株式会社 フォレストフィーリング

株式会社 フォレストフィーリング
日本の森林資源を活かし、新たに経済的・社会的・文化的な価値を創造する事で利益を生み出し、森林に還元する事によって、森林と人間が永続的に共生できる環境と社会をを目指します。

KIZARA、経木のメモ帳

016

{木工品}

木ってやっぱりすごい!
職人の木加工技術を日用品に活かす

KIZARA、経木のメモ帳
Feature.01
ユニークで楽しい「KIZARA」プロジェクト

ユニークで楽しい「KIZARA」プロジェクト

長いこと外国産木材やプラスチック等の素材に押され、かってあった日本の文化は忘れられかけています。こんな時代だからこそ、国土の70%に生い茂る、自然豊かな日本の木材を活用して、経済や文化の復興を目指してみたい。フォレストフィーリングは考えました。
紙皿も木皿にすれば盛っている物のありがたみも増すというものです。かつてあった食品を包む経木を見直し、手帳にしてみる。いずれも無理やり使うのではなく費用も高くなく、それでいて使いやすく面白く楽しい商品。「KIZARAプロジェクト」の製品はそんな遊び心が満載です。

Feature.02
いつもの紙皿を「木のお皿」に変えてみませんか?

いつもの紙皿を「木のお皿」に変えてみませんか?

木製のお皿、「KIZARA」は使い捨ての製品です。
原料は杉の間伐材でできています。薄くはいで2枚合わせにした「KIZARA」は一時の剛性を保ちながら、木のぬくもりがあり、使う際に豊かな気分を味わうことができます。
ピクニックやバーベキューなどで、いつも使っていた紙のお皿の代わりにKIZARAを使えば、雰囲気アップ間違いなしです!

また、塗装もされてないので、そのまま廃棄しても環境に害を与えません。
そして、元々棄てられる材料(間伐材)なので、使うほどに利益が出て森林の保守費用に還元されていくという「エコ」にもつながる。
それが「KIZARA」なのです。

Feature.03
古くて新しい「経木のメモ帳」

古くて新しい「経木のメモ帳」

昔はおにぎりやお魚、お肉を包むのに使われていた「経木」。時代が変わってプラスチック素材にその役割を明け渡しましたが、どっこい生きていたんですね。
国産アカマツ材を薄く挽いて作られる「経木」は紙ではない新しい感覚のメモ帳です。年輪が見え、書いたときの感覚がまた何ともいえません。お子様に「紙って木から出来ているんだよ!」ということを教えるのに使うのも、いいかもしれませんね。

また、このメモは「裂く」時にも、木独特の感覚を味わうことができるのも魅力です。実際に裂いてみるとその気持ち良い感覚がお分かり頂けると思いますが、なんだかちょっとした気分転換・癒やしにも感じます。

そして裂いた経木メモも、接着剤とカッター、ハサミ、それにボール紙などがあれば、、、何か作れそうな気がしてきませんか?

PRODUCT
商品一覧