熱中症の怖さと対策を学ぼう

熱中症にならないために確認しましょう

夏になると熱中症や熱射病の心配が出てきます。小さなお子様やお年寄りなどは、体調のコントロールが上手くできない場合があり、特に注意が必要です。熱中症の症状や予防対策の知識を持って、安全で楽しい夏を過ごしましょう。

熱中症の症状・怖さを学ぼう

熱中症は誰にでも起きる症状です。
暑い日差しの中では、水分補給や行動など、注意が必要です。
熱中症について、知識を高めて、無理のない行動をしましょう。

熱中症とは?

【熱中症】
熱中症とは、高温多湿な環境の中、体の水分やミネラル等のバランスが崩れ、
体温調節機能が上手く働かず、吐き気や眩暈などの症状を引き起こすことを言います。
重症になると、意識がなくなって倒れたり、最悪には死亡するケースもあります。

【熱中症になる原因】
気温が高い、湿度が高いなど、厳しい環境の中での
行動やスポーツ、体が暑さになれていない場合など、
症状になりやすい言われています。

また、熱中症は昼間だけに起きる症状ではなく、睡眠中にも、起きてしまう怖い症状です。
睡眠中に、部屋の温度・湿度が高くなり、閉め切った状態だと空気の流れが悪く、
熱中症にかかりやすくなると言われています。

熱中症になってしまったら

熱中症の症状が出てしまったら、まずは涼しい場所に避難しましょう。
体の体温が上がっている状態なので、着ている服などを脱いで、
体を冷やすようにしましょう。
また、水分や塩分をしっかり補給し、脱水症状にも気をつけましょう。
意識障害や痙攣などの症状が出ている場合は、無理をせず、救急車を呼びましょう。

熱中症の予防策

・熱中症の予防策にはいくつかありますが、簡単にできる予防は、
 直射日光が当たる場所や高温多湿の場所に長時間いないことです。
・こまめな水分補給や塩分補給が大切です。
 のどが渇いていない場合でも、水分補給することが大事です。
・通気性の高い、衣類や吸湿性のある衣類などを着るのもオススメです。
・クーラーや扇風機を活用して、高温多湿の環境をつくらないようにする。
・外に出かける場合は、日傘や帽子を着用し、直射日光にあたらないようにする。
・熱中対策用品などを上手に活用して、無理をしないように過ごす。
・熱中症にかかりやすい小さいお子様やお年寄りの方は、周りの方が
 気をくばることで、予防することができます。

簡単に確認できる注意ポイント

【熱中対策のポイント】
・湿温度計を使って、お部屋の気温と湿度を確認しましょう。
・28℃を超えないようにクーラーや扇風機を活用しましょう。
・外に出かける際は、風通しの良い格好をしましょう。
・のどが渇いてなくてもこまめな水分補給をしましょう。
・高温多湿の場所に長時間いないようにしましょう。
・無理をせず、こまめな休憩をしましょう。
・熱中対策グッズを上手に活用しましょう。
・栄養バランスの良い、食事をしましょう。
・暑さに負けない体力作りを心がけましょう。

熱中対策にオススメする飲料

【塩分・ミネラルを補給しましょう】
・スポーツドリンク
・ミネラル麦茶
・牛乳
・ハチミツレモン水
・スイカ
・冷たい味噌汁

今年の夏も暑い!熱中対策グッズの関連情報をもっと見る

欲しいもの、みつかるかも

今年の夏も暑い!熱中対策グッズの関連情報をもっと見る

特集から探す

東急ハンズイチ押しの特集が目白押し!

【春ランチ】

春は新生活や新学期の季節ですね。お弁当やお弁当バッグも新しくして、気持ちを新たにスタートしてみませんが。

【CATグッズ特集】

いつ見ても可愛い。癒される。日々の生活に、猫アイテムを加えてみませんか?クリップや付箋などの日用品から温度計やモバイルバッテリーといった機能的アイテムも種類豊富にご紹介します!

【文具祭り】

春は新しい文具を買い替えたくなる時期ですね。東急ハンズでは買い替えや買い置きにおすすめの商品をご紹介しております。また、文房具カフェ様とのコラボ企画や、文房具屋さん大賞受賞商品もご紹介しておりますので、春のスタートに向けて、是非チェックしてみてください。

特集をもっと見る