【靴のお手入れ】初心者でも簡単?シューケアマイスターが基本の手順と方法をレクチャーします

靴のお手入れ、正しく出来ていますか?そもそも、お手入れしていますか?今回は、シューケア初心者がお手入れの基本をシューケアマイスターにじっくり教わる、リモートレッスンの模様をお届けします。これから始めてみたい方はもちろん、日頃からケアをされている方も、確認の意味でぜひ参考に!

基本から教えるリモートレッスン。今回の主役はこちらの2人!

2102_shoecare_01.jpg

東急ハンズ岡山店 シューケアマイスター 高原
今回のレクチャーはリモートで行いました。

シューケアマイスターとは:「一般社団法人 日本皮革製品メンテナンス協会」が主催するシューケアマイスター試験に合格した、シューケアに関する知識とスキルを兼ね備えたスペシャリストのこと。

シューケアマイスターに関する記事一覧はこちら>>

2102_shoecare_02.jpg

東急ハンズ ITソリューション部 大場

大場:高原さん、こんにちは。最近になって革靴を履く機会が増えたんですが、全然お手入れができていないので...。今日はみっちり教えてください!

高原:お任せください!ちなみに全くお手入れしたことがない感じですか?

大場:ホコリを払うくらいなら...。でも何も知らないも同然です(笑)どんなアイテムが必要かもわかりません。

高原:教え甲斐がありそうですね(笑)いきなりいろいろ揃えるのは大変なので、初めての方にはこちらがおすすめです。

2102_shoecare_03.jpg

コロンブス×東急ハンズ シューケアスターターセット ブラック 3,740円(税込)

高原:ブラシ2種類、クリーナー、靴クリーム、クロス、グローブクロスという、基本アイテムをコンパクトにまとめたセットです。

大場:このセットがあれば始められるんですね?

高原:はい。創業100年を越えるシューケア用品の老舗コロンブスさんとのコラボなので品質も確かですよ。ではこちらを使って、さっそく実践してみましょう!

STEP.1 ブラシでホコリを落とす

高原:まずは全体をブラッシングしてホコリを落とします。シューキーパーを使うのがベストですが、無い場合は自分の手を猫の手のようにして、靴の甲の部分を伸ばす感じでグッと入れてください。

大場:こんな感じですか?

2102_shoecare_04.jpg

高原:はい。ブラシが2本ありますが、まずは毛足の長い方を使います。素材はしなやかな馬毛です。手にフィットするオリジナルの形状なので、側面の溝に指をかけて、親指と小指で挟むように握ると安定しますよ。

2102_shoecare_05.jpg

大場:ブラッシングのコツはありますか?

高原:踵からつま先に向けて、箒で払うように一方向にブラシをかけます。細かくではなく、ブラシの面を広く使って大きく動かしましょう。

2102_shoecare_06.jpg

一方向に払うように、踵側からつま先側へ縦の動きで。甲部分は横の動きで。

大場:どれくらい力を入れるものですか?

高原:あまり力は入れず、ブラシの重さを使うくらいで。ホコリの溜まりやすい甲や溝などは念入りにやりつつ、全体が払えたらOKです。ホコリで曇っているだけなら、ブラッシングだけでけっこうキレイになります。

大場:ホコリを取るくらいはやっていると言いましたが、こんなに取れるとは。甘かったです(笑)

高原:軽くで構わないので、ブラッシングをマメにやると全然違いますよ!

STEP.2 クリーナーで汚れと古いクリームを落とす

高原:ブラッシングが終わったらクリーナーで靴をキレイにします。クロスを使いますが、握り方にコツがありまして...。まずはふんわりした感触の面を上にして人差し指と中指に乗せ、余った部分を握ります。

2102_shoecare_07.jpg

大場:む、難しい...。不器用なもので...。

高原:がんばって!握れたらピンと張りながら、ねじるようにして手の平の方に持って行き、親指でギュッと掴みます。

大場:これで合ってますか...?

2102_shoecare_08.jpg

高原:大体...。合ってます...。こう握るとズレにくくて、クリーナーを塗りやすくなります。コツを掴めば、あとは慣れです!

大場:がんばります(笑)

高原:ではクリーナーを塗りましょう。容器を軽く振ってから、量はクロスの上に100円玉1個分くらい。

2102_shoecare_09.jpg

高原:クリーナーが革に合わないことが稀にあるので、それをケアする意味でも、目立たない踵の内側から始めます。クルクルと小さな円を描くようにしながら、靴を1周まんべんなく、ゴシゴシ擦らずにやさしく。

2102_shoecare_10.jpg

最初は踵の内側から。その後は全体をまんべんなく、力を入れずに拭きます。

高原:1周終わったら、クロスの別の部分を使って、同じ要領でもう1周。1回目で革に浸透した成分が汚れや古いクリームを表面に浮かすので、2回目の方がより汚れが取れるようになります。

大場:何回くらい繰り返すんですか?

高原:3回ほど繰り返し、ツヤが取れて表面がマットになってきたらOKです。それ以上やると革を傷めてしまうので、3回くらいで十分です。

大場:ツヤがなくなってきた...!

STEP.3 靴クリームを塗る

高原:ここで靴クリームの登場です。コロンブスさんとのコラボによるこの靴クリームの特徴は、着色力が強いこと。傷の補修にはうってつけで、ほんのりとレザーノートの香りを付けてあるのもこだわりです。

大場:クロスを使って塗るんですか?

高原:こちらのセット内で完結させるならクロスを使います。でも、クロスは広範囲に一気に塗りたい場合には便利なのですが、傷がある場所などにピンポイントで塗ることも考えると、別売りのクリームブラシを使うのがおすすめです。

2102_shoecare_11.jpg

コロンブス×東急ハンズ クリームブラシ 1,078円(税込)

高原:このブラシの特徴は毛先が斜めにカットされていること。角があるので細かいところにもクリームを入れやすくなっています。あと、指が汚れないのもブラシのよいところですね。

大場:なるほど。ではより本格的に、クリームブラシを使ってやってみます。

高原:1回のお手入れ(靴両足)で使うクリームの量はコーヒー豆1粒分(約5g)くらい。1回で取る量は米粒3〜4粒くらいです。

大場:意外と少ないんですね。これくらいですか?

2102_shoecare_12.jpg

先端に少し付ける程度でOK。付けすぎたら瓶の蓋を使って調整します。

高原:はい。そうしたら、こちらも塗り始めは踵の内側から。カットされた面を広く使って、小さな円を描きながら靴全体に塗っていきます。一気に塗るのではなく、少しずつ足しながら薄く塗り伸ばしてください。

大場:気を付けるポイントはありますか?

高原:ゆっくりやるとそこにクリームが溜まったりムラができたりするので、常に手元をクルクル動かすことですね。力は全くいりません。ガシガシやる方もいますが、靴が傷むのでブラシの重さくらいの自然な力で十分です。

大場:つま先が気になるんですが、傷の部分はどうすればよいでしょう。

高原:ブラシを立てて、角を使いながらピンポイントで塗り込んでください。そうすると傷が隠れやすくなります。

2102_shoecare_13.jpg

最初は踵の内側から。傷が付きやすいつま先などはブラシを立てて。

高原:着色力やカバー力が強いクリームは硬くて伸ばしにくいものが多いのですが、このクリームはかなり伸びがよいので、初めての方でも手早く塗りやすいと思います。

大場:たしかに滑らかで伸ばしやすいですね、私でもちゃんと塗れてます。不器用なので指は汚れましたが(笑)どれくらい塗ればよいですか?

高原:(笑)ひと通り全体に塗れたらOKです。私は表面を触った時に指が滑らなくなったら終わり、という感覚でいつもやっています。

STEP.4 ブラシでクリームを馴染ませる

高原:クリームが終わったら、今度は毛足の短い方のブラシでブラッシングを。ツヤ出し用のブラシは化学繊維か豚毛が一般的ですが、よりツヤを出しやすくするために、こちらも毛先が細くて柔らかな馬毛を使っています。持ち方は最初のブラシと同じ。少し小さいので滑らないように気をつけてください。

2102_shoecare_14.jpg

大場:ここでまたブラッシング...?何のためですか?

高原:余分なクリームを取りつつ、クリームをしっかりと革に浸透させるためです。小刻みに動かして、まんべんなく全体に馴染ませ、シワのところは特にしっかりとクリームを入れ込んでください。

大場:今回は一方向ではなくゴシゴシやって大丈夫なんですね。

高原:はい、ゴシゴシやってください。でも力は入れ過ぎずに。

2102_shoecare_15.jpg

高原:必要なものが革の中に入って不要なものが取れると、表面が少しサラッとしてきます。そうなったら、次はツヤ出しの作業に。今度は小刻みではなく、縦方向に大きくブラシをかけていきます。

大場:おお!ツヤが出てきました!

高原:全体にツヤが出たら、仕上げに入ります。

STEP.5 グローブクロスで磨く

高原:最後にグローブクロスで乾拭きし、やさしく磨き上げます。グローブの面全体を使って、細かいところはグローブの中で指を立てるようにして。

大場:どれくらいやればよいですか?

高原:好みのツヤになるまでですが、サッと磨くだけでも大丈夫ですよ。これが最後の工程なのでしっかりやりましょう!

2102_shoecare_16.jpg

大場:見違えるほどキレイになりました!

2102_shoecare_17.jpg

向かって左がお手入れ後。つま先の傷も隠れて、まるで新品のような輝きに!

高原:これで基本の手順は終了です。慣れれば5〜10分くらいでできるようになりますよ!

基本のお手入れは終了。さらにこだわるならこんなアイテムも

高原:基本を抑えつつ、よりこだわるなら、こちらもおすすめです。

2102_shoecare_18.jpg

コロンブス×東急ハンズ
左から:
デリケートクリーム 1,760円(税込)
プレミアムクリーム ブラック 1,375円(税込)

高原:〈プレミアムクリーム〉は強いツヤ出しの効果があるので、靴クリームよりも強いツヤを求める場合におすすめです。〈デリケートクリーム〉は保湿力に優れ、保革しながら革を柔らかくするクリームで、靴クリームの前に使うことで靴クリームの入りをよくする効果もあります。

大場:〈プレミアムクリーム〉はどの工程で使うんですか?

高原:靴クリームの後にでも、靴クリームの代わりにでも使えますが、水分がかなり少ないので、靴クリームの代わりに使うのであれば、その前に〈デリケートクリーム〉で保湿をした方がよいですね。

大場:より高度な感じですね...。上級者向けという感じでしょうか。

高原:中級者から上級者向けですね。でもそこまで難しくはないですよ。〈プレミアムクリーム〉なら鏡面磨きよりも手軽に強いツヤが出せるので、大場さんもぜひチャレンジしてみてください!

大場:試してみたいです!使いこなせる男になりたいです!

長く履いていないときはどうすれば?さらなるアドバイスも

大場:近頃はテレワークなどで革靴をあまり履かなくなったという声も聞きますが、そういう場合のお手入れのアドバイスはありますか?

2102_shoecare_19.jpg

高原:基本のケアをしっかりすることは第一です。それとカビ対策ですね。簡単にできるカビ対策としてはこちらがおすすめです。

2102_shoecare_20.jpg

コロンブス×東急ハンズ デオドラントミスト(無香料・レザーノート) 各1,760円(税込)

高原:消臭ミストですが、お手入れをした後、靴箱に収納する前に靴の中に3プッシュするだけでカビも防げます。あとは除湿剤などでしっかり除湿を。木製のシューキーパーなら調湿効果もあるので、型崩れも防げて一石二鳥です。

大場:気を付けるのは湿気とカビですね。

高原:あと、2週間に1回くらいは靴箱を開けることも大事です。靴の様子も確認できますし、空気を動かすことでカビの発生も抑えられます。

大場:久しぶりに履く時に気を付けることはありますか?

高原:放っておくと靴も水分を失って乾燥するので、先ほど紹介した〈デリケートクリーム〉を塗るのがおすすめです。水分を補って、革をしなやかな状態にしてから履くというのは、靴のためにも大事なことなんです。

大場:なるほど。今日はいろいろと勉強になりました。なんだかハマりそうな予感です(笑)

2102_shoecare_21.jpg

高原:何かあったらご相談ください!シューケアは順番さえ覚えれば、あとはクリームや色が変わっても基本は同じ。決して難しくはなく、頻度も2週間に1回くらいで大丈夫なので、初心者の方も気軽に始めてみてほしいです。

大場:この後さっそく、もう片方も磨こうと思います。今日はありがとうございました!

おわりに

シューケアは、実は意外と簡単にできるけど、とても奥が深いもの。気になった方はこれを機に始めてみませんか?新たな趣味になるかもしれませんよ!

※工場生産遅延の影響で入荷日の遅れや商品仕様の変更が生じる場合がございます。
※掲載商品は一部店舗では取り扱いがない場合がございます。取り扱い状況については各店舗へお問い合わせください。
※掲載商品は、一部の店舗ではお取り寄せになる場合がございます。
※一部価格・仕様の変更、および数に限りがある場合もございます。
※掲載写真には一部演出用品が含まれます。
※商品価格等の情報は、掲載時点のものです。

この記事の関連タグ