とっても恐い、虫歯放置とは

虫歯を長期間放置すると、歯を失うことにもなりかねません。歯を失うと、インプラントや入歯などの必要が生じてきます。また歯痛のほかに頭痛や肩こりなどの症状、虫歯菌がほかの感染症を起こす可能性もあるといわれています。虫歯予防のHowToとグッズをご紹介します!

虫歯を予防するためのHowToコンテンツ

ポイントを押さえた歯磨き+αで虫歯になりにくい歯を育てましょう!

毛先の広がっていない歯ブラシを使う、デンタルフロスも併用する!

歯ブラシの毛先は歯にまっすぐな状態で当たるほうが、汚れがかきとれます。
毛先が広がった状態の歯ブラシで磨くと、歯垢の除去率は4割くらい低下するといわれています。
また、歯と歯の隙間の食べカスや歯垢を取るには、デンタルフロスがよいでしょう。
無理にこすらず、やさしく上下左右に動かしましょう。

フッ素入りの歯磨き粉を使う!

フッ素は虫歯菌の働きを弱め、歯垢が作る酸の量を抑えてくれます。
さらに、歯から溶け出したカルシウムの再石灰化を促してくれます。
長期的に使用することで、虫歯になりにくい歯が保てます。歯ブラシ後のすすぎは
1回程度、すすぎ過ぎないのがポイントです。
口の中に残ったフッ素がむし歯の予防効果を高めます。

デンタルフロス

歯ブラシでは除去できない隣接面のプラークを除去します。

歯間ブラシ

通常の歯ブラシでは毛先の当たりにくい部分のお手入れにオススメです。

フッ素入りの歯磨き粉・ジェル

長期的に使用することで、虫歯になりにくい歯が保てます。

マウスウォッシュ

口臭予防や歯周病菌の殺菌や除去に効果的なマウスウォッシュ。ハブラシの届かないところや、
口内の隅々まで成分が広がり、虫歯や歯周病を予防します。