スニーカーのお手入れって、どうやるの?何を使うの?シューケアマイスターに聞きました!

ビジネススタイルもカジュアル化している今、スニーカーの人気は高まるばかり。でも、「お手入れは...」という方も多いのでは?そこで今回は、スニーカーのケアアイテムとその使い方を、ハンズのシューケアマイスターに教えてもらいました!お気に入りの一足を長く履くために、愛情を注いで「育てる」感覚でお手入れしてみませんか?

スニーカーのお手入れについて教えてくれたのはこちら!

2105_sneaker-care_01.jpg

東急ハンズ博多店 シューケアマイスター 釆原(うねはら)
※今回の取材はリモートで行いました。

―靴のお手入れというと革靴の印象が強いですが、スニーカーと革靴で異なるポイントなどはありますか?

釆原:一番大きなポイントは、素材がさまざまなところです。革靴は牛革や馬革などの皮革だけですが、スニーカーはレザー、スエード、キャンバス、エナメル、他ニットなどさまざまで、それぞれでケア方法も変わります。

―スニーカー人気が高まっていますが、お手入れのご相談も増えているのではないでしょうか。

釆原:最近は営業職の方でもスニーカーを履いていたり、人気はますます高まっています。それに伴って、ご相談も増えていますね。コレクションされている比較的若い方から質問を受けるケースはよくあったんですが、近頃は職場でスニーカーを履くようになったのでお手入れ方法を知りたいという40代くらいの方も増えています。

―なるほど。今回は、そんなスニーカーのお手入れアイテムとその使い方を教えてください!

釆原:はい。目的や素材にあわせた7種に分類してご紹介したいと思います!

―今回は手元の出演として、ヒントマガジンではおなじみ(?)のバイヤー大仲さんにもご協力いただきます!

2105_sneaker-care_02.jpg

東急ハンズバイヤー 大仲。私物を含めてスニーカーも持参!

【さまざまな素材に対応】オールマイティに使えるお手入れセット

2105_sneaker-care_03.jpg

JASON MARKK×東急ハンズ プレミアムエッセンシャルキット 2,640円(税込)

釆原:まずはこちら、やわらかな豚毛のブラシとスニーカー用クリーナーが入った、スニーカーケアブランド〈ジェイソンマーク〉と東急ハンズのコラボによるオリジナルセットを。レザー、スエード、キャンバス、ゴムやメッシュなどさまざまな素材に対応するオールマイティなセットです。香りも心地よく、少量でもよく泡立つので、1本で約100足分は洗えてコストパフォーマンスにも優れています!

使い方とポイントをチェック!

2105_sneaker-care_04.jpg

釆原:水を入れたボウルでブラシを湿らせ、1本線を引くようにクリーナーをかけます(中身の液体は透明です)。もう一度ボウルの水につけ、ブラシ全体に洗剤をなじませたら準備OK。これで大体、靴1足(両足)分です。

2105_sneaker-care_05.jpg

釆原:泡立てながらブラッシングします。この柔らかい豚毛のプレミアムシュークリーニングブラシを使えば、どんなに強くこすっても大丈夫です。素材を傷めることはありません。溝や履きジワはブラシの角を使うと汚れがよく落ちます。

2105_sneaker-care_06.jpg

釆原:汚れが落ちたら、マイクロファイバータオル(別売)で泡を拭き取ります。まだ汚れが気になる場合は、この作業を繰り返します。

2105_sneaker-care_07.jpg

釆原:きれいに拭き取れたら、陰干しをしてしっかり乾かします。できれば、形を整えるためにシューキーパーを使いましょう。

【レザースニーカーの防水に】水や汚れ、UVからも保護

2105_sneaker-care_08.jpg

コロンブス×東急ハンズ デリケートレザープロテクター 1,980円(税込)

釆原:続いては〈コロンブス〉とハンズがコラボしたレザー用の防水スプレーを。防水に加えて、防汚、UVカット、保革の機能も備えていて、スエードやムートンなどの起毛した革にも使えます。一般的な防水スプレーはかけると革が硬くなりがちですが、こちらはホホバオイル配合で革を柔軟にしてくれるのもポイントですね。あと、レザースニーカーを長く履くために欠かせないのが、革の日焼け防止。日焼けすると色抜けが起きてしまいますが、このスプレーで予防できます。

使い方とポイントをチェック!

2105_sneaker-care_09.jpg

釆原:汚れを落として乾燥させた状態の革にかけますが、1ヶ所に集中しないように缶1本分くらい離してふんわりかけます。かける量は、全体が軽く湿る程度。スプレーした後に拭いたり伸ばしたりする必要はありません。防水効果は2〜3週間ほど続くので、よく履く靴はそれを目安に定期的に。コレクション用の靴でも、日焼け防止のために月に1回くらいは行いましょう。スプレー後は、こちらも陰干しで自然乾燥させます。

【さまざまな素材の防水に】ミストタイプのスプレーで水と汚れを防ぐ

2105_sneaker-care_10.jpg

JASON MARKK リペルスプレー 2,200円(税込)

釆原:先ほどの防水スプレーはレザー用ですが、こちらはレザー、スエード、キャンバスなど吸水性のある素材に対応する、スニーカーに特化した防水スプレーです。防水効果に加えて防汚効果も発揮するので、日頃からできるお手軽なケアとしてもおすすめですね。ミスト状なので1ヶ所に集中してムラになることもなく、ハンドルも握りやすくてとても扱いやすいですよ。

使い方とポイントをチェック!

2105_sneaker-care_11.jpg

釆原:、ボトルをシューズから約15cmほど離して吹きかけます。かける量は、前・左右・後ろで繰り返し、全体として8プッシュほど。しっかりと素材にしみこませる感じです。余分な水分は乾いたタオルで拭き取ってください。かけた後はしっかり乾燥させます。1ヶ月に1度くらい行うと効果的です。

【ニオイのケアに】消臭&抗菌効果に加えてカビの発生も防止

2105_sneaker-care_12.jpg

コロンブス×東急ハンズ デオドラントミスト(レザーノート・無香料) 各1,760円(税込)

釆原:ニオイのケアも大切です。こちらのミストは、消臭成分と抗菌成分で靴の中の気になるニオイをカットし、菌の侵入と発生を抑制しながらカビの発生も防止します。消臭というとガスを使ったスプレーが一般的ですが、こちらはミストタイプなので扱いも簡単。「無香料」と「レザーノート」の2種があるので、香りの好みで選べます。さらに、靴の中の汗を吸収して冷涼感を与える成分も配合されています。

使い方とポイントをチェック!

2105_sneaker-care_13.jpg

釆原:靴の内側に軽く5プッシュほど、内側全体が湿るくらい吹きかけます。使うタイミングは、履いた後でも履く前でもOKです。15分くらいで乾燥するので、しっかり乾燥させてから履いてください。

【スエードのお手入れに】専用のブラシ&消しゴムを上手に活用

2105_sneaker-care_14.jpg

コロンブス×東急ハンズ スエードブラシ 2,915円(税込)
コロンブス スエードラブラブクリーナー 330円(税込)

釆原:スエードのケアには専用アイテムがあります。こちらのブラシは、外側が馬毛で内側が豚毛という、2種類の毛を使った〈コロンブス〉とのコラボによるスエード専用アイテム。コシのある豚毛で起毛の奥のホコリをかきだし、しなやかな馬毛でしっかり払い落とせます。〈スエードラブラブクリーナー〉は、汚れが気になる部分にピンポイントで使える、スエード用の「消しゴム」。天然ゴムを使っていて、消しカスも出ません。

使い方とポイントをチェック!

2105_sneaker-care_15.jpg

釆原:ホコリをかきだすように、一方向に払う感じでブラッシングします。スエードは順目と逆目があるので交互に。メッシュとのコンビなら、メッシュ部分には〈プレミアムエッセンシャルキット〉のブラシを使うのがおすすめです。

2105_sneaker-care_16.jpg

釆原:見た目できれいになったら終了です。スエードは水分を含むと毛の流れが乱れたり、毛が固まりやすくなったりするので、スエードスニーカーの場合は特に、ブラッシングでホコリを落としてからクリーナーで全体を洗うのが手順としてはおすすめです。

2105_sneaker-care_17.jpg

釆原:ブラッシングしていて、特に汚れが気になるところには〈スエードラブラブクリーナー〉を使います。消しゴムのように角を使って擦る感じで汚れを落とし、終わったらもう一度ブラッシングします。汚れを落としたら〈デリケートレザープロテクター〉をスプレーし、保革・防汚効果を与えます。

【ホワイトレザーのケアに】汚れを落として、補色もしっかり

2105_sneaker-care_18.jpg

コロンブス
左から:
スニーカーケア ホワイトニングローション 1,320円(税込)
レザータッチアップライナー(スニーカーのキズ化粧 ホワイト) 550円(税込)

釆原:続いては、今とても人気があるホワイトレザースニーカーのケアアイテムを。他の素材や色と比べて汚れが目立つ上、汚れが落ちにくいこともあって、お客様からのご相談も非常に多いですね。ご紹介するのは、汚れを落としながら顔料による補色効果で黄ばみを目立たなくするローションと、よりピンポイントに使えるペンタイプの補色マーカーです。

使い方とポイントをチェック!

2105_sneaker-care_19.jpg

釆原:クロスを指に巻き付け、〈ホワイトニングローション〉をコイン1枚分くらいつけます。汚れや黄ばみが気になる部分を中心に、円を描くように汚れを拭き取り、色をのせます。革を傷つけないように、力は入れすぎずにやさしく。汚れが落ちてクリームが乾燥したら、軽く乾拭きをしてから陰干しします。

2105_sneaker-care_20.jpg

釆原:元々の汚れが多い場合は、クリーナーで全体を洗ってからこちらを使ってください。汚れが気になった時にやっていただければ十分ですが、汚れが目立ってくる前に予防として使うのも効果的です。

2105_sneaker-care_21.jpg

釆原:アッパーでもソールでも、ピンポイントで補色や傷隠しがしたい場合は〈レザータッチアップライナー〉を。ペン先から顔料がにじみ出てくるので、軽く伸ばす感じで自然になじませます。塗った後はしっかり乾燥させましょう。

【レザーの保革に】栄養を補充しながら、柔軟性と潤いも

2105_sneaker-care_22.jpg

コロンブス×東急ハンズ デリケートクリーム 1,760円(税込)

釆原:最後はこちらの保革用クリームを。革はクリーナーで汚れを落とすと栄養分も取れてしまいます。栄養がなくなると硬くなったり色抜けが起きたりするので、栄養を与えて保革することが大切です。〈コロンブス〉とのコラボによるこちらのクリームには、栄養を補うことに加え、革自体を柔軟にしたり、乾燥を防いだりする効果もあります。また、デリケートクリームはツヤ感のないものが一般的ですが、こちらにはツヤ出し成分も入っているので、適度なツヤを出せてとても便利ですよ。

使い方とポイントをチェック!

2105_sneaker-care_23.jpg

釆原:使うタイミングは、汚れ落としから乾燥までが終わった後。クロスに少し付けて、円を描くようになじませながら全体に塗り伸ばします。たくさん塗っても革に吸収される量は変わらないので、多く塗る必要はありません。逆に塗りすぎるとシミになったり、ベタついてホコリが付きやすくなったりするのでご注意を。とても伸びがよいので、少量でも大丈夫です!

2105_sneaker-care_24.jpg

釆原:全体にまんべんなく塗れたらOKです。表面に少し残っている時は軽く乾拭きをして、最後にシューキーパーを入れてしっかり乾燥させます。デリケートクリームは革靴用というイメージがあるかもしれませんが、革製品全般に使えるので、もちろんレザースニーカーにもおすすめです。頻度は1ヶ月に1回くらいを目安に。ただし、スエードやエナメル素材には使えないのでご注意ください。

お気に入りのスニーカーを長く履くためのアドバイス

―アイテムの解説ありがとうございました!では最後にスニーカーのケア全般に関してのポイントを改めて教えてください。

釆原:スニーカーは革靴と比べて履きやすい分、どうしてもラフに扱ってしまったり放置したりしがちで、泥汚れやホコリが付きやすいので、簡単にでもよいので小まめなブラッシングを習慣にしてほしいですね。それと、汚れを見つけたらすぐに落とすこと。日頃からのケアが大事なのは革靴と同じです。

―保管する際の注意点はありますか?

釆原:革靴よりも素材が柔らかいので形が崩れやすく、形が崩れると劣化もしやすいので、保管時にはシューキーパーを使ってほしいですね。あとは、ずっと靴箱に入れているとカビが発生しやすくなるので、1ヶ月に1回くらいは外に出して陰干しをしましょう。
自分のお気に入りのスニーカーを「育てる」感覚でお手入れを続ければ、より長くきれいに履けて、さらに愛着もわいてくると思います。決して難しくはないので、ぜひ始めてみてください!

おわりに

始めてみれば意外と簡単なスニーカーのお手入れ。わからないことやお困りのことがあったら、店頭でお気軽にご相談ください!

〈ジェイソンマーク〉の使い方について動画でもチェック!

※工場生産遅延の影響で入荷日の遅れや商品仕様の変更が生じる場合がございます。
※掲載商品は一部店舗では取り扱いがない場合がございます。取り扱い状況については各店舗へお問い合わせください。
※掲載商品は、一部の店舗ではお取り寄せになる場合がございます。
※一部価格・仕様の変更、および数に限りがある場合もございます。
※掲載写真には一部演出用品が含まれます。
※商品価格等の情報は、掲載時点のものです。

この記事の関連タグ