株式会社 パーリィー

株式会社 パーリィー
パーリィーの製品はお使いいただく方に喜んでもらえるよう、一つ一つ丹精込めて作られています。
地球の恵みに感謝し素材選びから始まり、製作工程一つ一つにも限られた資源を大切にするものつくりを行っております。

テイストを大事にした皮革製品

127

{バッグ}

素材の良さを最大限に生かした革製バッグ

テイストを大事にした皮革製品
Feature.01
環境と人にやさしく、味わいのある製品作り

環境と人にやさしく、味わいのある製品作り

パーリィーの革製品は厳選された革素材を贅沢に使用し、革という自然素材の良さを楽しんでもらいたい思いで、一つ一つ丹精込めて作られています。
革製品の良し悪しは、「なめし」「裁断」「縫製」と何より「素材」の質でしょう。皮、革と記しましたが、原皮が「皮」、加工した素材が「革」です。
牛は2年程度で食用に召されます。良い状態で育成する為、子牛の時に矯正し性格を穏やかにします。2年育てた時期の皮をステアハイドと呼びます。柔らかく丈夫で革製品の素材としても広く活用されます。
パーリィーはステアハイドを使用し、出来上がった製品の良さを際立たせるためにさまざまなナメシ方法からベストな方法を厳選して製品作りを行っています。使う方が思わずニヤッとしちゃうようなそんな製品であればと思っております。

Feature.02
柔らかい表情のシュリンクシリーズ

柔らかい表情のシュリンクシリーズ

シュリンクシリーズは、パーリィーと栃木レザーのコラボ製品です。
ステアハイドを使用し、ベジタブルタンニンなめしでは国内有数のタンナー(皮を革にする業者さん)が産する革素材を贅沢に使用して作られています。独特の色の深みとシボ(シワのこと)を持つ革はカジュアルさと高級感を併せ持っています。
ベジタブルタンニング作業は大変手間のかかる作業です。各工程は凡そ20に別れ、各工程の中で洗浄、漬け置きや乾燥などの作業があります。
化学薬品や機械的に強制して時間の短縮を図れる作業方法もありますが、これら全てを、よい製品を仕上げる為に「しなければいけない」「やらなければならない」事と惜しまずに行っています。結果出来上がりの良さだけに留まらず、長く使う中で使い手のオンリーワンになるエイジングが起こり、味のあるイッピンになっていきます。

Feature.03
ヴィンテージ感漂うパンヘッドシリーズ

ヴィンテージ感漂うパンヘッドシリーズ

パンヘッドは国内の革の本場、姫路でなめしたステアハイドを贅沢に使っております。革はもちろんベジタブルタンニンなめしで加工された革です。
このタンニンなめしはドラムと呼ばれる設備を使い、ドラムを回転させながらゆっくりなめします。これにより柔らかく仕上がります。見た目の感じと実際に手に触れた時の柔らかさ、肌触りの良さにびっくりされるかもしれません。
後染めする事で表面に風合いがでて、ふたつとない独特の表情を見せます。適度なエイジングを重ねたような奥深なヴィンテージ感が独自の世界観を作り上げています。

PRODUCT
商品一覧