株式会社 学研ステイフル

株式会社 学研ステイフル
学研のトイホビー事業を1994年から担っております。
社名の『ステイフル』は、StationとFullを足してつくった造語で、大勢のお客様が立寄り留まる場所という意味をこめています。

電子ブロック

129

{クラフト}

子供の頃のあこがれがエンジニアへの道を開いた

電子ブロック
Feature.01
明るい未来とともに誕生した電子ブロック

明るい未来とともに誕生した電子ブロック

1960年代から1970年代にかけての日本は、繁栄を謳歌した夢と希望に溢れていた時代でした。
国産乗用車が国外レースで活躍を始め、テレビに色がついて、地球のまわりを人工衛星が飛び、その内に犬や猿が宇宙へ飛び立ち、とうとう人間が地球を周って帰ってくるわ、月にまで入って、その風景を地球から世界中の人が観ちゃうなんて事が可能になった輝ける時代です。
国内は高度経済成長時代の真っ只中、お給料が上がって、年末調整でお金が戻ってきて、ボーナスも毎年増えていって、可処分所得が増えたおかげでライフスタイルも様変わりし、外で走り回るしか遊ぶ方法がなかった子供たちにも高度なオモチャを手にする事ができるようになりました。
電子ブロックはそんな時代に誕生しました。

Feature.02
すんごい欲しかったあの頃

すんごい欲しかったあの頃

百貨店全盛だった時代、日曜日は家族で出かけ、最新のモードや物に触れ、屋上で遊んで、大食堂でそれぞれ好きなものを食べて帰ってくる。子供達はおもちゃ売り場でソフビの人形やプラモデル、着せ替え人形等に混じって未来の象徴だった化学実験キットや天体望遠鏡、そして電子ブロックの前でジーっと動かず見入っていました。
そのうち妄想が起こり、・・ここんところいい子にしてたから、父ちゃんか母ちゃんが
「そんなにほしいなら買ってやるよ。どれ?」って言ってくれるんじゃないかとソワソワ、ワクワクし、、絶対そんな事にはならない事にやがて気づいて、お子様ランチで妥協する、そんな週末を過ごしたものでした。
子供たちのチャンスはお年玉、クリスマス、そして誕生日の3回です。それも3回全部ではなく、誕生日がゴージャスだとその年のサンタさんは何故か冷たいことも知っていました。この日を逃したら手にすることはできません。何がほしい? 懸命に懸命に考えました。
実験セット? 電子ブロック? それとも本物のグローブか? 友達と何が良いか話していると互いの主張が食い違って口ゲンカになったり、それはそれは大事なことでした。

Feature.03
オモチャなだけじゃない!

オモチャなだけじゃない!

子供たちの邪な考えとは裏腹に電子ブロックは大変よくできたキットでした。
大人気の為、シリーズはモデルチェンジを繰り返しましたが、学研バージョンからの電子ブロックは互換性を保ち、現在に至るまで全てパーツが共通で使えます。
そして大変重要なことはこのキットで自身の夢を育み、現在もエンジニアとして活躍しているお父さんたちがたくさんいらっしゃるという事です。
プラモデルの製作を通して、構造を理解し、ねじの規格を覚えたのと同様、電子ブロックで回路の原理を理解し、ラジオを作り、その先のいまだ出現しない(現在は出現しているかもしれない)製品を想像し、未来を夢見た数多くの子供たちを育てたのが電子ブロックでした。

Feature.04
合理的で安全

合理的で安全

それまではベークライト板に穴を開け、抵抗やトランジスタを配し、リード線でつなぎ、ハンダで固定する。失敗すればハンダを溶かして除去してやり直す。
当時のハンダは鉛が強かったので、頭はクラクラするわ、ハンダゴテは熱くて危なくて畳を焦がして母ちゃんに怒られるわ。
「只の遊びじゃないよ。勉強なんだけどなぁ」と思いつつも、部屋を汚す危ない遊びに母親はあんまり良い顔をしませんでした。
回路作りの遊びは、この電子ブロックを使うことで立派な勉強に昇格しました。

トランジスタ2個、
ダイオード 2個、
各種抵抗  14個、
トランス 1個、
コンデンサ8個、
リード線、マイク、イヤフォン等43種、54個のパーツで構成されています。
電気回路の読み方などの基本が理解でき、各パーツの役割原理と互換性とその効果が学習できます。
人類が創造した技術の紹介や自然界での電気、電子の現象などの興味深い記述も満載しています。
全部で150例の実験が体験できます。
うまくいかない場合はメーカーのE-mailアドレスが巻末にありますので問い合わせ等のフォローも受けられます。
電子ブロックは現在でも未来に夢をみる子供たちのイッピンなのです。

Feature.05
復活

復活

                リニューアルした電子ブロックEX-150  旧製品との互換性は維持されています。

ー回路例ー
・電気回路と電流       ・電流の向きと整流作用(1)  ・電流の向きと整流作用(2)
・トランジスタの増幅作業   ・トランジスタの特性      ・ダイオード検波ラジオ
・ダイオード検波1石ラジオ  ・トランジスタ検波1石ラジオ   ・1石レフレックスラジオ(抵抗負荷)
・石ワイヤレスマイク     ・断線警報機(イヤホン式)   ・エレクトロニックすいみん機(イヤホン式)
・オーディオジェネレーター  ・セン光ランプ         ・ランプによる断線警報機
・導体と不導体(絶縁体)   ・トランジスタの電流増幅作用  ・トランジスタのスイッチ作用
・1石+IC断線警報機     ・1石+IC水位報知機      ・1石+IC電子すいみん機
・1石+ICうそ発見機     ・電子ブザー          ・ダイオード検波1石ラジオ(トランス式)
・シグナルトレーサー     ・モールス練習機(イヤホン式) ・1石+ICメトロノーム(スピーカー式)
・簡易水質計         ・導通テスター(イヤホン式)  ・1石+IC電子小鳥(スピーカー式)
                                       以上含めて150回路の実験ができます。

PRODUCT
商品一覧