【スニーカーの洗い方】汚れを落とすコツや必要な道具を紹介

スニーカーの洗い方

お気に入りのスニーカーを長持ちさせるためには、日頃のお手入れが重要です。しかし、「どのようにスニーカーを洗えばいいのか分からない...」という方も多いのではないでしょうか。そこで本記事では、スニーカーの基本的な洗い方やおすすめアイテムをご紹介します。

この記事で紹介している商品はこちら>>

 

スニーカーの基本の洗い方

スニーカーの基本の洗い方

スニーカーをきれいに保つには基本的なスニーカーの洗い方を押さえて、正しく手入れを行う必要があります。難しいことはありませんので以下の内容は手入れをする前にしっかりと押さえておきましょう。

素材に合わせた方法で洗う

素材に合わせた方法でスニーカーを洗う

スニーカーの素材によって基本的な洗い方は異なります。素材に合わない洗い方をすると、お気に入りのスニーカーが傷んでしまう恐れがあります。例えば、キャンバスやナイロン系の素材でできているものは水洗いできますが、スエードやレザーなどは水分に弱いためブラシや専用のクリーナーなどを使って洗う必要があるのです。

靴紐は別で洗う

靴紐は別で洗う

スニーカーを洗う際、本体と靴紐は別で洗うのが基本です。スニーカー本体と靴紐は基本的な洗い方が異なるため、そのまま洗うと汚れがきれいに落ちません。

白い靴紐の場合は、40度ほどのお湯で洗って酵素系の漂白剤に漬けておきましょう。また、色物の靴紐の場合は、紐に中性洗剤を染み込ませて歯ブラシで擦って洗うのがおすすめです。

 

キャンバス地のスニーカーの洗い方

キャンバス地のスニーカーの洗い方

準備するもの

キャンバス地のスニーカーの洗うのに準備するもの

キャンバススニーカーを洗う際は、以下の道具を準備してください。

キャンバス地のスニーカーを洗うときに必要な道具


  1. ブラシ
  2. 専用のクリーナー
  3. マイクロファイバータオル
  4. バケツ

お手入れの手順

スニーカーから靴紐を取る

スニーカーから靴紐を取る

まずはスニーカーから靴紐を取り外します。靴紐がついたまま洗うと、隙間に洗剤が残ったり型崩れの原因になったりするため注意しましょう。また、靴紐同様に中敷きが外せる場合も同様に取り外しておきましょう。

ブラシに専用クリーナーをつけて、ソール(靴底面)から汚れを落とす

ブラシにクリーナーをつけ、底面から洗う

あらかじめブラシで靴全体のホコリやごみを落とします。水が入ったバケツにブラシを入れて湿らせ、クリーナーをブラシにつけます。もう一度バケツの水にブラシを入れて全体にクリーナーをなじませたら、スニーカーをソール(底面)から洗います。履きジワやスニーカーの溝の汚れは、ブラシの角を使うことできれいに落とせますよ。

靴ブラシの商品一覧はこちら>>

靴用クリーナー(キャンバス)の商品一覧はこちら>>

マイクロファイバータオルで泡を拭き取る

マイクロファイバータオルで泡を拭き取る

スニーカーの表面がしっかり泡立ったら、マイクロファイバータオルで泡をしっかり拭き取ってください。拭き取りが不十分だと変色の原因にもなりますので注意しましょう。まだスニーカーの汚れが目立つ場合は、もう一度ブラッシングを行います。ブラッシングはやさしく、中から外へかき出すよう洗うことがポイントです。

マイクロファイバータオル・クロスの商品一覧はこちら>>

陰干しをする

スニーカーを陰干しする

スニーカーの汚れがしっかりと落ちたら、水気をしっかり取り、風通しのよい場所で陰干しをして全体を乾かします。このとき、靴にシューキーパーを入れるとスニーカーの型崩れを防止できますよ。

シューキーパー・シューツリーの商品一覧はこちら>>

 

レザーのスニーカーの洗い方

レザーのスニーカーの洗い方

準備するもの

レザーのスニーカーを洗うのに準備するもの

レザーは水分に弱い素材であるため、基本的に水洗いはおすすめできません。そのため、レザースニーカーを洗う際は以下の道具を準備しましょう。

レザーのスニーカーを洗うときに必要な道具


  1. ブラシ
  2. 専用のクリーナー
  3. タオル
  4. 保革用クリーム

お手入れの手順

ブラシでホコリを落とす

まず、スニーカー全体にブラシをかけてホコリやごみを落とします。表面の汚れを軽く落としておくことで、後から使用するクリーナーの効果が高まります。毛先が硬いブラシだとスニーカーが傷ついてしまう恐れがあるため、馬毛や豚毛などやわらかい毛先のものを選びましょう。

靴ブラシの商品一覧はこちら>>

クリーナーをつけたブラシで洗う

クリーナーをつけたブラシで洗う

スニーカー表面のホコリを落としたら、クリーナーをブラシにつけて泡でやさしく擦ります。強くスニーカーを擦るとレザーのコーティングが落ちてしまう恐れがあるため、やさしく洗うのがポイントです。

靴用クリーナー(レザー)の商品一覧はこちら>>

タオルで泡を拭き取り、陰干しする

タオルで泡を拭き取り、陰干しする

汚れが落とせたら、タオルでやさしくクリーナーの泡を拭き取りましょう。泡が残っているとシミの原因になるため、隅々まできれいに拭き取ることが大切です。その後、風通しのよい場所で陰干しをしてスニーカーを乾燥させます。

タオルの商品一覧はこちら>>

保革用のクリームを塗る

保革用のクリームを塗る

最後に、保革用のクリームを塗りましょう。クリーナーで汚れを落とすと、レザーの栄養分が抜けて色落ちしたり硬くなったりすることがあります。スニーカーを長持ちさせるためには、保革クリームで栄養を与えることが大切です。
クロスに少量のクリームをとり、円を描くようにしてなじませながらスニーカー全体に伸ばしましょう。

靴クリーム(保革)の商品一覧はこちら>>

防水スプレーをかける

防水スプレーをかける

保革用のクリームを塗って乾燥させた後、防水スプレーをかけましょう。スプレーが一箇所に集中しないよう、少し離れた場所からスニーカー全体にふんわりとかけます。スプレーをした後は、陰干しで自然乾燥させてください。

靴用防水スプレーの商品一覧はこちら>>

【おすすめ関連ヒントマガジン】
スニーカーを水・汚れから守る防水スプレー11選!靴の素材別に選び方と使用効果を解説>>

 

スエードのスニーカーの洗い方

スエードのスニーカーの洗い方

準備するもの

スエードのスニーカーを洗うのに準備するもの

スエードとは、革の内側をサンドペーパーなどで擦り、起毛させた素材のことです。丈夫な素材ですが水分には弱く、水に濡れるとシミになりやすいためお手入れの際は注意が必要です。

スエードのスニーカーを洗うときに必要な道具


  1. ブラシ
  2. 専用のクリーナー
  3. 防汚スプレー

お手入れの手順

ブラッシングする

ブラッシングする

まず、スニーカー全体をブラッシングします。スエード生地は水分を含むと毛が硬くなったり毛流れが乱れたりするため、クリーナーを使う前にブラシで汚れを落としておくことが大切です。コシのあるスエード専用のブラシを使うと、スエードの毛の奥に溜まった汚れをしっかり除去できますよ。

靴ブラシ(スエード)の商品一覧はこちら>>

クリーナーで汚れを落とす

クリーナーで汚れを落とす

汚れが気になるところには、専用のクリーナーを使用します。クリーナーによってはスエード生地に使えないものもあるため、事前に確認しておきましょう。
フォームタイプや液体タイプのクリーナーを使用する場合は、ブラシにクリーナーをつけて汚れが気になる部分をブラッシングします。消しゴムタイプのクリーナーを使う場合は、角を使って汚れを擦り落としてください。

靴用クリーナー(スエード)の商品一覧はこちら>>

再度ブラッシングをし、スプレーをかける

再度ブラッシングをし、スプレーをかける

クリーナーで汚れを落としたら、もう一度スニーカー全体をブラッシングします。最後に、防汚・保革効果のあるスプレーを全体に吹きかけたら完了です。

防汚スプレーの商品一覧はこちら>>

 

スニーカーを洗うときの注意点

スニーカーを洗うときの注意点

油汚れはいきなり水洗いしない

油汚れはいきなり水洗いしない

食べ物や飲み物などが付着してついた油汚れは、水で洗わないよう注意してください。いきなり水洗いをすると、油分が伸びて靴の繊維に入ってしまい、シミになる恐れがあります。油汚れは専用のクリーナーやブラシで軽く擦り、汚れを浮かせてから水洗いするのがおすすめです。

洗濯機では洗わない

洗濯機では洗わない

スニーカーが汚れているからといって、洗濯機で洗うのはNGです。洗濯機を使用すると接着剥がれや型崩れが起こってしまい、スニーカーが傷む原因になります。
レザーやスエードはもちろん、水洗いができる素材のスニーカーでも洗濯機では洗わないようにしてください。手間や時間はかかりますが、きちんと専用の道具を使って手洗いしましょう。

なるべく擦らずにやさしく洗う

なるべく擦らずに優しく洗う

どのような素材のスニーカーでも、強く擦って洗うのは避けましょう。強い力で擦るとスニーカーが傷み、ツヤや風合いが損なわれる可能性が高いです。また、擦って傷んだ部分にはシミや汚れがつきやすくなるため注意してください。

色物のスニーカーには洗濯用石鹸を使わない

色物のスニーカーには洗濯用石鹸を使わない

色物のスニーカーを洗う際は、洗濯用石鹸を使わないようにしてください。洗濯用の石鹸を使うと、生地が傷んだり色が抜けてしまったりする恐れがあります。そのため、色物のスニーカーを洗う際は専用のクリーナーを使いましょう。

 

スニーカーを洗うのにおすすめのアイテム

デリケートな素材におすすめ【ジェイソンマーク プレミアム クリーニングブラシ】

プレミアム クリーニングブラシ

 

プレミアム クリーニングブラシ 1,540円(税込)


商品ページはこちら>>

デリケートな素材でできたスニーカーのお手入れには、〈ジェイソンマーク プレミアムクリーニングブラシ〉がおすすめです。やわらかい豚毛で作られており、キャンバスやスエード、コットン、メッシュ素材などのスニーカーをクリーニングできます。

しつこい汚れに【ジェイソンマーク スタンダードクリーニングブラシ】

スタンダード クリーニングブラシ

 

スタンダード クリーニングブラシ 1,320円(税込)


商品ページはこちら>>

〈ジェイソンマーク スタンダードクリーニングブラシ〉は、硬めで丈夫な合成繊維毛を使用しています。ミッドソールなどに付着したしつこい汚れを落としたいときは、こちらを使ってみてください。

消しゴムタイプのクリーナー【ジェイソンマーク スエードクリーニングキット】

プレミアム スエード クリーニングキット

 

プレミアム スエード クリーニングキット 1,980円(税込)


商品ページはこちら>>

〈ジェイソンマーク スエードクリーニングキット〉は、ゴム製イレイサーとスエード専用ブラシがセットになったアイテムです。汚れが気になる部分にイレイサーを当てて擦り、浮き上がった汚れをブラシで落とします。ブラシはやわらかな馬毛でできているため、デリケートなスエードやヌバック素材のスニーカーにも使用可能ですよ。

細部の汚れをしっかり落とす【M.モゥブレィ クリーニングブラシ】

クリーニングブラシ

 

クリーニングブラシ 495円(税込)


商品ページはこちら>>

〈M.モゥブレィ クリーニングブラシ〉は、サドルシャンプー(スムースレザー用)、スエードシャンプー(スエード・ヌバック等の起毛皮革)専用のブラシです。繊維の細部や靴のシワなどにブラシの毛先が届き、スニーカーを効果的にクリーニングします。使用することで後から使うシャンプーやソープなどの泡立ちがよくなり、全体のお手入れを楽にしてくれるのも重要なポイントです。

泡で汚れを浮き上がらせ洗い流し不要【スニーカー洗剤 泡タイプ】

スニーカー洗剤 泡タイプ 200mL

 

スニーカー洗剤 泡タイプ 200mL 1,480円(税込)


商品ページはこちら>>

手軽にお手入れしたいときにおすすめなのが、〈スニーカー洗剤 泡タイプ〉
天然由来の界面活性剤を2種配合しているので環境にやさしく、ゼラニウムの香りがするスニーカー用洗剤です。

ブラシでしっかり洗って水で汚れを洗い流す【スニーカー洗剤 液体タイプ】

スニーカー洗剤 液体タイプ 150mL

 

スニーカー洗剤 液体タイプ 150mL 1,280円(税込)


商品ページはこちら>>

しっかりお手入れしたいときにおすすめなのが、〈スニーカー洗剤 液体タイプ〉。
こちらも環境にやさしい天然由来の界面活性剤を4種配合しており、爽やかなシトラスの香りがするスニーカー用洗剤です。

200足洗えるスニーカー洗剤【ジェイソンマーク ディープクリーニングソリューション】

ディープクリーニングソリューション

 

ープクリーニングソリューション 8oz  2,970円(税込)


商品ページはこちら>>

〈ジェイソンマーク ディープクリーニングソリューション〉は、天然由来成分でできた洗剤です。レザーやナイロン、ヌバック、コットンなどに使用でき、色物のスニーカーも丸洗いできます。
約200足分洗浄可能な大容量も嬉しいアイテムです。

そのまま使える泡タイプ【ジェイソンマーク RTUフォーム 7oz】

RTUフォーム 7oz

 

RTUフォーム 7oz 2,970円(税込)


商品ページはこちら>>

〈ジェイソンマーク RTUフォーム〉は、キャンバスやニット、レザー、スエードなどさまざまな素材に使えるクリーナーです。ココナッツやオイルなどから抽出された天然由来成分でつくられており、汚れを落としつつスニーカーの状態を整えます。

とりあえず迷ったらこれ!【ジェイソンマーク エッセンシャルキット】

エッセンシャルキット

 

エッセンシャルキット 2,970円(税込)


商品ページはこちら>>

〈ジェイソンマーク エッセンシャルキット〉は、スタンダードクリーニングブラシとディープクリーニングソリューションがセットになったアイテムです。さまざまな素材でできたスニーカーのお手入れに使用でき、しつこい汚れの洗浄にも効果的ですよ。
素材にやさしく効果的な天然由来成分を使用した洗剤と硬くて丈夫な合成繊維毛を使用したブラシをセットで使うことによってしつこい汚れも綺麗に洗い流すことができます。

二種のブラシを使い分けられる【ジェイソンマーク スターターセットボックス】

スターターセットボックス

 

スターターセットボックス 5,060円(税込)


商品ページはこちら>>

〈ジェイソンマーク スターターセットボックス〉は、シュークリーナーとブラシ、マイクロファイバータオル、防水スプレー、ペーパークリーナーがセットになったアイテムです。
シュークリーナーや防水スプレーは、ミニサイズで自分のスニーカーに合うものを気軽に試すことができます。また、「スタンダード」と「プレミアム」の2種類のブラシが入っているため、素材や汚れに合わせて使い分けが可能です。

すすぎ不要の【コロンブス スニーカーケアフォームセット】

スニーカーケア フォームセット

 

スニーカーケア フォームセット 1,760円(税込)


商品ページはこちら>>

〈コロンブス スニーカーケア フォームセット〉は、フォームシャンプーとウォッシュブラシがセットになったアイテムです。フォームシャンプーには保湿成分が配合されており、皮革の色落ちや硬化を防げるのが特徴です。部分洗いはもちろん、丸洗いも可能ですよ。
ウォッシュブラシは、キャンバスや天然皮革、合皮などさまざまなスニーカーに使用可能です。コシのある毛先が特徴で、ソールやアッパーなどに付着したしつこい汚れもしっかり落とせるでしょう。

先端がブラシで使いやすい【M.モゥブレィ ハイパークリーン】

ハイパークリーン

 

ハイパークリーン 1,430円(税込)


商品ページはこちら>>

〈M.モゥブレィ ハイパークリーン〉は、スニーカーの汚れ落としに使えるクリーナーです。スエードや合成皮革、スムースレザー、コンビ素材など、さまざまな素材に使用可能です。ボトルの先端にブラシがついているため、手を汚さず簡単にシューズのお手入れができます。

起毛専用クリーナー【コロンブス スエードクリーナー】

スエードクリーナー 

 

スエードクリーナー  1,320円(税込)


商品ページはこちら>>

〈コロンブス スエードクリーナー〉は、スエード生地のスニーカーのお手入れにおすすめの商品です。アミノ酸系統の泡がスエードの毛足の奥まで浸透し、汚れを除去します。また、リンス剤や柔軟剤が配合されているため、スエード生地の風合いが保てるのも特徴です。

雨シミなどにおすすめ【M.モゥブレィ スェード&ヌバックシャンプー】

スェード&ヌバックシャンプー

 

スェード&ヌバックシャンプー 1,760円(税込


商品ページはこちら>>

〈M.モゥブレィ スェード&ヌバックシャンプー〉は、起毛革スニーカー専用のシャンプータイプのクリーナーです。雨によるシミや、長期間履いたことによる汚れなどを丸洗いできます。また、スニーカーの履きシワを伸ばして型崩れを防ぐ効果にも期待できますよ。

手軽なふき取りタイプ【M.モゥブレィ スエードクリーナー】

スエードクリーナー

 

スエードクリーナー 1,320円(税込)


商品ページはこちら>>

〈M.モゥブレィ スエードクリーナー〉は、スエードやムートン、ヌバック素材専用の汚れ落としです。靴の表面についた油ジミや雨によるシミ、頑固な汚れなどを除去します。靴に直接スプレーして拭き取るだけなので、手を汚さず簡単にお手入れができますよ。

ソールの汚れに【コロンブス スニーカーケアガムクリーナー】

スニーカーケアガムクリーナー

 

スニーカーケアガムクリーナー 495円(税込)


商品ページはこちら>>

〈コロンブス スニーカーケアガムクリーナー〉は、消しゴムタイプのクリーナーです。クリーナーに粉ヤスリが入っているのが特徴で、スニーカーを擦ると汚れが吸着される仕組みになっています。スニーカーのソールやアッパーの汚れが気になるときに活躍する道具です。

生地に合わせて使い分け【スニーカークリーンスティック】

スニーカークリーンスティック

 

スニーカークリーンスティック 880円(税込)


商品ページはこちら>>

〈JEWEL スニーカークリーンスティック〉も、擦って汚れを落とすタイプのクリーナーです。薄いグリーンの部分はメッシュやキャンバスなどの布地に、濃いグリーンの部分はスエードやソールなどのお手入れに使えます。研磨剤が配合されているため、しつこい汚れにも効果的な便利アイテムです。

白スニーカーの補色に【スニーカーホワイトニング】

日本販売 アルミ伸縮ポール

 

スニーカーホワイトニング 1,320円(税込)


商品ページはこちら>>

〈SPORTS スニーカーホワイトニング〉は、ホワイトレザースニーカー専用のアイテムです。汚れた部分に塗ってスニーカーの色を補色することで、汚れを目立たなくしてくれます。また、皮革に栄養を与える効果もあり、スニーカーのひび割れ防止にも役立つのも嬉しいポイントです。

古くなった靴にもおすすめ【M.モゥブレィ サドルソープ】

サドルソープ

 

サドルソープ 1,320円(税込)


商品ページはこちら>>

〈M.モゥブレィ サドルソープ〉は、革靴専用のクリーナーです。塩フキや雨ジミなどが目立つ革に使用することで、汚れを綺麗にできます。硬化した革靴や、古くなって型崩れしたスニーカーのリフレッシュにも活躍しますよ。

吸水性抜群!【クリーニングスポンジセルロース】

R&D クリーニングスポンジ セルロース

 

R&D クリーニングスポンジ セルロース 550円(税込)


商品ページはこちら>>

〈R&D クリーニングスポンジセルロース〉は、サドルソープやスエードシャンプー等で靴を洗うときに便利な専用スポンジです。泡立ちが非常によく、ソープやシャンプー等の効果を引き出します。また、植物性繊維で作られているセルローススポンジが、汚れと泡をしっかり吸着してくれるのも魅力です。

菌の増殖を抑える【コロンブス 抗菌キーパー】

抗菌キーパー

 

抗菌キーパー 1,540円(税込)


商品ページはこちら>>

靴の型崩れが気になる方におすすめなのが、〈コロンブス 抗菌キーパー〉です。靴に入れておくだけで形が保たれる上、靴の中の雑菌やイヤな臭いの元になる菌の発生、増殖を予防します。

 

正しい洗い方でお気に入りのスニーカーを長持ちさせましょう!

お気に入りのスニーカーを長持ちさせるためには、定期的なお手入れが必要です。スニーカーの生地によって洗い方が異なるため、素材に合わせた方法でお手入れを行うことが大切ですよ。

今回紹介した適切な洗い方やおすすめの道具を参考にして、新品のときのようなスニーカーの状態を保ちましょう。

【おすすめの関連記事】
スニーカーを水・汚れから守る防水スプレー11選!靴の素材別に選び方と使用効果を解説>>
【必見】足の臭いの原因と対策とは?簡単な予防方法からケアグッズまで徹底解説>>
【初心者にも】革靴の洗い方とは?手順や注意点を確認して汚れや臭いを解消しよう!>>

※工場生産遅延の影響で入荷日の遅れや商品仕様の変更が生じる場合がございます。
※掲載商品は一部店舗では取り扱いがない場合がございます。取り扱い状況については各店舗へお問い合わせください。
※掲載商品は、一部の店舗ではお取り寄せになる場合がございます。
※一部価格・仕様の変更、および数に限りがある場合もございます。
※掲載写真には一部演出用品およびイメージ画像が含まれ、店舗でお取り扱いがない場合がございます。
※商品価格等の情報は、掲載時点のものです。

この記事の関連タグ