【新宿店】4F一杯の珈琲商店 \なぜコーヒーを淹れるのかな?/

こんにちは!
新宿店4F『一杯の珈琲商店』店主の向井です。

店主になって3年が経過しました。
みなさまの温かいご支援の賜物だと感謝しています。
IMG_1907-1.JPG

店主になるさらに2年前から新規事業の部署でコーヒーの企画を担当していました。
コーヒーというテーマとどのように向き合えばいいか、私自身悩んだ時期もありました。

そんな過去の自分に向けて学んだことを今回書きたいと思います。
同じ道で悩んでいる方のお役に立てれば幸いです。

コーヒー器具を専門に扱う売場で担当をしていると、「おいしいコーヒーを淹れること自体が目的」と思いがち、と最近気付きました。
実際にコーヒーの味そのものに魅せられて、究極の一杯を探求されているお客様も大勢いらっしゃいます。
そのようなお客様は非常に楽しそうで、コーヒー愛に溢れていらっしゃることが傍目からも良く分かります。

「コーヒーそのものが目的のお客様以外の方は、何をコーヒーに求めているのかな?」
そんな疑問を持って、お客様のご案内に努めていたところあることに気づきました。

「コーヒーを淹れることは、『きっかけ』をつくることなんだ!」

朝の目覚めの一杯は良い一日をスタートする「きっかけ」
昼、客人をもてなすために淹れる一杯は、楽しいひとときをはじめる「きっかけ」
夜に飲む一杯は、自分の寛ぎの時間に浸るための「きっかけ」

その「きっかけ」として、「おいしいコーヒー」って、とても良い「手段」なのだと思えてきました。「手段」を通じて得られるものはお一人お一人、異なるのだと。

お客様がコーヒーに何を期待して淹れようとされているのか、お話を伺いつつ、創造力を働かせつつ、私自身も「きっかけ」になれるよう、ご案内に努めていこうと思います。

コーヒー関連のお仕事で方向性を模索中の方、「どんな『きっかけ』を、コーヒーを通じ自分らしくお客様に提供するか?」ご検討されると良いと思います。

本日もご覧いただきありがとうございました。
写真2-1.JPG

4F『一杯の珈琲商店』店主

店主の過去のブログはこちらから
https://hands.net/hintmagazine/shinjuku-4f-coffee/

新宿店4F 一杯の珈琲商店

珈琲を実際に挽くこともできるのでぜひお越しください。本当は鉄道が好きなのですが、そこにはあまり触れないでください。

この記事の関連タグ