サーモスの新商品が続々と登場!おいしい温度の秘密を聞きました!

秋の行楽に持ち歩きたいマグボトルや、冬の季節でもあたたかいドリンクやスープが楽しめるスープジャー。この秋も「おいしい温度」をキープする〈サーモス〉から、新商品が続々と登場します。そこで今回は、新商品をメインに注目のアイテムをご紹介。〈サーモス株式会社〉の舛谷(ますや)さんと柏原(かしはら)さんに、アイテムの魅力やこだわりポイント、おすすめの使い方を聞きました!

おいしい温度の秘密を聞いてみた!

―今回は新商品をご紹介いただくために、〈サーモス〉へお邪魔しています。

舛谷さん・柏原さん:よろしくお願いします!

2010_thermos_01.jpg

サーモス株式会社
左:営業部 舛谷さん(使用感などをメインにお話しいただきます。)
右:マーケティング部 柏原さん(商品の特徴やこだわりについてお話しいただきます。)

―この秋も〈サーモス〉から、新商品が続々と登場するとお聞きしました!

舛谷さん:そうなんです。秋の行楽に持ち歩きたいマグボトルや、冬の季節でもあたたかいドリンクやスープが楽しめるスープジャーなど、機能性とデザイン性をブラッシュアップしたアイテムが登場します。

柏原さん:アイテムのご紹介に移る前に、〈サーモス〉商品の「あたたかい飲みものをあたたかいまま。冷たい飲みものを冷たいまま」お楽しみいただける理由について、ご説明させていただきます。

―いつでもおいしい温度が楽しめる秘密ですね。ぜひ聞かせてください!

柏原さん:〈サーモス〉のステンレス製魔法びん構造のボトルやスープジャーの断面は、このようになっています。

2010_thermos_02.jpg

―ステンレスが2枚重なっていますね。2枚の間には隙間があるようですが...。

柏原さん:外びんと内びんの間は「高真空状態」になっています。「高真空状態」とは、言わば宇宙空間のようなもので、熱を伝える気体分子がほとんどないんです。そのため、熱移動による放熱を防ぐことができます。

―なるほど。この構造のおかげで、おいしい温度が長時間キープできるんですね。

柏原さん:ええ。この秋の新商品ももちろんこの二重構造で製造しています。さらに使い勝手のよさやデザイン性もアップデート。皆様に快適においしくご利用いただけるアイテムが揃っています。

―気になります!それでは、ご紹介お願いします。

小さなバッグにもすっぽり入る、サーモス史上 最軽量!

柏原さん:最初にご紹介するのは〈真空断熱ポケットマグ JOJ-150〉。〈サーモス〉史上最も軽いマグボトルです。

2010_thermos_03.jpg

サーモス 真空断熱ポケットマグ JOJ-150 (150ml) 各1,958円(税込)

―どれどれ...。おお!!めちゃくちゃ軽い!

柏原さん:重さでいうと約95g。これは大体「キウイフルーツ1個分」に相当する軽さです。

―キウイフルーツ1個分!手に持っていても苦にならないレベルですね。そして見た目もかなりコンパクト。このようなコンパクトサイズのマグボトルは、最近ブームなんですか?

柏原さん:そうですね。最近はミニバッグを持ち歩く方も多いので、このようなコンパクトサイズは重宝されます。似たような商品がある中で、〈サーモス〉は特に「お手入れのしやすさ」にこだわっています。簡単に各パーツの取り外し・取り付けができるので、隅々まで清潔にお使いいただくことができるんです。

―軽さ、コンパクトさに加え、お手入れのしやすさまでこだわられているんですね!衛生面は気になるので、嬉しいポイントです!どのようなシーンで使うのがおすすめですか?

舛谷さん:荷物が多い通勤や、お散歩など短時間のお出かけにちょうどよいアイテムです。私も、ちょっとした外出時には、このポケットマグを持ち歩きます。スリムなので、バッグに入れてもあまり場所を取らないのがよいなと。一本持っていると何かと便利なマグボトルだと思います。

少しの回転で簡単オープン!使いやすさ◎なマグボトル

柏原さん:続いてご紹介するのは〈真空断熱ケータイマグ JOG〉シリーズ。最大の特徴は、160度回すだけで簡単にフタの開け閉めができるところです。

2010_thermos_04.jpg

サーモス 真空断熱ケータイマグ JOGシリーズ
左から
250ml 各2,178円(税込)
500ml 各2,728円(税込)
350ml 各2,508円(税込)

―何度もフタを回転させ開け閉めすることを不便に思ったことはありませんでしたが、実際にこのように簡単に開け閉めできると、とてもラクですね。実際に使ってみていかがですか?

舛谷さん:やはりラクですね。お客様にもこの機能は喜んでもらえると嬉しいです。本体重量は500mlの容量で約210gと非常に軽いので、お子様の荷物を持ち歩く親御さんにもおすすめです。また、私が気に入っているのは飲み口部分。口が広いタイプなので、飲み物の香りが感じやすいんです。だから、このマグボトルはコーヒーや紅茶のような、香り立つドリンクを飲む際に使っています。

2010_thermos_05.jpg

―ドリンクによって、ボトルを変えているんですね!こだわりがすごい...。さすがです!

サーモス初の食洗機対応マグボトル!

柏原さん:次にご紹介するのは〈サーモス〉初となる「食洗機対応」のマグボトル〈真空断熱ケータイマグ JOK〉シリーズです。

2010_thermos_06.jpg

サーモス 真空断熱ケータイマグ JOK
左:350ml 3,058円(税込)
右:500ml 3,278円(税込)

―てっきり食洗機対応はスタンダードなのかと思っていました。

柏原さん:そう思われている方が多いんですが、一般的なマグボトルは、熱で部品が変形したり、塗装が剥がれてしまう可能性があるので食洗機には対応していません。しかし今回はその問題をクリアし、食洗機対応のマグボトルを完成させることができました。

―開発する上で大変だったことはありますか?

柏原さん:これまでのものと塗装方法を変更して、塗装に厚みをだしたり、フタ部分の変形を防止するためにガラス繊維を混ぜ込んだり、いろいろと試作検証をしながらの開発でした。

2010_thermos_07.jpg

―なるほど。食洗機対応ボトルはお客様から喜ばれそうですね!

舛谷さん:8月から東急ハンズで先行販売をしているのですが、バイヤーさんからは今のところ好評だと聞いています。私自身、食洗機対応をとても心待ちにしていた一人なので、とても嬉しいです。

―そうだったんですね!

舛谷さん:ええ。やはりお手入れがラクなんですよ。パーツを取り外して食洗機に入れるだけで、隅々まできれいに洗浄できるので。

―確かに、マグボトルの洗浄は洗いづらくて少し面倒な印象。いつも家族分を洗っているという方にとってはかなり嬉しい新機能ですね!

人気のマグボトルから、持ち運びしやすいサイズが登場!

柏原さん:続いては〈真空断熱ケータイマグ JNR〉シリーズ。2019年に大きめの容量限定で販売した、「カーキ」カラーが大変好評をいただいています。そこで今回、持ち運びもしやすいサイズも販売することになりました!

また「カーキ」同様に「くすみカラー」である、新色「マットグレー」「ピンクグレージュ」「マットブルー」についても、持ち運びしやすいサイズで販売することになりました!

2010_thermos_08.jpg

サーモス 真空断熱ケータイマグ JNR-501LTD(500ml) 各3,058円(税込)

―確かにどの色もステキ!マットな質感がさらにオシャレ感をアップしていますね。

柏原さん:このカラーや素材感は、弊社としてはチャレンジングな選択でした。これまでこのようなカラーやマット素材はつくっていなかったので。しかし、お客様からは我々の水筒の評価の一つとして「カラーバリエーションの豊富さ」をあげていただくことが多いので、ここはチャレンジをして、これまでなかった色を展開していこうと思ったんです。

―〈真空断熱ケータイマグ JNR〉シリーズに限らず、これだけカラーが揃っていると、選ぶのも楽しくなりそうですね。

コロンとしたフォルムがかわいい、スープジャー

柏原さん:続いて〈真空断熱スープジャー JBR〉シリーズをご紹介します。

2010_thermos_10.jpg

サーモス 真空断熱スープジャー JBRシリーズ
左から
300ml 2,728円(税込)
400ml 3,058円(税込)
500ml 3,278円(税込)

―これまでのスープジャーとの違いは?

柏原さん:保温性がアップしました。そしてクリックオープン構造でさらにフタが開けやすくなっています。

―なるほど。保温性や使いやすさなど、進化し続けているんですね。

柏原さん:さらにもう一つ。口当たりがやさしくなるように、飲み口部分を丸くしています。

2010_thermos_11.jpg

―細かな心配りですね。お二人のおすすめの使い方やメニューはありますか?

舛谷さん:私は、スープジャーの二つ使いをしています。例えば、片方にカレールーを、もう片方にご飯を入れるんです。ご飯も温かいままなので、時間が経っても熱々のおいしいカレーライスが食べられます。

―それはすごくよいアイデアですね。

柏原さん:私は、よく保温調理をしています。朝に時間がない時は、野菜を短時間茹でてスープジャーに。コンソメスープの素をサッと入れてお湯を注ぐと、お昼頃には野菜がしっかり煮込まれておいしいスープが完成しているんです。

―よいこと尽くしですね!私もマネさせていただきます!

お仕事のお供に、毎晩の晩酌に活躍!

柏原さん:さぁ、ご紹介するものもあと二点となりました。ここからは、お家や職場で活躍するカップをご紹介します!2019年に発売したものになるのですが、まずは、〈真空断熱マグカップ JDG-350〉。

2010_thermos_12.jpg

サーモス 真空断熱マグカップ JDG-350/350C (350ml) 各1,958円(税込)

柏原さん:こちらは、普段使いにぴったりなハンドル付きのマグカップです。マグボトルと同様のステンレス製真空断熱構造で、冷たさも温かさもキープします。さらに、結露がしにくいのが魅力。冷たい飲み物でもテーブルを汚しません。

―結露しにくいのはよいですね!テレワークやオフィスでの仕事中も水滴を気にせず、集中できそうです。

柏原さん:そして最後は、私も毎日愛用している〈真空断熱ジョッキ/JDK-720〉をご紹介させていただきます!こちらは、容量が720mlで、500mlのロング缶ビールも泡まできれいに入れることができます。

2010_thermos_13.jpg

真空断熱ジョッキ JDK-720 (720ml) 3,278円(税込)

―最後までキンキンに冷えたビールを楽しめるジョッキ。ビール好きにはたまらないですね!

柏原さん:そうなんです!また、氷も長持ちするのでドリンクが薄まりにくいのが魅力。ハイボールやレモンサワーなどにもぴったりです。ドリンクの薄まりや結露を気にすることなく、自分のペースでお楽しみいただけますよ。

2010_thermos_14.jpg

―この容量だと氷をいっぱい入れても、たっぷり飲めそうですね。柏原さんは〈真空断熱ジョッキ JDK〉を愛用されているとのことですが、舛谷さんはいかがですか?

舛谷さん:私は、普段の食事で〈真空断熱タンブラー JDE〉をよく使っています。機能面では〈真空断熱ジョッキ JDK〉と変わらないのですが、サイズ感がちょうどよいんですよ。〈サーモス〉中でもメジャーな商品で、ギフトにもよく選ばれている人気シリーズなので、こちらもぜひお試しいただきたいですね。

NjsCnWuQ.jpegサーモス 真空断熱タンブラー JDE(420ml) 2,178円(税込)

―〈サーモス〉商品の魅力をたくさん聞けて、すでにこのボトルやマグカップでドリンクが飲みたくなっています。この取材が終わったら早速、ハンズへ直行したいと思います!(笑)

おわりに

おいしい温度でドリンクを楽しむために、こだわりがたくさん詰まった〈サーモス〉の商品。複数持ちをして、その時々で使い分けるのもよいですね。また、10/31(土)までの期間、サーモス製品を東急ハンズ(※)でお買い上げのお客様へ抽選で「ハンズギフトカード」が当たるキャンペーンを開催中。ぜひ店頭でチェックしてみてください!
※ネットストアは対象外です。

※工場生産遅延の影響で入荷日の遅れや商品仕様の変更が生じる場合がございます。
※掲載商品は一部店舗では取り扱いがない場合がございます。取り扱い状況については各店舗へお問い合わせください。
※掲載商品は、一部の店舗ではお取り寄せになる場合がございます。
※一部価格・仕様の変更、および数に限りがある場合もございます。
※掲載写真には一部演出用品が含まれます。
※商品価格等の情報は、掲載時点のものです。

この記事の関連タグ