【新宿店】8F万年筆のエフピー堂  \パイロット万年筆フェア/

みなさん、こんにちは~
新宿店8F『万年筆のエフピー堂』店主の池内です。
今回は現在開催している「パイロットの万年筆フェア」をご紹介したいと思います。
写真1.jpg
今回のコンセプトは、初心者の方向けの安価なペンから、万年筆本格派の方向け、そして機能的な万年筆が好きなこだわり派な方向けにお楽しみいただけるように取り揃えてます。
万年筆を使ってみたいなぁと思っている方は、この機会にぜひ興味をもっていただけたら幸いです。

まずは...
写真2.jpg
コクーン 3,300円(税込)

写真3.jpg
カヴァリエマーブル 5,500円(税込)

写真4.jpg
カスタムNS 11,000円(税込)

どれも手軽に使えるカジュアルな万年筆ですが、書き味はしっかり本格的なとてもいい万年筆です。
勉強に、手帳に、日記に、お手紙にぜひどうぞ!

続いて、
写真5.jpg
カスタム74  13,200円(税込)
カスタム742  22,000円(税込)
カスタム743  33,000円(税込)

写真6.jpg
カスタムヘリテイジ 13,200円(税込)より

写真7.jpg
カスタムヘリテイジSE 33,000円(税込)

カスタムシリーズはパイロットの主流の万年筆です。
14金ペン先でどれも滑らかな書き心地で字がとても気持ちよく書けます。
これぞTHE万年筆!
742、743は軸が太くてバランスが良く、文字をたくさん書いても疲れにくく、論文や、小説書くのにもおススメです。
あ、司法試験に使う万年筆にも良いですよ。

そしてそして、万年筆好きな本格派な方には、
写真8.jpg
カスタム845 55,000円(税込)

写真9.jpg
カスタムURUSHI 96,800円(税込)

とんでもない金額でちょっとビビりますが、エボナイト軸に漆塗りで、とんでもない持ち心地と優越感、そして存在感の大きい18金ペン先。
書き心地が凄く滑らかなんです。
カスタム74と比べてみた。
写真10.jpg
ん~、これで手紙を書いてみたい!
ほとんど筆圧がいらないペンです。
ちなみにエボナイトは、今では希少な材質で、生ゴムからつくる丈夫な樹脂のことなんです。
ざっくり解説ですが(笑)

こだわり派の方向けには
写真11.jpg
世界に誇れるノック式万年筆 キャップレスLS
38,500円(税込)

写真12.jpg
ショートサイズの金ペン万年筆のエリート 
11,000円(税込)

写真13.jpg
ペン先の弾力をダイヤルで変えられるジャスタス
33,000円(税込)

写真14.jpg
ペン先がしなるソフトペン先のエラボー
19,800円(税込)より

キャップレスLSは今までのキャップレスの進化型でノックのカチカチ音がありません。会議などにも気にならないですね。
エリートは昭和40年代にヒットした万年筆の復刻版です。
今見てもオシャレなペンですよね。
ジャスタスは、気分や紙に合わせてペン先を柔らかくしたり、硬くしたりできる面白い万年筆です。
エラボーはソフトタッチな書き味で「とめ」「はね」「はらい」がきれいに表現できる万年筆です。この柔らかさをつくるのにかなり手間かかってます。すごいです。

そんなこんなでざっくり紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
パイロットフェアは6月上旬までやってます。
お試しもできますので、お声をかけてくださいね。

それではみなさまのご来店をお待ちしてますよ~

8F『万年筆のエフピー堂』店主

店主の過去のブログはこちらから
https://hands.net/hintmagazine/shinjuku-8f-pen/

新宿店8F 万年筆のエフピー堂

万年筆って敷居が高いって思われがちですが、持った時の優越感に浸れるし、人生が豊かになれる気がします。万年筆にはそれぞれメーカーのこだわりやストーリーがあるもの。そんなエピソードを交えながら、あなたに合った万年筆を一緒にお探しいたします。

この記事の関連タグ