【冬の防災用品】欠かせないのは食料、そして情報源。寒さ対策アイテムも忘れずに!

いつ起こるかわからない災害に備えて、防災用品の準備は万全ですか? 万が一の時には、非常食はもちろん、情報源の確保も大切。そしてこの季節なら、寒さをしのぐためのアイテムもチェックしておきたいところ。今回は、そんな視点でピックアップしたおすすめの防災用品をご紹介します。

火がなくても熱々の食事を。「エヴァンゲリオン」とのコラボにも注目!

発熱材によって火を使わずに熱々メニューが食べられる〈レスキューフーズ〉は、「日本災害食」に認定されています。温める際には同梱の加熱袋とパッケージの箱を活用。ご飯のトレーが皿になり、レンゲも付いているので、調理道具も食器も不要です。非常食としてだけでなく、アウトドアでも重宝しそうですね。
また、「エヴァンゲリオン」の作中に登場する特務機関NERV指定防災備蓄品という独自設定をコンセプトにした、ファンにはたまらないコラボシリーズも見逃せません!
※〈エヴァンゲリオン×レスキューフーズ 特務機関NERV指定防災糧食シリーズ〉はネットストアのみのお取り扱いです。
シリーズ一覧はこちら>>

2011_bosai_02_n.jpg

レスキューフーズ 一食ボックス カレーライス 994円(税込)
エヴァンゲリオン×レスキューフーズ 特務機関NERV指定防災糧食 ビーフカレー 1,512円(税込)

2011_bosai_01_n.jpg

レスキューフーズ 一食ボックス
和風ハンバーグライス 1,101円(税込)
牛丼 1,144円(税込)、シチュー&ライス 1,036円(税込)
エヴァンゲリオン×レスキューフーズ 特務機関NERV指定防災糧食
牛丼 ・ビーフシチュー ・中華丼・和風ハンバーグ 各1,512円(税込)

テレビとラジオで災害時の情報源を確保。スマホの充電もOK!

災害時には正しい情報を知ること、逃さないことが大切。テレビやラジオといった情報源はしっかり確保しておきましょう。今回おすすめするのは、電気が止まった状況でも手回しで充電できる、一体型ワンセグテレビ&ラジオ。AC充電とUSB充電のほか、乾電池での充電にも対応しています。
そしてさらに便利なポイントが、スマホの充電にも使えるところ。日常でも、災害時でも、情報収集ツールとしてスマホはもはや必須。充電の心配がなくなれば、安心感も違いますね。

2011_bosai_03.jpg

STAYER 手回し充電式ワンセグTVラジオ 16,280円(税込)

1台あると心強い。ケースも付いた実力派のカセットガス式コンロ

災害時に想定されるのは、ガスや電気が止まってしまうこと。お湯すら沸かせない、暖もとれない...そんな時の助けになるのがカセットガス式のコンロです。
ご紹介するのは、コンパクトながら2.3kWの高火力を誇るこちらの1台。炎の燃焼に必要な空気は通しながら、風は通さない「ダブル風防ユニット」で、屋外でも安定した炎の燃焼を実現します。すっきり収納できて持ち運びにも便利な専用ケース付きで、非常時の備えとしてもアウトドア用としてもおすすめですよ。

2011_bosai_04.jpg

イワタニ カセットフー タフまるJr. 9,878円(税込)
※カセットガスは別売り。大小どちらのサイズにも対応しています。

保存期間は実に5年。災害時用のストックに適した使い捨てカイロ

万が一、冬場に災害が起きて、暖房器具が使えなくなったとしたら...。そんな時におすすめなのがこちらの〈超温〉。保存期間はなんと5年!一般的な使い捨てカイロの有効期限が約2〜3年なので、その長さは群を抜きます。最高温度73℃、平均温度61℃の高温タイプで、温感(40℃以上)の持続時間も16時間としっかり長め。万が一の災害時用にストックしておくのにぴったりです。

2011_bosai_05.jpg

タカビシ化学 貼らないカイロ 超温(10個入) 550円(税込)

おわりに

しっかりとした備えが、日々の暮らしの安心につながります。いろいろと慌ただしくなる年末年始を前に、ここでもう一度、見直しておきませんか?

※工場生産遅延の影響で入荷日の遅れや商品仕様の変更が生じる場合がございます。
※掲載商品は一部店舗では取り扱いがない場合がございます。取り扱い状況については各店舗へお問い合わせください。
※掲載商品は、一部の店舗ではお取り寄せになる場合がございます。
※一部価格・仕様の変更、および数に限りがある場合もございます。
※掲載写真には一部演出用品が含まれます。
※商品価格等の情報は、掲載時点のものです。

この記事の関連タグ