株式会社 オプティマス

株式会社 オプティマス
株式会社オプティマスは2012年創業の塗料販売会社です。「オプティマス」は、堺市の支援のもとに大阪府立大学と共同開発した、光触媒塗料(特許取得済み)のブランド名でもあります。高尾代表はアメリカの大学でマーケティングを学び、東京のIT関連会社に勤めた後、タイに渡って母親が経営する塗料メーカーの製品を販売・施工しました。その数々の営業経験から導かれるように、高機能塗料「オプティマス」が誕生したのです。「自分の空間は、自分スタイルにデザインしてこそ居心地がよい」をコンセプトに、好きな服を身につける感覚で、部屋の壁も自分好みに気軽に塗り替える暮らしを提案しています。

高性能光触媒エコ塗料

155

{DIY・塗料}

自分色の空間が気持ちいい! 空気を浄化する光触媒エコ塗料

高性能光触媒エコ塗料
Feature.01
オプティマスなら半永久的に空気を浄化、保温効果をアップ

オプティマスなら半永久的に空気を浄化、保温効果をアップ

OPTIMUSはラテン語で『最高の条件』を意味します。光触媒エコ塗料オプティマスは、日本の最先端技術を利用し、生活環境を『最高の条件』にもっていくための塗料として、大阪府堺市・大阪府立大学院工学研究科・オプティマスの産学官連携によって開発されました。

光触媒とは、太陽光や可視光(蛍光灯やLEDなどの照明光)を吸収して化学反応を起こす物質のこと。空気中の水と酸素から強い酸化力をもつ活性酸素を作り出し、シックハウスや汚れの原因となる物質、悪臭の原因となる細菌などを分解して、無害な炭酸ガスや水に変えます。その結果、環境がクリーンになり、抗菌、防汚、脱臭効果が得られるのです。

これまでの光触媒塗料は太陽光のみに反応するものが主流でしたが、金属イオンを用いているオプティマスなら、照明光にも反応するのが大きなポイント。室内で効率よく作用するうえ、光触媒自体は酸化も還元もされないため、機能の低下はなく、その効果は半永久的に持続します。つまり一度オプティマスを塗れば、塗膜の寿命(5~8年)が来るまで、ずっと空気をきれいにし続けてくれるのです。

またオプティマスの断面を顕微鏡で見ると、独自に開発したマイクロサイズのスーパーキャプセルがぎっしり集積しています。このスーパーキャプセルの表面に光触媒が付着している構造(特許取得済)なので、効率的な空気の浄化だけでなく、熱の移動を妨げる効果も発揮。冬場は少しの熱源でも温かく、夏場は冷房効率がよくなって、省エネ効果につながります。

Feature.02
オプティマスの効能

オプティマスの効能

オプティマスは食品衛生法にもパスしており、人体に安全です。小さなお子さんやペットなどがいるご家庭にも安心してお使いいただけます。

Feature.03
壁色を変えれば、空間は劇的に変化する

壁色を変えれば、空間は劇的に変化する

色が人の感情に働きかけることは、よく知られています。その日の気分によって身に着けたい服の色は異なり、女性であればメイクの色が変わります。食卓に並ぶ料理も、彩り次第で食欲がわいたり減退したりします。これを踏まえ、色によって気持ちを落ち着かせたり、明るくしたり、集中力を高めたりといったカラーブランディングが、身の回りの品には当たり前のように適用されています。

このことは住空間にももちろん当てはまるわけですが、さて、あなたの住まいはあなたを心地よくする色で構成されていますか? たいていの方はカーテンやカーペット、ベッドカバー、クッションなどで色使いの効果を楽しんでいらっしゃることでしょう。ところが最も大きな面積を占める内装の色は、(持ち家にもかかわらず)簡単には変えられないとあきらめている方が大半ではないでしょうか。

オプティマスは生活環境を『最高の条件』に整えるだけでなく、「壁の色を自由に変えるという欧米ではおなじみのライフスタイルを、日本人にも楽しんでほしい」と提案しています。そのために用意したのが、ペイント経験のない方にも簡単に塗れる、粘度の高い塗料です。色はヨーロッパの内装を意識したカラーバリエーション全9色で、どれも光沢のないマットな質感に仕上がって、高級感と重厚感を演出してくれます。全部の壁を塗らなくても、一面だけ、一部だけを塗ることで、空間の印象はガラリと変わるもの。手始めに、臭いや雑菌の気になるトイレの壁をペイントしてみませんか?

Feature.04
オプティマスなら誰でも気軽にDIY!

オプティマスなら誰でも気軽にDIY!

オプティマスは、専門業者に依頼することなく、自分で施工できる塗料です。日本の住宅の内装はクロスが約9割と言われていますが、オプティマスはクロスの上から塗ることができます。他にも石膏ボード、木部、コンクリート、砂壁など、下地処理と養生を丁寧に行えば、初心者にも難なく塗ることができます。

1リットルのオプティマスなら約2.5平方メートルの面積(およそトイレのひとつの壁面に相当)を、3リットルなら約7.5平方メートルの面積(およそ6畳間のひとつの壁面に相当)を、それぞれ2回塗りできます。余った塗料は空気を抜いた後ふたをしっかりと閉めておけば、数ヶ月後まで使えます。傷の補修用として保管しておきましょう。

<オプティマスでDIY>
1)道具(マスキングテープ、マスカー、バケツ、ローラーハンドル、ローラー、隅用ハケ)を準備。これらは全て「オプティマス スターターキット」で揃います。
2)壁の汚れを拭き取ります。ヤニが付着したクロスは、市販のヤニ止めシーラーで下地処理を行ってください。
3)塗料をつけない部分との境界線にマスキングテープを貼り、その上にマスカー(テープにビニールがついたもの)を重ねて、養生します。この重ね貼りなら、剥がす時に壁紙を傷めません。
4)壁と塗料の接着をよくするため、下地を整える役割のプライマー(下塗り剤)を塗装します。壁の材質によってプライマーの必要量が異なります。プライマーは未開封のままよく揉み、バケツでよく混ぜたあと、水を入れて使いやすい固さまで薄めて使います(水希釈は5%まで)。
5)プライマーが乾いたら、上塗り1回目。ローラーを大きく動かし、ムラなく塗ります。
6)1回目が乾いたら、上塗り2回目。2回塗りすることでキレイに仕上がります。
7)養生を外し、完全に乾いたら完成です。
※詳しい使用方法についてはこちらを参照ください/http://www.optimusdiy.jp/index2.html

PRODUCT
商品一覧