【新宿店】一杯の珈琲商店\コーヒーに気持ちを入れよう!/

先日、コーヒーの淹れ方のコツについてご質問をいただきました。
回答の1つとして「美味しくなぁれと、気持ちを込めて淹れること」とお伝えしたところ、「えーホントですか!? 怪しくないですか!?」と半信半疑の様子。確かに科学的な根拠は無いのですが、多くのプロからアドバイスいただいたとっても大切なノウハウです。


プロはコーヒーに気持ちを込める

美味しいコーヒーを淹れる為の方法というのは、いくつかポイントが挙げられます。
『新鮮で品質の良い豆を使う』『淹れる前に挽く』『正確に測る』『手順に沿って淹れる』などです。一方「気持ちを込める」というのは、そのようなレシピ的な要素ではなく、淹れる時の心がけというかある種の哲学の様なものを表していると思います。
店主として今まで多くのプロの方とお話する機会に恵まれましたが、皆さん口をそろえて「淹れる時の心境がとても大切だ」とおっしゃられます。実際にコーヒーを淹れていらっしゃるシーンに立ち会うと、淹れる方が真剣に取り組む「気」がその場に満ち溢れて雰囲気が変わる体験を何度も味わいました。そしてそのコーヒーは、淹れられた方の想いを感じる逸品になっていました。

HCD-2T (1).jpg

そもそもコーヒーを飲む理由って何だろう?

コーヒーを飲む目的を考えると、"ただ美味しい" "目が覚める" といった要素の他に、「一日のスタートという気持ちになれる」とか「ホッと一息、くつろぎの気持ちを持ちたいので」といった気持ちの面は大きいのではないでしょうか。どのような心境で淹れたかというのも大事ですし、どのような心境で飲むか、というのも大事そうですね。
心を込めて淹れることと、その時の気分や気持ちを味わいながら飲むこと、この2つが掛け合わさった一杯は想像するだけで格別なものだとイメージできますね。

VDMU-02-TB (3).jpg

記憶に残る一杯を

お家で淹れるコーヒーも淹れている最中に「美味しくなぁれ!」と願いながら淹れることで、プロがそうしているように気持ちを込めた一杯になると私は思います。
実はプロに「人生最高の一杯」をたずねると、「プロではない方(家族など)が心を込めて淹れてくれた一杯」を挙げるケースが多いのです。記憶に残る一杯とは淹れた人の気持ちとそれを受け取る人の気持ちが調和した一杯なのかもしれませんね。
1つポイントを述べると、「時間的なゆとりを持つ」ことが気持ちを込める上で大事なようです。豆の質や淹れ方については過去のブログに記載しましたのであわせてご覧ください。あと、当店でも淹れる方の気持ちを込められるコーヒー豆と道具もたくさんご用意していますので、そちらもよろしくお願いいたします。

mukai.jpg

今回の内容は、コーヒーのハウツーでは今まであまり言及されてきませんでしたが、コーヒーの本質を考えると一番大切な事項だと私は思います。ご参考になれば幸いです。

それでは、気持ちに美味しいコーヒーをお楽しみください。
4F『一杯の珈琲商店』店主


店主の過去のブログはこちらから
https://hands.net/hintmagazine/shinjuku-4f-coffee/


ご自宅からスマホやPCでお店のスタッフにオンライン相談できる、オンライン相談を行っております。日々の困りごとや商品のご相談など、お気軽にご相談ください。
onlinesoudan.jpg

新宿店4F 一杯の珈琲商店

珈琲を実際に挽くこともできるのでぜひお越しください。本当は鉄道が好きなのですが、そこにはあまり触れないでください。

この記事の関連タグ