愛着品へのこだわり

新宿店 おとこっぷり商店 店主西です。

自分が長年愛用していたモノが廃番になったり終売になったりしたら悲しいですよね。
私にとってはアメリカ・ディキンスン社のウィッチヘーゼルがそうでした。

学生時代からお世話になっていたウィッチヘーゼルが、輸入代理店の契約終了により小売店の店頭から消えてから2年以上が経ちます。
ウィッチヘーゼルは、洗顔後の化粧水として、アフターシェーブローションとして、ヘアトニックとして、日焼け後にと、オールラウンドに使うことができました。

ウイッチヘーゼルは、アメリカマンサクといわれる北米産の木の皮を、アメリカの先住民に伝わっていたレシピを元に蒸留して作られます。
とにかく全身バシャバシャかけまくり気分爽快、身体スッキリでありました。
 
あのアメリカっぽいパッケージも朝の気分を盛り上げてくれました。(後半パッケージは青色に変わりましたが)
昔、確か片岡義男のエッセイにも登場してましたね。

さて、ウイッチヘーゼルが並行輸入以外に手に入らなくなり、代わりの化粧水をいろいろ試しましたが、やはりウィッチヘーゼルに勝る魔法の水はありません。
またいつか正規代理店が決まり、東急ハンズの棚に戻ってきてくれることを願います。

image1-1.png

新宿店3F おとこっぷり商店

男はね、保湿だよ。特にアウトドアでスポーツをしている人には保湿を勧めたい。本当は、若い頃の自分に言ってやりたかったんだよね。

この記事の関連タグ