いろんなレザーに刻印しテミル

皆さまこんにちは!新宿店 世界にひとつだけの商店 店主・姉 熊谷です。

レザークラフトコーナーで時おりお問い合わせ頂くのが、お手持ちの革製品に『名前を入れたい』というもの。
メーカーで刻印サービスをしていないものになんとか・・・
で、我が商店の刻印で上手くできないかな?と、いろいろな革に試し打ちしてみました。

1.今回試し打ちした革
右上から時計回りに
①ヌメ革(牛)②オイル革(牛)③ドラムダイ(牛)④プリント革(牛)

3.png

2.刻印に使った道具類

1.png

2.png

3.革を柔らかくして刻印が入りやすいようにするために、必ず水で軽く湿らせます。

4.png

4.それぞれ5回木槌で叩きました。とりあえずどれも刻印はできました。

5.png

5.結果
①ヌメ革:クッキリ入りますね→◎時間が経っても変わらず
②オイル革:水はやや弾きますが→○これも良く入ります。擦りすぎると色落ちします
③ドラムダイ:水を弾く→×入っていた刻印が・・・時間が経つと薄くなりました
④プリント革:水を弾く→×刻印はこすったらほぼ消えてしまいました

6.png

さて実際の製品に打つ目安としては、
①水が染み込むか
②染みにならないか
③打つ場所の下に硬い台が入れられるか
・・・といったところでしょうか。製品だと試し打ちが出来ないのがツライですが、この目安をクリア出来たら入れられる可能性有り。
(でも打ち損じると消せませんから覚悟して挑むべし!)
クリア出来ないときは別革に刻印して貼り付けましょう f(^_^;

新宿店6F 世界にひとつだけの商店

私達の店は「クラフト」がテーマですが、「私でもつくれるんだ」と感じていただければ嬉しいです。例えば、銀の線を巻くだけでアクセサリーをつくれたり、クラフトの材料になるとは思えなかった素材をアレンジしてかわいい小物をつくれる、ということを体験していただいたり、つくり方の提案をさせていただければ、と思います。ぜひ「これからものづくりをしてみたい」という女性に足を運んでいただきたいです。

この記事の関連タグ