肩こりの原因とは

日本ではよく聞く「肩こり」。
欧米では「肩こり」に該当する言葉はないといわれます。
英語では、"stiff neck(かたい首)"や"frozen shoulder(凍った肩)"と言って表現します。
そして、日本人は欧米人と比べて、骨格がきゃしゃで筋肉量が少ないためにコリを感じやすいといわれています。

コリの原因を知りましょう!

コリの原因として考えられている要因をご紹介します。

肩こりの原因とは?

まず、肩こりは肩の筋肉の血行不良が原因といわれていますが、
その原因もさまざまです。

【姿勢】
・長時間のデスクワークや家事、同じ体勢が続くときなど

【体型】
・猫背やなで肩の方など


【生活環境】
・冷房の効きすぎた部屋に長時間いたとき
・枕や寝具が合わないとき
・メガネの度が合ってないとき
・精神的ストレスなどを感じているとき

肩こりの痛みを和らげましょう!

患部を温めて血行をよくすると、痛みは和らぐといわれています。

肩こりを和らげるには

【患部を温める】
・蒸しタオルなどで患部を温めて筋肉の血行を良くしましょう。
 10~20分程度を目安にしてください。

【半身浴でゆっくり】
・38~39℃のぬるめのお湯にみぞおちまでつかる方が、全身の血管が広がって
 血流が促進されると言われます。
 ゆっくりと半身浴で入浴することによって、心の緊張もほぐれそうです。

【マッサージやツボ刺激を行う】
・痛みやだるさ、重さを感じる部位を押したり、揉むだけでも血行促進の効果はあるそうです。

【ストレッチや適度な運動を行う】
・ストレッチで首から肩、背中にかけての筋肉をのばします。
 少し汗をかくぐらい運動すると、血行が良くなってコリもほぐれていくようです。

【塗り薬や貼り薬で痛みを抑える】
・貼るタイプや塗るタイプ、さまざまなタイプがありますので、効能を良く読み自分に合った薬を選びましょう。

コリの予防法

身体のこわばりが出る前に!

できるだけ体を動かしましょう。

コリを防ぐには、まず体を動かす意識を持つことから始めましょう。
日頃から、正しい姿勢を心がけることも大切です!

【肩や筋力をアップさせましょう】
・肩は、頭と首、そして両腕を支えているので、それらを支えられるだけの筋力をつければ、
 コリにくいといわれます。
・年齢や体調、状態に応じて、自分に合った筋力トレーニングをしてみましょう。
 ただし、無理は禁物です。体の状態をみながら、少しずつ運動量を増やしていきましょう。
 全身運動の水泳は関節などへの負担も少なく、血行をよくする運動としてもおすすめです。

【ストレッチを行いましょう】
・ストレッチを行うとからだの血行が良くなり、筋肉にたまった老廃物が排出されるといわれます。
 
【同じ姿勢を続けないように注意する】
・同じ姿勢で長くいることによって血行が悪くなります。
 意識的に体を動かすだけでも、コリは軽減されます。

【正しい姿勢を心がける】
・日常の何気ない姿勢や動作がコリの原因になることがあります。
 正しい姿勢や生活環境を心がけましょう。

ハンズおすすめ!コリを和らげるグッズ

コリを和らげるお手伝いグッズをご紹介します。

首筋の4点押しでコリをのがさない肩もみグッズ。
お好みの強さとコリ部分に合わせて3通りの「指圧感覚のほぐし」を実感できます。

ダブルゲルマ
2,160円(税込み)
○ネット在庫あり
せんねん灸 火を使わないお灸 6コ入
594円(税込み)
○ネット在庫あり
マーナ 首肩じんわり バスピロー B592W ホワイト
1,296円(税込み)
△ネット在庫残りわずか

ハンズのオススメ健康グッズの関連情報をもっと見る

欲しいもの、みつかるかも

ハンズのオススメ健康グッズの関連情報をもっと見る

特集から探す

東急ハンズイチ押しの特集が目白押し!

【ハンズクラブ全品ポイント10倍!】

12/3(土)~12/18(日)の期間中、全品ポイント10倍を開催中! 通常お買い上げが100円(税抜)で1ポイントのところ、期間中はポイント10倍(10ポイント)となります。 是非、このお得な機会に東急ハンズネットストアをお楽しみください。

【Present THE MERRY Christmas!クリスマス特集】

今年もワクワクするクリスマスの時期がやってきました! 東急ハンズでは、豪華なクリスマスツリーや可愛いオーナメント、リースやラッピング用品など、お客様のニーズに合わせてご紹介いたします。 クリスマスはツリーにオーナメントを飾ったり、お部屋をクリスマスデザインにしたりと、準備も楽しいですよね。 また、インテリア小物やメッセージカードなども揃えておりますので、クリスマスパーティーを企画するのもオススメです。

【ダイアリー 2017】

日々のスケジュール管理をしっかりつけたり、アイデアや表を書き込めるスペースが多い手帳など、使う人によって欲しい手帳の機能は様々です。ライフスタイルにあった、お気に入りの一冊をぜひ見つけてください。 アプリでスケジュールを管理する人も増えましたが、見返しやすく、全体を確認できるのはやっぱり紙の手帳ならでは。一年間ずっと使う手帳なので、デザインとレイアウトにはこだわりたいですね。

特集をもっと見る