naft(ナガエ)

naft(ナガエ)
400年の歴史を持つ日本有数の金属産業の町『高岡』。
加賀百万石の庇護の下、銅器産業が発展し、この町で作られた美しい銅器は『高岡銅器』と呼ばれ、伝統的工芸品となっています。
naftはこの高岡銅器の職人の技と、現代の技術、日本人らしい緻密なモノづくりをベースに、金属の美しさを表現し、生活の中に潤いや楽しみを見出すデザインアイテムを展開しています。

活ける物が引き立つ水盤花器

023

{インテリア}

「花を生ける」をもっと気軽に。
伝統技術+デザインが実現した美しいモダン花器。

活ける物が引き立つ水盤花器
Feature.01
伝統とモダン、さまざまな人が交わる場所

伝統とモダン、さまざまな人が交わる場所

「高岡銅器」で知られる富山県高岡市は400年の歴史を持つ「金属加工の街」です。この土地に昭和29年創業の「ナガエ」があります。400年に渡る高岡銅器の伝統技術と、アルミダイカスト鋳造技術等の日本の高度経済成長時代を支えた革新技術を積極的に取り入れ、家庭用製品、自動車部品、建築材料といった「日本のモノ作り」に必要な緻密な工業製品を作り続けています。
このナガエが400年にわたる伝統の技と、最新のテクノロジー、そして地元の若いデザイナーを巻き込んで「新しいモノ」を作るチャレンジを始めました。ブランドの「naft」です。

職人の手技が光る花の器「雫影(しずか)」

Feature.02
職人の手技が光る花の器「雫影(しずか)」

高い技術と若い感性が、今までに無い花を生かす器を考え出しました。陶器や磁器ではなくガラス器でもなく、溶かしたアルミが姿を変え、割れず、腐らず、壊れず、漏れず、熱さにも寒さにも強い花の器になりました。
花の器「雫影(しずか)」は素朴な作りで色鮮やかな草花を引き立たせ、和みの空間を創出します。
表面には描かれているのは「水紋」です。花が揺れるたび、まるで庭園に水の波紋が広がるような雰囲気を演出してくれます。

ただ差し込むだけ!?アレンジ自在の「小さな庭園」

Feature.03
ただ差し込むだけ!?アレンジ自在の「小さな庭園」

雫影(しずか)は好みの花を活けられる水盤です。海外からも賞賛されるクールジャパン。その日本文化の「庭園」の世界観を表現しています。花の器「雫影(しずか)」の人気の秘密は、初心者でも扱える簡単さにあります。花を生ける為の穴には剣山がセットされ、花や枝を差し込むだけでオシャレな生け花が完成します。四季に合わせて気に入った花を一輪、無造作に挿すだけでお部屋の様子も楽しくなることでしょう。
集めてきた石や花びらを置いたり、別売の亀や蛙などのアクセサリーを並べて、自分だけのオリジナル庭園をつくる事もお楽しみいただけます。


PRODUCT
商品一覧