ヘアケア今のままでOK?こだわれば変わる!美しい髪のつくり方

お肌は念入りにケアをするけど、ヘアケアはそれほど...という方は少なくないはず。髪もお肌と同じように、日々ダメージを受けています。きちんとケアをすれば、加齢とともに増える髪悩みとも上手に付き合えるはず!ここでは、〈ラ・カスタ〉が提唱する「スキンケア発想のヘアケア」についてご紹介。ヘアケアにこだわれば、あなたの髪はもっと美しくなる!

【目次】

  • スキンケア発想で考えるヘアケアとは?
  • スキンケア発想で!美髪を育むヘアケア方法
  • おすすめヘアケアアイテム&ケア方法
  • ブラッシングは用途に合わせて使い分けて
  • スキンケア発想で考えるヘアケアとは?

    ―誰もが羨む美しい髪を目指すべく、本日はヘアケアブランド〈ラ・カスタ〉さんにお邪魔しています。お話を聞くのは、石井さんと細川さん。本日はよろしくお願いします。

    石井さん・細川さん:よろしくお願いします。

    ラ・カスタ ブランドマネージャー 石井さん〈ラ・カスタ〉ブランドマネージャー石井さん

    ラ・カスタ オフィシャルヘッドセラピスト 細川さん〈ラ・カスタ〉オフィシャルヘッドセラピスト細川さん

    石井さん:私からは〈ラ・カスタ〉の歴史と製品へのこだわりについて、細川からは美しい髪へと導くヘアケア方法をご紹介します。

    スキンケア発想のヘアケアとは?

    ―早速ですが、〈ラ・カスタ〉はどういったヘアケアブランドなんでしょう。

    石井さん:〈ラ・カスタ〉は、「植物の生命力と癒し」をコンセプトに、ヘアケア製品を開発しているブランドで、今年で27年目を迎えます。ブランドのはじまりは、当時の社長がアロマテラピーの書籍と出会ったことがきっかけ。アロマテラピーの美容や健康への働きに感銘を受け、本場イギリスまで書籍の著者に会いに行くことから始まりました。その後、長野県の自然豊かな地で製品づくりを行っているヘアケア専門メーカーである強みを生かし、ヘアケア製品を通じてアロマテラピーの奥深さや植物が持つ力の美容と健康への関わりをお客様にお届けしたい想いから、〈ラ・カスタ〉を立ち上げました。

    ラ・カスタ ヘアケアアイテムシリーズ

    ―〈ラ・カスタ〉は、髪の「化粧水」や「美容液」など、ヘアケアアイテムのラインナップが豊富ですよね。

    石井さん:〈ラ・カスタ〉は、「スキンケア発想のヘアケア」を提唱しています。髪や頭皮もお肌と同じように紫外線や乾燥などの影響で日々ダメージを受けています。だからこそ、スキンケアのように専用のケアで髪や頭皮を労り、ダメージを軽減することが大切なんです。

    ―髪や頭皮は、お肌ほどダメージに気がつきにくくお手入れも二の次になりがちです...。

    石井さん:そうですよね。だけど、ヘアケアもきちんと力を入れた分、美しい髪に繋がりますよ。

    ラ・カスタのこだわり

    ―〈ラ・カスタ〉製品はどれもよい香りですよね。

    石井さん:ありがとうございます。香りにはこだわりを持っておりまして、全製品香りを変えているんです。

    ―全てですか!どの〈ラ・カスタ〉製品も香りが強すぎず、やさしく心地よく香りますよね。

    石井さん:そこもこだわりの一つで、〈ラ・カスタ〉では「ラベンダー」「ローズ」など、何か一つの香りを引き立たせるというつくり方をしておらず、すべての香りを調和させることを心掛けています。目指しているのは「○○の香りと表現できないけれど何だかとても心地よい香り」と思ってもらえること。香りに角がなく、どの製品の香りも繊細なブレンドで心地よい香りになるように開発しています。

    ―製品の開発の際には新たな香りの発見がありそうですね!他にはどのようなこだわりがありますか?

    石井さん:〈ラ・カスタ〉の製造工場がある長野県大町市に自社農園(ラ・カスタ ナーセリー)を構えており、植物の研究もそこで行っています。また、製造工場の隣には、〈ラ・カスタ〉の世界観を五感で感じていただける、ラ・カスタ ナチュラル ヒーリング ガーデンもあります。

    ―長野県ですか!

    石井さん:とても自然豊かな場所ですよ。環境は、植物を育てる上でとても大切。植物達は栄養が豊富な土、長野県大町市を流れる北アルプスの雪解け水で育つためとても力強いです。私達がこの土地にこだわった理由も、この水の存在が大きいんです。化粧品をつくる上で、ベースとなる水はとても大切。ここにどれだけこだわれるか、というのが美しさの鍵に繋がると考えています。

    ―北アルプスの天然水は〈ラ・カスタ〉製品の源なんですね。豊かな環境を生かした〈ラ・カスタ〉の特長は他にもありますか?

    石井さん:例えば「エキナセア」。メディカルハーブとして昔から親しまれているハーブです。自社農園で農薬を使用せずに育てたエキナセアのエキスを、全ての〈ラ・カスタ〉製品に配合しています。

    ―初めて聞く植物です。自然のパワーで美しくなれるのは素晴らしいですね。

    石井さん:こだわりは他にもあります。〈ラ・カスタ〉といえば、シャンプーとトリートメントが定番アイテムですが、シャンプーの泡立ちのよさにはかなり力を入れています。

    ―自然由来の成分を使用したシャンプーは、泡立ちがよくないイメージがあります。

    石井さん:そうですよね。しかし、泡は頭皮や髪をやさしく、効果的にケアするのに欠かせないもの。研究開発を重ねることで、摩擦を軽減するクッション性の高い濃密泡を生み出すことができました。

    スキンケア発想で!美髪を育むヘアケア方法

    ―ここからは、細川さんにバトンタッチし、髪にダメージを与えるNG習慣と、おすすめのヘアケア方法について教えていただきます。

    NG習慣①朝シャワー

    細川さん:よろしくお願いします。まず、NG習慣についてですが、頭皮を傷つける行為はNG!例えば、髪を洗いすぎること。夏の時期に、朝シャワーをする方は多いと思いますが、頭皮の洗いすぎは乾燥に繋がるため、あまりおすすめしません。

    ―夏場は汗をかくのでどうしてもシャワーをしたくなるんですよね...。

    細川さん:どうしても朝シャワーしたい方は、シャンプーは使わずに、湯シャンで済ませるとよいです。きしみ感が気になる方は、湯シャン後トリートメントだけするのがおすすめです。

    NG習慣② ゴシゴシタオルドライ

    細川さん:お風呂から上がった後のタオルドライ、ゴシゴシと拭いていませんか?濡れている髪は、キューティクルが開いている状態のため、ゴシゴシ拭いてしまうと摩擦で切れ毛や枝毛の原因に繋がるんです。

    ―ゴシゴシ拭いていました...。ではどうすればよいのでしょうか?

    細川さん:タオルの上からマッサージをするように頭皮の水分を取り、髪は手のひらでプレスするように水分を吸収する。これだけでOKです!

    ―なるべく負担をかけないよう、やさしく、ですね!

    NG習慣③ハーフドライのまま外出

    細川さん:髪を完全に乾かさないこともNG習慣の一つです。濡れた髪は、キューティクルが開いている状態のためダメージを受けやすい状態。ハーフドライのまま外へ出た時点でダメージは進行します。

    ―においの原因になるとも聞いたことがあります!

    細川さん:その通り!頭皮ににおい菌が増殖してにおいの原因に。お風呂から出た後は、すぐにドライヤーをし、完全に乾かしましょう。

    NG習慣④髪に何も付けずに外出する

    細川さん:何も付けていない髪は無防備な状態なので、紫外線などのダメージを直に受けることに。そのため、外出前にスタイリング剤やオイルなどを髪になじませておくのがおすすめです。外的ダメージを軽減することができます。

    NG習慣⑤髪の縛りすぎ

    細川さん:ポニーテールやお団子ヘアなど、毎日同じヘアアレンジをすると、髪が引っ張られた状態になるため、薄毛の原因に繋がります。また、いつも同じ分け目でいることもおすすめはしません。紫外線ダメージにより薄毛の原因にも。日々分け目をずらしたり、アレンジを変えてみることもおすすめです。

    おすすめヘアケアアイテム&ケア方法

    ―ここからは、〈ラ・カスタ〉のケアアイテムとスキンケア発想のヘアケア方法をご紹介いただきます!

    シャンプー・トリートメント

    細川さん:〈ラ・カスタ〉のシャンプー〈アロマエステ ヘアソープ〉とトリートメント〈アロマエステ ヘアマスク〉は、髪質や仕上がりに合わせて選べる6種類をご用意しています。

    ラ・カスタ アロマエステ ヘアソープ・ヘアマスク

    アロマエステ ヘアソープ・ヘアマスク(左から16、48、11、21、35)各2,200円(税込)

    ―6種類も!シャンプーの種類といえば「しっとり」「さっぱり」程度しかイメージがありませんでした。

    細川さん:〈ラ・カスタ〉は、よりお客さまの髪質やなりたい仕上がりを叶えるために、処方開発にこだわっています。 例えば、〈ラ・カスタ〉定番人気の「35」「21」は、いわゆる「しっとり」「サラサラ」タイプ。ハリ・コシがほしい方は「48」、カラーヘアを美しく保ちたい方は「16」のシリーズがおすすめです。

    新商品の「82」は、においが気になる方向けのシリーズ。独自の複合成分を配合し、においの元になる汚れをすっきり落とし、キューティクルをなめらかに補修します。毛先まで清らかな髪と頭皮に仕上げるので、においが気になる方におすすめです。

    ラ・カスタ アロマエステ ヘアソープ・ヘアマスク 82

    アロマエステ ヘアソープ・ヘアマスク 82 各2,200円(税込)

    ―夏場は頭皮のにおいが特に気になるので重宝しそうですね。

    髪の化粧水

    細川さん:先程、スキンケア発想のヘアケアをおすすめしているとお話しましたが、ここで登場するのが「化粧水」の役目を担う〈アロマエステ ヘアローション〉。

    ラ・カスタ アロマエステ ヘアローション(左からエモリエント、モイスト、スムース)

    アロマエステ ヘアローション(左からエモリエント、モイスト、スムース)各1,760円(税込)

    ―「S」「M」「E」と3種類ありますね。それぞれどのように選べばよいですか?

    細川さん:「S」のスムースは絡まりやすい髪をサラサラに仕上げたい方に、「M」のモイストはダメージヘアをしっとりまとめたい方に、「E」のエモリエントは、乾燥による広がりをケアし、柔らかく仕上げたい方におすすめです。

    ―どれくらいの量を付けたらよいのでしょうか?

    細川さん:お肌と同じように、たっぷりと浸透させることがポイントです。ミドルヘアで、だいたい左右各10プッシュほどを手のひらにとり、なじませます。最もダメージを受けているのは毛先なので、まずは毛先から中間にかけてもみ込み、その後全体になじませるという二段階で浸透させましょう。

    髪の美容液

    細川さん:化粧水をつけた後は、油分でしっかり蓋をしましょう。〈アロマエステ〉シリーズの美容液は「ヘアエマルジョン」「ヘアミルク」「ヘアオイル」の3種類があり、こちらも髪質や目指したい仕上がりに合わせて選んでいただけます。

    ラ・カスタ アロマエステヘアエマルジョン  ヘアミルク  ヘアオイル

    左から:アロマエステ ヘアエマルジョン 2,750円(税込)、ヘアミルク 2,750円(税込)、ヘアオイル3,300円(税込)

    ―それぞれ特徴を教えてください。

    細川さん:「ヘアエマルジョン」は、キューティクルを整えてサラサラに仕上げます。ツヤを出したい方にもおすすめ。
    「ヘアミルク」は、髪のパサつきや広がり、うねりが気になる方に。みずみずしいミルクが髪内部に浸透しながら、表面も整えてくれるので、雨の日のケアにもぴったりです!
    「ヘアオイル」は厳選した植物油が、髪にうるおいと柔軟性を与えます。ウェットに仕上げたい時のスタイリング剤としても活躍しますよ。

    ―髪の状態はもちろん、その日の天気と相談してヘアケアを行うのがよさそうですね。

    スキャルプケア

    細川さん:続いてご紹介するのは、頭皮専用のケアアイテム〈アロマエステ スキャルプ クレンジング リファイン〉と〈アロマエステ スキャルプ リペア エッセンス〉です。

    ラ・カスタ アロマエステ スキャルプ クレンジング リファイン アロマエステ スキャルプ リペア エッセンス

    左:アロマエステ スキャルプ クレンジング リファイン 2,200円(税込)
    右:アロマエステ スキャルプ リペア エッセンス 3,850円(税込)

    ―頭皮にもクレンジングが必要なんですか!?

    細川さん:しっかり洗っているという方でも、スコープで頭皮を拝見させていただくと毛穴に白い塊が詰まっている方が多くいらっしゃいます。

    頭皮チェックシート

    細川さん:この塊は、シャンプー時に洗いきれなかった皮脂が、空気に触れて酸化し固まった「過酸化脂質」です。頭皮のにおいやベタつきの原因です。過酸化脂質になってしまうといつものシャンプーでは落とせなくなってしまいます。

    ―そ、そんな...。

    細川さん:そのため、頭皮もクレンジングが必要!シャンプーでは落としきれない汚れをオフすることが大切です。

    ―ぜひ、この商品について詳しく教えてください!使い方は?

    細川さん:使い方は簡単。髪を濡らす前の頭皮に、マッサージをするようにもみ込んでなじませるだけです。心地よい清涼感と香りでリフレッシュしながら頭皮全体になじませたら、しっかりすすぎ、その後いつもどおりシャンプーをすればOK。頭皮クレンジングは週一回のケアがおすすめです。

    ―使ってみたいと思います!〈アロマエステ スキャルプ リペア エッセンス〉はどういったアイテムでしょうか。

    細川さん:頭皮専用の化粧水です。肌は日焼けをすると痒くなるなど炎症を起こしますよね。しかし、頭皮は日焼けしても炎症に気が付きにくいです。

    ―確かに、目で見て分かりづらいのでケアをしたことがないですね...。

    細川さん:そのままにしておくと、頭皮が炎症を起こしさまざまな髪トラブルの原因になる場合があるので、きちんとケアした方がよいです!〈アロマエステ スキャルプ リペア エッセンス〉は、頭皮にしっかり届くジェット式なので頭皮に浸透しやすく、しっかり保湿できます。

    ブラッシングは用途に合わせて使い分けて

    細川さん:美しい髪を育む上で、ブラッシングも重要なヘアケアの一つ。ここでは用途に合わせたブラシをご紹介します。

    ラ・カスタ ヘッドスパブラシ

    左:ヘッドスパ スキャルプブラシ 2,200円(税込)
    右上:ヘッドスパ アラトギブラシ 2,750円(税込)
    右下:ヘッドスパブラシ 3,300円(税込)

    ―ヘアブラシも用途によって使い分けるのか...。美髪を目指すのは大変ですね!

    細川さん:そうですね。しかし、丁寧なケアがよりよい髪質へと導く鍵となるので、髪の美しさにこだわりたい方はブラシも使い分けてケアをするのがおすすめです。では、それぞれのブラシについて説明しますね。

    ―よろしくお願いします!

    細川さん:まずは、〈ヘッドスパ アラトギブラシ〉。「粗く梳かす」ことにこだわったブラシで、シャンプー前の髪が乾いている状態で使います。頭皮にしっかり届き、毛量の多い方でも心地よく髪を梳かすことができます。また、マッサージ効果だけなく、髪のもつれをといたり、毛穴の汚れを浮きやすくする効果もあるので、シャンプー前のブラッシングはぜひ取り入れていただきたです。

    ラ・カスタ ヘッドスパ アラトギブラシ

    髪を梳かす時は柄の部分を短く持つか、クッション面を支えるように持つと力の加減がしやすいです。

    ―〈ヘッドスパ スキャルプブラシ〉はいかがでしょうか。

    細川さん:こちらはインバス用のブラシです。ブラシの部分が細いピンになっており、汚れをかき出しやすくなっています。よく見るとピンの長さが中央と外側で違っているのが分かりますか?

    ラ・カスタ ヘッドスパ スキャルプブラシ

    ―白い円形部分が短く、周りの茶色部分が長いですね。

    細川さん:それぞれ役割があり、茶色の長い部分は汚れをかき出し、白い部分は固めのピンになっているので、頭皮に心地よい刺激を与えるマッサージ効果があります。頭皮クレンジングやシャンプーの際に一緒に使うのがおすすめです。

    ―すっきり洗えそうですね!

    細川さん:最後に〈ヘッドスパブラシ〉。こちらは朝のブラッシングにおすすめの一本。ナイロンピンと豚毛のミックス毛のブラシで、豚毛が髪表面のキューティクルを整えて、ツヤのある髪に仕上げます。同じ箇所を何度かくり返し梳かすことで、髪の広がりも防げますよ。

    ラ・カスタ ヘッドスパブラシ単品

    ―今回の取材で、ヘアケアはスキンケアと同じくらい大切であることを理解しました。むしろ、今までどうしてヘアケアを蔑ろにしていたんだろう...と。

    細川さん:自分に合うヘアケアアイテムで、お肌と同じ様にケアをすると、髪の状態はみるみるよくなります。髪が美しいと、気分も上がりますよね。ぜひ、植物の心地よい香りとともにヘアケアを楽しんでいただきたいです!

    ―早速今日から実践してみます!ありがとうございました。

    おわりに

    スキンケア発想のヘアケア。〈ラ・カスタ〉のこだわりアイテムを使って、皆に褒められる美髪をゲットしましょう!

    9/10(土)~9/25(日)に開催される【ハンズフェス】では、「ラ・カスタ」のスタッフが頭皮スコープチェックをもとに、髪のお手入れ方法やおすすめ商品をご提案します!(新宿・博多・長野店のみの開催)
    詳細はこちらから!>>

    好奇心うずく、ハンズの文化祭!!ハンズフェス特設サイトはこちら>> ハンズフェス2022

    ※工場生産遅延の影響で入荷日の遅れや商品仕様の変更が生じる場合がございます。
    ※掲載商品は一部店舗では取り扱いがない場合がございます。取り扱い状況については各店舗へお問い合わせください。
    ※掲載商品は、一部の店舗ではお取り寄せになる場合がございます。
    ※一部価格・仕様の変更、および数に限りがある場合もございます。
    ※掲載写真には一部演出用品が含まれます。
    ※商品価格等の情報は、掲載時点のものです。

    この記事の関連タグ