今年の夏も暑い!熱中対策グッズ

夏に向かって気温が上がってくると、「熱中症」や「熱射病」などに注意が必要です。
毎年、新聞やニュースなどでも注意を呼びかけている症状です。
熱中や熱射のリスクを少しでも軽くする為に、東急ハンズでは、様々な便利グッズをご用意しております。
熱中に関する知識や対策グッズなどで、今年の真夏をむかえましょう。

手軽に使える熱中対策グッズ

東急ハンズでは、水に浸して使用するタオルや首に巻けるクールタオルなど、お子様でも手軽に使える熱中対策グッズを多く、ご用意しております。また、衣類に吹きかけて使用するアイススプレーも人気です。

日傘やストールなどを使って対策しよう

強い日差しや熱射によって、熱中症や熱射病は起こってきます。日傘や帽子、ストールなどで、直接肌に降り注ぐ直射日光を防ぐことができます。接触冷感素材を使ったものや、濡らして使うとひんやりとするものなどもオススメです。

子供に持たせたい熱中対策グッズ!

小さい子供は熱中症や熱射病にかかりやすく、自分でなかなかコントロールができないと言われています。真夏でも夢中になって遊んでいると、知らず知らずのうちに、体力が奪われ、熱中症になってしまう場合があります。お子様に持たせたい熱中対策グッズをご紹介!

家の中でも熱中対策は必要です

熱中症は外だけの症状ではありません!家の中でも熱中症にかかる場合があります。閉め切った空間で、風の通りが悪かったり、湿度が高くなったりと、原因は様々。室内でもしっかりと熱中対策は必要です。

睡眠時にも快適に過ごせる熱中対策グッズ

寝ている間にも、熱中症にかかる場合があります。熱帯夜の時など、寝苦しい夜は特に注意が必要です。涼感寝具などを使って、寝苦しい環境を改善しましょう。

熱中症の怖さと対策を学ぼう

夏になると熱中症や熱射病の心配が出てきます。小さなお子様やお年寄りなどは、体調のコントロールが上手くできない場合があり、特に注意が必要です。熱中症の症状や予防対策の知識を持って、安全で楽しい夏を過ごしましょう。

今年の夏も暑い!熱中対策グッズの商品一覧

毎日どんどん入荷中!とれたて新着商品はこちら

他の目的から探す

欲しいもの、みつかるかも

他の季節のイベントから探す

嫌な臭いとさようなら、ハンズの消臭グッズ

春から夏にかけては臭いの気になる季節でもあります。気温の上昇とともに臭いの原因となる雑菌の繁殖も活発に。お部屋の生活臭や、トイレ・靴など臭いの種類も様々。用途に合った便利な消臭グッズを上手に活用して、臭いを気にせず爽やかに生活したいですね!

少しでも省エネ、ハンズの節電対策グッズ

私たちは、毎日朝起きてから眠るまで電力のおかげで快適な生活を送っています。
限りある資源やを地球の環境を大切にするためにも、「省エネ」を心がけたいものです。
究極の省エネは、電気や冷蔵庫、エアコンも一切使わないことかもしれませんが、
なかなかそうもいかない・・・というのが本当のところです。
ご家庭でも「できるところから、毎日すこしづつ」を実行していくのが、
習慣として長くつづけられるコツかもしれませんね。

お弁当作りにオススメ!便利グッズ

手作りのお弁当って、やっぱりおいしいですよね。作る方はちょっと大変だけれど、食べる人が喜んでくれたら嬉しいものです。通勤・通学など、毎日作るお弁当から遠足・運動会などのイベントお弁当まで活躍する、便利で頼りになるお弁当グッズを紹介します!
[ネットストア担当:小杉]

特集から探す

東急ハンズイチ押しの特集が目白押し!

【ハンズクラブ全品ポイント10倍!】

12/3(土)~12/18(日)の期間中、全品ポイント10倍を開催中! 通常お買い上げが100円(税抜)で1ポイントのところ、期間中はポイント10倍(10ポイント)となります。 是非、このお得な機会に東急ハンズネットストアをお楽しみください。

【Present THE MERRY Christmas!クリスマス特集】

今年もワクワクするクリスマスの時期がやってきました! 東急ハンズでは、豪華なクリスマスツリーや可愛いオーナメント、リースやラッピング用品など、お客様のニーズに合わせてご紹介いたします。 クリスマスはツリーにオーナメントを飾ったり、お部屋をクリスマスデザインにしたりと、準備も楽しいですよね。 また、インテリア小物やメッセージカードなども揃えておりますので、クリスマスパーティーを企画するのもオススメです。

【ダイアリー 2017】

日々のスケジュール管理をしっかりつけたり、アイデアや表を書き込めるスペースが多い手帳など、使う人によって欲しい手帳の機能は様々です。ライフスタイルにあった、お気に入りの一冊をぜひ見つけてください。 アプリでスケジュールを管理する人も増えましたが、見返しやすく、全体を確認できるのはやっぱり紙の手帳ならでは。一年間ずっと使う手帳なので、デザインとレイアウトにはこだわりたいですね。

特集をもっと見る