1

つくる

毎日、豊かな食事のひとときを
私たちに届けてくれる道具たち。
「おいしい」は大切だから、
「おいしい」が生まれる現場も大切です。

2

食べる

ひとりでゆっくり。みんなでわいわい。
食事は、味を楽しむだけにあらず。
豊かに、華やかに、健やかに。
しあわせが詰まった食のひとときを。

3

安らぐ

からだが喜ぶと、心もうれしい—。
触って、使って、ホッとして。
「癒し」がいつもすぐそばにある
やさしさに満たされる毎日を。

4

愛でる

好んで使うモノほど、早く疲れてしまう。
大切な人のように、優しくしよう。
ゆっくり休ませて、長く一緒にいよう。
愛しいモノたちと、いつまでも。

5

捨てない

「これ、いらないでしょ?」を
「こんなふうに使ってみては!」に。
視点を変えれば、
新しい価値が見えてくる。

ものをまもる

「使い続ける」ために

メンテナンス MAINTENANCE

大切な道具を長く使い続けるのに欠かせない、傷みやすい所のケア。たとえば鉄のフライパン。熱や大きな力にさらされる持ち手には交換パーツがあります。底の汚れを綺麗に落とすには棕櫚のブラシが一番。お気に入りの道具を、「使い続けるため」の道具も合わせて提供する取り組みです。

プロのワザで「よみがえる」

リペア REPAIR

長く使った道具たち。さすがにもうダメかな?と思っても、手を入れればまだまだ使い続けることができるものです。たとえば、黒ずんだり傷が深くなった「まな板」も、プロの手にかかればあっという間にまたきれいな面に。モノを誰よりも大切に考えてきた、東急ハンズのこだわりです。

  • シェア
  • LINEで送る