WALLET SELECTION by TOKYU HANDS

Junichi Honda's Recommend!

POINT 01

薄さを追求したかさばらない設計

小銭入れも付いてこの厚みですから、めちゃめちゃ薄いですね。財布を選ぶ時って、収納量を取るか薄さを取るか、みたいなところがあると思うんですが、これは両方を叶えてくれる感じです。カードを入れる向きが全部同じだから、折りたたんだ時に互い違いになってかさばらないんですね。なるほど、よく考えられてますね。薄さへのこだわりがすごい!

POINT 02

コンパクトなのに収納たっぷり

薄さだけでもすごいのに、お札も小銭もカードも入ってこのコンパクトサイズはさらに魅力ですね。内側のポケットも豊富で、外側にはICカード用のポケットまであるから、いろいろ便利に使えそうです。コンパクトさと収納力のバランスで考えるとこれがギリギリなサイズ設計だと思うので、できる限り無駄を削っているんでしょうね。なんとも絶妙です。

POINT 03

イタリアの老舗タンナーの牛革素材

財布ってやっぱり感触は大事ですよね、手で持つものだから。フィーリングは僕の中でも重視しているポイントです。この財布はシボ革で手馴染みもよいですし、高級感もあって、車のシートも手掛けているタンナー(イタリアの老舗マストロット社)の牛革と聞いて納得です。やわらかいけど強さもあって、使うほどに愛着がどんどん増していくんでしょうね。

コンパクトなもの、かさばらないものを探している人には、まずチェックしてほしいアイテムかも。最近は財布の小型化が進んでいますが、それ象徴をしているというか。僕もちょっと気になる一品ですね。

  • シェア
  • LINEで送る