【博多店】カキモノガタリ商店\これからの季節に。目指せ、筆ペンで美文字!/

みなさま、こんにちは!
博多店5階、カキモノガタリ商店・店主の鮫島です!

店頭にも年賀用品が出てき始めた今日この頃。
店主は年末に向けて、絶賛「筆ペン字」を勉強中です!
勉強中.jpg

(だって「筆ペン字」が上手に書けたら、店主っぽくてカッコイイ気がしませんか...?)

しかし一言に「筆ペン」といっても、タイプは様々。
種類.jpg

自分に合った筆ペンはなんだろう...そうお悩みの方のお力になれますように!
今回は、そんな個性豊かな筆ペンとその活用方法をご紹介いたします。



初めに、硬筆タイプ。ペン先が短く、しなりが少ない分小さい文字も書きやすいのが特徴です。
店主的オススメは、「ぺんてる 筆touchサインペン」。カラーも豊富なので、オシャレにモダンカリグラフィーにも。
筆タッチ.jpg

次に、軟筆タイプ。ペン先がスポンジのような柔らかい素材でできています。
店主的オススメは「くれ竹 油性筆ペンツイン」。筆ペンには珍しい油性インクなので、紙はもちろん写真やプラスチックにもくっきり書けちゃうんです。
油性筆ペン.jpg

ただ写真用紙以外の紙に書くときは、裏移りなどする場合があるのでご注意くださいませ!

最後に、毛筆タイプ。トメ・ハネ・ハライなど、筆らしい趣のある表現ができます。
毛筆に慣れていない方への店主的オススメは、「ぺんてる筆〈つみ穂〉」。同シリーズの通常の筆ペンに比べて、穂先の毛を詰んで先端部のコシを高めているのでより扱いやすくなっています。
毛筆写経.jpg



自分にあった筆ペンを見つけたら、後はひたすら書き続けるのみ!

しっかりした美文字はもちろんですが、宇田川和美先生の「ゆる文字」という書体も絶賛練習中!イメージががらっと変わって、とても可愛いのです。
ゆる文字.jpg

ここだけでは紹介しきれませんが、筆ペンは他にも沢山種類があります。
店頭ではサンプルも用意してるので、ぜひ気軽に色々試してみてくださいね!

ご来店を心よりお待ちしております!

*カキモノガタリ商店では、日々文房具の情報を発信中です*
過去のブログ記事はこちら
カキモノガタリ商店・Twitterは@Hakata_Hands

博多店5F カキモノガタリ商店

書くものには徹底的にこだわり、語れます、語ります。すべてのモノにはストーリーがある。そんなつくり手の想いを店主が代わりに「語ります」。

この記事の関連タグ