株式会社 添島勲商店

株式会社 添島勲商店
日本人が「いぐさ」との生活を始めて数千年。1949年創業の添島勲商店は、その素朴な自然素材を織り続け、伝統を受け継ぎ、技を磨いてきました。先人達の熱い思い、かけがえのない自然を大切に受け止め、魅力ある国産いぐさ100%の製品を提案し続けています。
「生産者の顔が見える安心・安全で高品質のいぐさを、現在のライフスタイルに合うようデザインする」こだわりのもと、デザイナーやブランドとのコラボも積極的に行って斬新ないぐさ製品を次々生み出しています。
1990年には、いぐさ業界では初めてグッドデザイン賞を受賞しました。

インベーダー柄いぐさ畳&マット

135

{インテリア}

【マットは配送無料地域あり】
あの大ヒットゲームが『フロア畳』や『マット』になって帰ってきた!

インベーダー柄いぐさ畳&マット
Feature.01
いぐさのスペシャリスト添島勲商店と、話題のファッションブランドFUGAHUMがコラボ

いぐさのスペシャリスト添島勲商店と、話題のファッションブランドFUGAHUMがコラボ

「宇宙人との戦いが畳の上で始まった!」という驚きとどよめきが広がったのは、2014年春のことでした。東京で行われたイベント(独立行政法人中小企業基盤整備機構主催)会場に、斬新なデザインの畳が並んだのです。浮かび上がる織り柄は、1970年代末に大ヒットしたアーケード型シューティングゲームSPACE INVADERS(スペースインベーダー)。目にした中高年世代は「なつかしさに胸キュン!」、若い世代は「かわいい」「新鮮!」と大きな反響を呼びました。そして作品は、イベント終了とともに商品化へと動き出したのです。

このイベントは、選ばれし14組の“日本の伝統技術”と“ファッションクリエイター”チームが、それぞれタッグを組み、新たなプロダクトを創作するという主旨のものでした。このインベーダー柄畳に“日本の伝統技術”を提供したのが、現代のライフスタイルに合ったいぐさ製品を開発し、国内外に発信する添島勲商店です。一方の“ファッションクリエイター”は、哲学的なメッセージを込めた、オリジナリティの高いデザインを提案するブランドFUGAHUM(フガハム)です。

デザイナーとのコラボを積極的に行う添島勲商店と、日本の職人とのものづくりに取り組んできたフガハムとのコラボは、まさに阿吽の呼吸で進行したようです。デザインの発想は、福岡のいぐさ工場で畳に囲まれながら生まれたといいます。目指したのは、日本独自の文化である畳とゲームキャラクターの融合でした。すでにあるものを新しい視点で捉え、デザインすることが大切だというフガハムの強い意識のもと、こんなにインパクトのある“なつかしい新作”が生み出されたというわけです。

もちろん、ゲームの生みの親であり、キャラクターの所有者である株式会社タイトーからも、公式ライセンス商品として認定されています。スペースインベーダーはすでに数年前から、ファッションアイコンとして世界で注目されており、超クールなJapanアイテムになっているということは、案外知られていないかもしれません。でも、こうして商品化されてみれば、間違いなく時間も空間も越え、ハートに迫り来る魅力があります。あなたやあなたの家族、友人たちと集う空間のアクセントとして、絶大な効果を発揮するはずです。

Feature.02
いぐさ×立体的な織りによる、質感・柄浮きの魅力

いぐさ×立体的な織りによる、質感・柄浮きの魅力

フガハムから最初にスペースインベーダーの図案を提示された時、添島勲商店が真っ先に考えたのが、“柄を立体的に表現する”ということでした。そのため、柄をハッキリ表現できる経糸を多く使った織り方をセレクトし、より立体的に見せるための組織の工夫を細かく検証したのだそうです。

確かに近くで見ると、インベーダーやUFOたちの色糸がぷっくりと浮いているようで、ジグザグした織り柄の背景をずんずん前に進み、賑やかに戦う雰囲気が伝わってきます。昔遊んだ世代なら、「ピコピコ、キューンキューン」というあの音が、頭の中に響いてくるかもしれませんね。

いぐさ自身に調湿性があるのに加え、織りの細かな凹凸によっても、サラッとした触感になっています。目で楽しみ、触れて心地よい、織りの力。これぞ匠たちの巧みの技です。

Feature.03
国産いぐさで子供にも安心。四季を通してずっと心地よい!

国産いぐさで子供にも安心。四季を通してずっと心地よい!

この商品にはまた、「これを見た他のデザイナーなどが、『いぐさでこんなことができるんだ』『自分たちだったらこうする』と触発されてほしい」という、いぐさへの思いも込められています。

今では和室が住宅からどんどん姿を消しているのが実情ですが、畳やござ(マット)など、いぐさの上敷きには、高温多湿な風土に暮らしてきた先人たちの知恵や工夫が詰まっています。そうした貴重な文化を失ってしまわないためにも、新たないぐさの可能性にアプローチし続けているのが、添島勲商店なのです。

畳の材料の藁やいぐさは、湿度が高い季節は湿気を吸収し、乾燥した季節には湿気を放出してくれるため、夏は涼しく冬は暖かいという特長があります。それは、いぐさの表皮にはたくさんの凹凸・気孔があり、芯はヘチマに似たスポンジ状の構造をもっているからです。調湿性だけでなく、ホルムアルデヒドや二酸化窒素などの有害物質を吸着したり、足裏に心地よい弾力性を与えてくれる効果もあります。ほかにも、雑菌の増殖を抑える抗菌作用があるので、足の臭いが気になる方にもうれしい素材といえるでしょう。特有の香り成分(フィトンチッド・αーシペロン・バニリンなど)による癒し効果、鎮静作用もあります。

いぐさが四千年以上もの歴史を超えて暮らしの中に受け継がれてきているのは、日本の自然風土に適していると同時に、自然と寄り添う日本人の感性にとても相性のよいものだから。フロア畳やマットなら、そうしたいぐさの利点を洋風の住まいにも手軽に取り入れることができます。歩き回っても、ごろんと寝転がっても、汗をかく日でも凍える日でも、ずっと気持ちいい…そんな床材、ほかにはなかなかありません。安全にこだわって育てた国産100%いぐさを使っているので、小さな子供がいる家でも安心して使えます。

Feature.04
一部地域送料無料!

インベーダーマットに限り、一部地域配送料無料です!

北海道 500円
沖縄県、その他諸島 2000円
上記以外の都道府県 無料

※他の商品と同時購入の場合は、商品に応じた配送料が別途掛かります。ご注意ください。

PRODUCT
商品一覧