【新宿店】6F部屋いじり商店 \お家時間に壁穴補修!/ 

みなさん、こんにちは。
新宿店6階 「部屋いじり商店」店主の藤田浩です。
いつもご覧いただきありがとうございます。

写真 2020-10-12 10 38 55.jpg

実は先日、自宅の模様替えをしていたところ、やってしまいました。
スチールラックをバラシて移動中、勢い余って壁に大穴!!
壁紙を引っ掻いた程度ならまだよかったのですが、完全に「穴」開けちゃいました。

画像_②.jpg

このままでもいいのですが、やっぱり気になるので
いろんな補修剤を使って修復していきたいと思います。

①まずは穴をパテで埋めるため、穴の周りの壁紙を剥がします。
定規を当ててカッターで切った後、剥がすのですが、壁紙に厚さがあるため
カッターの刃は少しだけ深めに入れましょう。

画像③.jpg

②壁紙をきれいに剥がしたら「パテづけ用ネットテープ」を貼ります。
このとき、ネットテープはまんべんなく押さえてください。

画像⑤.jpg

画像④.jpg

③次にパテで穴を埋めていきます。
今回は「アサヒペン 速乾外部用スーパーパテW001」を使いました。
このパテは家の内部でも外部でも使える上、削ったりする加工が楽なパテです。

ダンボールの切れ端などに適量のパテを出し、ヘラで塗っていきます。
このとき、ネットテープに絡めるように塗りましょう。
少々厚くなっても、乾燥後に削るので大丈夫です。

まとめ.jpg

④1日(24時間)以上乾かした後に、紙ヤスリで削っていきます。
紙ヤスリは細かすぎると作業の進みが遅くなり、
粗すぎるとネットテープについたパテを剥がしてしまうので、
#320から#400番位を使いましょう。

押さえる力を加減しながら、ネットテープが見えるか見えない程度に削ってください。


まとめ②.jpg

⑤最後に壁紙を貼っていきます。同じ柄、もしくはなるべく近い柄を選びます。
補修用の裏が粘着で剥離紙がついたタイプだと、寸法合わせが楽にできます。

貼る面より、縦横2〜3㎜程度大きく切り合わせながら大きさを調整します。
大きさが決まったら、丁寧に貼り付けてよく押さえて完成です。
気になる壁の穴も意外と簡単に修復できました。

まとめ③.jpg

[今回使用した補修材]
・アサヒペン パテづけ用ネットテープ 50㎜×10m巻 561円(税込)
・アサヒペン 速乾内外部用スーパーパテW001 200ml入り 748円(税込)
・好川産業 プラスチックベラ  330円(税込)
・紙ヤスリ #320 #400  52円(税込)
・菊池 補修用壁紙UN-02 30cm×30cm 1枚入り 371円(税込)

補修材.jpg


「部屋いじり商店」ではこれからもDIY系のものづくりから補修など、さまざまなご案内、ご提案をしていきます。

店頭でもご質問等お待ちしておりますので、お気軽にお声がけください。

6階 部屋いじり商店 店主 藤田浩

まとめ④.jpg

過去の店主ブログはこちらから

https://hands.net/hintmagazine/shinjuku-6f-room/

新宿店6F 部屋いじり商店

ものづくりの仕事を長くしてきました。航空機の部品製造や自動車メーカーの研究開発、自動車レース用車両製作といった、数多くのものづくり経験を活かし、トレンドを盛り込んだ、話しかけやすくて楽しいDIY広場をつくりたいと思います。また、「これならできる、やってみたい」と思ってもらえる発信をおこなっていきます。

この記事の関連タグ