みんなで使える!マミーボディミルクのご紹介

こんにちは!静岡店のビューティコンシェルジュ藤浪です。
今年の冬はとても暖かくて過ごしやすいですね。
毎年この時期はファンヒーターやエアコンをつけているのですが、静岡では今のところそこまでの冷え込みがなく、あまり暖房機器が活躍していません。冬らしい寒さがあまりなくて寂しいな...なんて思っていましたが、冬の大敵『お肌の乾燥』はしっかり冬を伝えてくれますね。

そんな冬のボディの乾燥対策に『KISS ME Mammy! ボディミルク』のご紹介をさせていただきたいと思います。

image1.jpg

マミーボディミルク
無香料(左)         JAN:4901433075237 1,200円+税
シトラスの香り(中央)    JAN:4901433074988 1,200円+税
濡れた肌に使えるボディミルク(右)
               JAN:4901433075206 1,300円+税

こちらのボディミルクの1番の特長は、食品由来成分100%(青いパッケージは99%)でできていること!さらに「着色料」「鉱物油」「防腐剤」「アルコール」「合成香料」が添加されていないのでやさしい使い心地となっています。

パッケージもクマの形でとてもかわいいですよね。
お母さんクマが子どもを抱っこしているパッケージなのですが、そのパッケージどおり、お子さまと一緒に使えます。

生後6か月のお子さまから使用できますし、200gの大容量タイプなので、家族みんなで使えるボディミルクです。

この3種類の中で特に私がオススメしたいのが数量限定で販売している「濡れた肌に使えるボディミルク」です。
その名の通り濡れた肌に使えるのがポイント!
定番商品のボディミルクの低刺激&弱酸性のよさをそのままに、お風呂上がりにすぐ使えるのでとっても便利なんです。

image2.jpg

お風呂上がりに、濡れたままの状態で塗っていきます。

image3.jpg

濡れたお肌の上にスルスル塗るので伸ばすのが楽ちんです。ポンプタイプなのでキャップがなかなか開かないってイライラもないですよね。
全身にミルクを塗り終えたら...最後の仕上げ

image4.jpg

タオルで拭いちゃいます。

一般的なボディミルクですと、濡れた肌にミルクをのせて伸ばせはするものの、タオルで拭ってしまうと重要な保湿成分まで拭きとってしまい、お肌の上にほぼ残ってくれませんが、このボディミルクはタオルで拭いた後もしっとり潤ってくれます。


もちろん乾いたお肌にも使えるのですが、「ボディミルクを塗る習慣がなくて忘れてしまう」という方には、暖かい浴室内で塗るのがとてもオススメ!(私も塗るのを忘れるタイプなので重宝してます。)


あと、元気なお子さまにも浴室でちゃちゃちゃっと濡れちゃうのもとってもいいですよね。

まだまだこれからも空気の乾燥は続きます。
ボディもしっかり保湿して、薄着の季節に備えていきましょう。

※一部、取り扱いのない店舗もございます。予めご了承ください。

ビューティコンシェルジュ

東急ハンズのビューティコーナー(ビューティライン)専属のスタッフのことをビューティコンシェルジュと呼んでいます。 美容やコスメに関する知識を深めているエキスパートですので、ご来店する際に、美容の悩みやケア方法、自分に似合うコスメの色などお気軽にご相談ください。

この記事の関連タグ