ご質問が多い『金属式のコーヒードリッパー』のお話

こんにちは。新宿店4F「一杯の珈琲商店」店主の向井です。

コーヒー器具売場で良く頂くご質問の一つが、
「『金属式のコーヒードリッパー』って、紙が要らないんですか?」という内容です。
表面がステンレスや金メッキのメッシュ式金属フィルターはご質問の通り、ペーパーが不要なドリッパーです。
ドリッパーにペーパー製のフィルターを敷かずに、そのまま粉を入れてコーヒーを淹れることが出来ます。
確かに、おトク!に思えますが、実は味の出方が違うので、それを踏まえてお選び頂きたいのです。

IMG-0682.png

金属とペーパーの違いを一言で表すと、「ろ過するか、どうか」です。

ペーパーは、コーヒーの液体が通過する過程で、ろ過をしてくれています。
このろ過の過程で、コーヒーの雑味やえぐみを除いてスッキリした味に仕上げてくれます。コーヒーの細かい粉もほとんど通しません。
反面、このろ過の過程で、後述する「コーヒーオイル」という成分もろ過します。

一方、金属ドリッパーはろ過の機能がないため、コーヒーの粉から出たエキスをそのままコーヒーの液体として落とします。
ろ過をしないという事は、良い部分だけではなく美味しくない成分があっても、そのまま素直にコーヒーの中に入ってしまう、ということです。
また、コーヒー粉には金属のメッシュを通過する細かい粉が含まれるため、最後の一口は残した方が良い、と言われています。(飲んでも平気ですが粉っぽいです)
しかしながら、金属のフィルターにはペーパーがろ過をしてしまう美味しさ成分「コーヒーオイル」をそのまま落としてくれます。
実はこのオイルが、エッセンシャルオイルといって、豊かな香りや舌触りをまろやかにする成分なのです。
良質かつ新鮮な豆であれば、ろ過をせずとも雑味やえぐみが少なく、かつ香りやまろやかな舌触りのコーヒーになります。
つまり、金属ドリッパーは、「良質で新鮮な豆であれば」美味しいコーヒーが淹れられる道具です。

IMG-0422.png

なお、良質な豆の見分け方は、前回をご参照ください。
この選び方で選んだ豆ならば、金属ドリッパーと豆の良さ両方活きると思います。

もちろんペーパーフィルターのすっきりした味わいが好き、という方もいらっしゃいます。
金属とペーパーの2種類を豆で使い分ける、というのも一つの手だと思います。ぜひ双方の良さを踏まえて、飲み比べてみて下さい。
次回もどうぞよろしくお願いします。

新宿店4F 一杯の珈琲商店

珈琲を実際に挽くこともできるのでぜひお越しください。本当は鉄道が好きなのですが、そこにはあまり触れないでください。

この記事の関連タグ