用)
 ※油粘土・一般的な紙粘土だと重すぎてうまく遊べません
・粒状磁石またはクリップ(ドールの中に埋め込めるサイズのもの)
・水性顔料ペン(動画では「ポスカ」を使用)
・油性ペン
・木工用ボンド(粘土をくっつける場合)

【その他】
・磁石(2cm程度)
・わりばし
・マスキングテープまたはセロハンテープ
・硬質カードケース(A4)
・紙コップ×4個
・A4用紙
・やっとこ(クリップを曲げる場合)

【つくり方】
1. 粘土をひとつかみ取り、しっかりとこねます。

2. 水性顔料ペンのペン先をポンポンと押し当て、粘土に色を付けます。色が均等になるまでよくこねます。
 ペンの色を変えて、色々な色をつくってみましょう。色をつけた粘土同士を混ぜて、新しい色をつくることもできます。

3. 磁石(もしくはクリップ)を入れて形をつくります。
 ※クリップを使用する場合は手に刺さらないようにご注意ください

4. 15分ほどおいて、粘土を乾かします。
 ※完全に乾くまでさわらないようにしましょう

5. 粘土を乾かしている間に「おさんぽマップ」の絵を描きます。

6. 「おさんぽマップ」をカードケースに入れます。

7. カードケースの下に紙コップを貼り、土台をつくります。
 ※プリンの空カップ・牛乳パックをカットしたもの等でも代用可

8. わりばしの先にマスキングテープで磁石を貼ります。

9. 乾いた粘土に油性ペンで顔や模様を描いたら「粘土ドール」の完成です。

10. 「おさんぽマップ」に「粘土ドール」を載せ、下からわりばしのついた磁石で動かしてみましょう!

できあがった作品を「#ハンズヒントクラブ」「#ハンズメイド」でSNSに投稿してね!

※工場生産遅延の影響で入荷日の遅れや商品仕様の変更が生じる場合がございます。
※掲載商品は一部店舗では取り扱いがない場合がございます。取り扱い状況については各店舗へお問い合わせください。
※掲載商品は、一部の店舗ではお取り寄せになる場合がございます。
※一部価格・仕様の変更、および数に限りがある場合もございます。
※掲載写真には一部演出用品が含まれます。
※商品価格等の情報は、掲載時点のものです。

この記事の関連タグ