【博多店】1F九州みやげもん商店『はかた・び』/博多織の工場見学~第1部~

こんにちは!!

九州みやげもん商店『はかた・び』店主の黒岩です。
駅前はイルミネーションがキラキラ✨クリスマスですね~。
毎年、博多駅前は青と白のイルミネーションで、とてもきれいです♪天神は、金色のイルミネーションで、違った雰囲気になります。
博多イルミ.jpg※現在の博多駅前広場の写真です。雨だと、地面にイルミネーションが反射し、とても幻想的です。


今回は、国指定の伝統工芸品でもある\\博多織//について、ご紹介いたします。
私は、2020年9月に❝ 森博多織 ❞という博多織の織物様の工場を見学させていただきました!

とても仲良くさせて頂いているお取引先様です。
いつも元気で大きな声の森さん。いろんな情報交換をします。世間話も交えつつ♪

まずこの世の中になり、お客様も減ってしまい、森さんも大変そうでした。
今お店に来ていただいているのは、地元の方々がほとんどです。
博多織というのがあるのは、地元の方はご存じでしょう。ですが、どのようにして作られているかまではご存じないのではないでしょうか。
それを、皆様に知ってほしい!という想いもあり、工場見学をハンズ博多のお店で体験してもらうのも楽しいのではないかと、
まずは自分たち自身で、工場見学にいくことにしました。
森さんは快く受けて下さりました。

森博多織は福岡県糟屋郡宇美町にあります。
博多駅からバスで向かいます。今まで行ったことのない道のりにワクワクです。
近くの駅まで、森博多織の担当さんが車で迎えに来てくださいました。

森博多織工場.JPG
外観はとても新しく見えました。
中に入ってみると、とても年代を感じます。

糸括り.jpgこれは糸繰りの機械です。
博多織は、図案 → 意匠・デザイン → 精練 → 染色 → 糸繰り → 整経 → 経継ぎ → 緯合わせ → 管巻き → 製織 → 検品(完成)とたくさんの工程があります。

整経.jpg博多織機④.JPG博多織機②.jpg

たくさんの職人の方々が働かれていました。
どの機械も年季が入っています。使われなくなった織り機の部品を取っておいたり、どうしてもない場合はどうにか作ってもらって修理をするそうです。

人も博多織の需要も少しずつ減ってしまい、工場の奥の方には使われなくなった織り機が何台か置いてありました。その光景を見ていると、なんだか寂しい気持ちになりました。

博多織だけではということで、森博多織ではそのノウハウを活かし、タオルも織っています。
いろんな挑戦をし続ける森さんの行動力。すごいです!見習いたいです!!
まだまだ森さんには野望があるようです!笑

タオル織り機.jpg
工場見学の最後には、手織り機の体験をさせていただきました。

手織り機①.jpg

これが難しい!
手と足を使って織ります。
力の入れ加減で、フチの部分がガタガタになったり、どんどん斜めになっていったり。
私は案外うまく織れていたと思います。
上司は常時ガタガタでした。笑

工場見学が終わった後、どうしても行きたいところがあった私。
一か八かでお願いをしてみました。。
「宇美八幡宮に行ってみたいです!」
森さんは即答で、「いいですよ。」と快諾して下さり、宇美八幡宮を案内して下さいました。

宇美八幡宮①.jpg宇美八幡宮木.JPG宇美八幡宮御手水.PNG初めての宇美八幡宮は、すごく癒されました。
木がすごい!もう何百年もこの地にあるんだろうなと、とても歴史を感じます。
そして、葉っぱのいろんな緑がすごくきれいでした。
お参りとご朱印をもらい、帰宅の途へつきます。
森さんは優しく、博多駅付近で予定があるとういことで、博多駅まで送って下さりました。

とてもいい経験をさせていただきました。
この経験と森さんがお話ししてくれたことを伝えられるような企画を考え、成功させなければ!と思いました。

第1部はこれまでです。
次の第2部では、東急ハンズ博多店で企画した\ハンズでプチ工場見学/について、お届けしたいと思います。
お楽しみに~♪

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。


〖博多織は、先染めの糸を使い、細い経糸(たていと)を多く用い、太い緯糸(よこいと)を筬で強く打ち込み、主に経糸を浮かせて柄を出すのが特徴。生地に厚みや張りがあり、締めたら緩まないということで、古くは重い刀を腰に差す武士の帯として重用され、今でもその特性が活かされています。〗


森博多織ホームぺージ
http://hakataori.co.jp/

※現在は、工場見学も再開しております。詳しくは、ホームページをご覧ください。

東急ハンズ博多店Twitter
https://twitter.com/Hakata_Hands

九州みやげもん商店『はかた・び』店主ブログ
https://hands.net/hintmagazine/hakata-1f-staff/

博多店1F 九州みやげもん商店

地元福岡や九州の面白いモノやコトを、何世代も続く「伝統的なもん」から次世代の活躍が目覚ましい「いまどきのもん」まで、その魅力を余すことなく発信します。

この記事の関連タグ