【新宿店】6F世界にひとつだけの商店 \シーグラスで金継ぎ風ピアスをつくっテミル/

みなさんこんにちは!
新宿店6階「世界にひとつだけの商店」店主の熊谷です。

今クラフト部門で世界的に再注目されている『金継ぎ
従来の器の修理だけではなく、アクセサリーパーツをつくって楽しむ方も多く、密かなブームになっています。
今回はシーグラスの金継ぎに挑戦してみました。

と、いいつつも、本物の漆や純金粉をつかうのではなく、かぶれの心配のない合成うるしやエポキシ系接着剤をつかった『金継ぎ風』のお手軽アクセサリーづくりのご紹介です。

【おもな材料と道具】 
①.JPG
新うるし 本透明  352円(税込)
金粉小目(真鍮粉) 605円(税込)
うすめ液      440円(税込)
面相筆       495円(税込)
エポキシ系接着剤  333円(税込)
絵皿        220円(税込)
シーグラス     550円(税込)

【つくり方】
①好きな色のシーグラスを2色ペアになるように組合せ、エポキシ系接着剤で接着します。
②.jpg
②新うるしと金粉を1:1でよく混ぜ、薄め液を1、2滴入れ、さらに混ぜたものを継ぎ目が隠れるように塗ります。
③.jpg
④.jpg
⑤.jpg
③1~2日乾燥させます。
⑥.jpg
④できたパーツにピアス金具を接着してアクセサリーの完成です。
⑦.jpg
ご存知の方も多いと思いますが、本来の金継ぎとは天然の漆と純金粉などをつかって割れたり欠けたりしてしまった陶磁器を修復する技法です。
乾燥に時間がかかりますので、単なる修理の技法というより、つくろいものを楽しむという余裕がないとなかなか挑戦しづらいところがあるのではないでしょうか。
おうち時間が増えた今、挑戦してみたいと思う方には、必要な材料、道具がワンセットになったキットもありますよ!
⑧.jpg
⑨.JPG
金継ぎ初心者セット 8,360円(税込)

今回つくってみて簡単だな~と思った方は次はこちらにもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

6F「世界にひとつだけの商店」熊谷

⑩.jpg

店主の過去のブログはこちらから
https://hands.net/hintmagazine/shinjuku-6f-one/

新宿店6F 世界にひとつだけの商店

私の店は「クラフト」がテーマですが、「私でもつくれるんだ」と感じていただければ嬉しいです。例えば、銀の線を巻くだけでアクセサリーをつくれたり、クラフトの材料になるとは思えなかった素材をアレンジしてかわいい小物をつくれる、ということを体験していただいたり、つくり方の提案をさせていただければ、と思います。ぜひ「これからものづくりをしてみたい」という女性に足を運んでいただきたいです。

この記事の関連タグ