韓国女子愛用スキンケア CICA(シカ)クリーム

こんにちは
ららぽーと富士見店ビューティーコンシェルジュの鶴田です。

最近日本でもよく見かけるようになってきた「CICA(シカ)コスメ」。

美容大国 韓国で大人気だし、肌によさそうだな~って思うのだけど、そもそも「シカ」ってなんだろう?
鹿?シカなのに、多くの「CICAコスメ」でトラのイラストが描かれているのはなぜ...?
そんな「CICAコスメ」の「?」について調べてみました。

①使われているハーブの学名がCICA(和名 ツボ草)
②スペイン語で「傷」という意味の「cicatriz」が語源
③韓国の薬局で販売されている外用薬「CICA-CARE」というジェルシートの商品名が由来
など諸説あります。
動物の鹿は関係ないみたいですね(笑)

ではなぜトラのイラストが描かれているのか。
それには「ツボ草」というハーブが関係しています。
昔、傷ついた野生のトラがツボ草に体をこすりつけている様子をみて、このハーブを活用しはじめたという言い伝えがあり「タイガーハーブ」ともいわれています。

200111_02.jpg

そんな「ツボ草エキス」がはいったコスメを総称して「CICAコスメ」といっているようです。

色々な種類がある「CICAコスメ」ですが、
今回は私のお気に入りのシカクリームをご紹介したいと思います!

200111_01.jpg

VT COSMETICS シカクリーム 50ml
2,730円税込 JAN:8809559622679

乾燥でカサカサした肌を整え、肌荒れを防ぎたい。
そんな方へおすすめの商品です。

ケアの方法は簡単。
朝晩のスキンケアの最後に適量を取って顔全体に軽く伸ばし、
そのあと手のひらで顔全体を優しく包み込むようになじませるだけ。

みずみずしいジェルタイプのクリームで肌にスーッとなじみしっとり潤います。
吸い込まれるようなこの使用感がとにかく気持ちよくて大好きなんです!

200111_03.jpg

200111_04.jpg

200111_05.jpg

固まった重いクリームより軽い力で伸びるので、敏感な肌にも使いやすいですね。

角質層に水分を届け、肌の表面に保湿膜を形成し乾燥を防ぐ「レイヤリング保湿システム」で、テカリやべたつきなく皮膚の水分と油分を補ってくれます。

発泡スチロールビーズでべたつき比較をしてみました。

200111_06.jpg

200111_07.jpg

なじませて30秒くらい経ってからビーズを上から撒いてみたのですが、VTクリーム方には1粒もつきませんでした。

べたつきが苦手な方には本当におすすめです!

ミントのようなすっきりとした優しいハーブの香りで癒されます。

ぜひこの心地よさを皆さんに体験してみてください。

※一部取り扱いのない店舗もございますので予めご了承ください

ビューティコンシェルジュ

東急ハンズのビューティコーナー(ビューティライン)専属のスタッフのことをビューティコンシェルジュと呼んでいます。 美容やコスメに関する知識を深めているエキスパートですので、ご来店する際に、美容の悩みやケア方法、自分に似合うコスメの色などお気軽にご相談ください。

この記事の関連タグ