自分に合った枕の選び方を、ハンズの寝具担当がとことん解説します!【2020年版】

いつも使っている枕が合ってない気がする...。ぴったりな枕がなかなか見つからない...。何に気をつけて買えばよいのかわからない...。そんなお悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか?この記事では、自分にぴったりの枕の選び方を、東急ハンズの寝具担当スタッフがとことん解説。おすすめの枕とあわせてご紹介します。

<メニュー>
そもそも枕って必要なの?
枕が合っていないとどうなるの?
合っていたはずの枕が合わなくなることはある?
枕選びのポイント〜その1.寝る時の向きを確認する〜
枕選びのポイント〜その2.フィーリングをチェックする〜
枕選びのポイント〜その3.自分の好きな素材を知る〜
枕選びのポイント〜その4.実際に寝て枕の高さを確認する〜
枕選びのポイント〜その5.なるべく数多くの枕を試してみる〜
ハンズおすすめ枕のご紹介
∟高コスパで金森店主のイチオシ!〈医師がすすめる健康まくら〉シリーズ
∟さまざまな姿勢に対応!独自の3次元形状が特徴〈スージーAS快眠枕〉
∟まるでセミオーダー!?部分調整できるハンズオリジナル枕〈洗えるフィット枕〉

そもそも枕って必要なの?

枕の選び方をご紹介するのは、枕やマットレス、リラクゼーションウェアやアロマなど幅広い寝具やリラックスアイテムを取り扱う、東急ハンズ新宿店5階「ぐっすりスヤスヤ商店」の金森店主。売り場に並ぶ約140種類の枕からお客様に合ったものをご提案する、いわば枕選びのスペシャリストです。

2003_pillow_01.jpg

東急ハンズ新宿店 5階「ぐっすりスヤスヤ商店」金森店主

枕が合っていないとどうなるの?

ここからは金森店主直伝の枕の選び方を解説していきます。
まずは、そもそもなぜ枕が必要なのかをご説明しましょう。枕が必要な理由は、立っている時の背中と首、頭の自然なバランスを横になった状態でもキープしてくれるから。背中と首はS字カーブを描いているので、背中を壁につけると、首筋や頭と壁の間にはすき間が生まれるのが自然。枕はそのすき間を寝る時に埋める役割があるのです。

2003_pillow_02_sai.jpg

自分に合った枕は背中と首の自然なS字カーブをサポート。頭部と首の部分を安定させることで、快適な睡眠につながります。

枕が合っていないとどうなるの?

枕の高さなどが合っていないと身体に負担がかかりやすくなります。質のよい睡眠が得られず、たくさん寝たはずなのになんとなくすっきりしないのは枕のせいかもしれません。

<合ってない枕が与えるさまざまな影響>

2003_pillow_03_sai.jpg

首筋を支える部分に高さがありすぎると、アゴがあがり、首筋部分の筋肉に余計な負担がかかってしまいます。

2003_pillow_04_sai.jpg

首筋が圧迫され、呼吸がしにくくなってしまいます。

2003_pillow_05_sai.jpg

姿勢が安定せず、首に負担がかかります。

合っていたはずの枕が合わなくなることはある?

枕は消耗品なので、使い続けていると次第にヘタってきてきます。素材にもよりますが、一般的に枕を買い換えるおすすめの周期は2~3年ごと。ヘタりはなくてもニオイや黄ばみなどが目立つこともありますので、なるべくこの周期を守っていつでも清潔な枕をお使いいただくのがおすすめです。

2003_pillow_06.jpg

枕選びのポイント〜その1.寝る時の向きを確認する〜

では実際に枕を選んでいきましょう。
いきなり色んな枕を試してみるのもよいですが、仰向け用やうつぶせ用などさまざまな種類があるので、事前準備として自分がいつもどんな体制で寝ているかをあらかじめ確認しておくとよりスムーズ。ご家族に聞いたり、いつも起きた時にどういう体制なのかを思い出したりして、馴染みのある身体の向きを把握しておくのがおすすめです。

枕選びのポイント〜その2.フィーリングをチェックする〜

さまざまなポイントの中で最優先でチェックすべきは「フィーリング」、つまり直感的によいかどうかを判断しましょう。直感的にチェックするコツは、枕を触ってみてどう思うか。「気持ちよい」「質のよい睡眠がとれそう」などポジティブな感覚があればフィーリングは合っているかもしれません。

2003_pillow_07_.jpg

素材や高さなど、より細かなチェックポイントをこれからご紹介しますが、何はともあれまずは第一印象が大事!枕は毎日使う眠りのパートナーですから、見て触ってよさそうと思えるかは大切なポイントなのです。

枕選びのポイント〜その3.自分の好きな素材を知る〜

枕を触ってみてどう思うかを左右するのは、素材の違い。素材によりメリット・デメリットはさまざまですが、一概にどれがよいというのはなく、「好みの問題」が大きいのです。
以下に、主な素材別のメリット・デメリットをご紹介するので参考にしてみてください。

2003_pillow_08.jpg

●パイプ素材
ストローを細かく切ったような形状の素材。大きさや硬さなどさまざまな種類があります。
[メリット]
通気性がよく、耐久性にも優れています。寝返り時のフィット感があり、体圧を分散する効果もあります。
[デメリット]
大きさによってはごつごつした感じがあり、寝返り時に耳元で音がする場合があります。

●ポリエステルわた素材【ハンズ新宿店で人気】
わた状の人工繊維でクッション性があり、使い始めからすぐに柔らかな感触を楽しめます。
[メリット]
しっとり柔らかな枕が好きな方におすすめ。伸縮性に優れボリューム感もあります。人口繊維なので洗うことも可能。
[デメリット]
使用年数がたつと弾力性やボリューム感が失われてきます。

●そばがら
日本古来から使用され、高温・多湿の気候に向いている素材です。
[メリット]
通気性・放熱性に優れ、余分な汗の吸収もします。固めの枕が好きな方におすすめ。
[デメリット]
夏場などに高温多湿の場所に長期間保管すると虫がわく場合があります。

●低反発素材【ハンズ新宿店で人気】
ゆっくり沈み込み、肩から頭をしっかりホールドしてくれます。
[メリット]
柔軟性に優れ、使い方の体型に合わせて形状が変化。そのため高いフィット感が特徴です。密度が高くダニがつきにくいのもポイント。
[デメリット]
基本的に洗えません。気温に左右されるので冬場は固く、夏は熱がこもりやすい場合も。

●羽毛・羽根
水鳥から採取した素材で、空気を含んだふんわり感があります。
[メリット]
復元力があり、天然素材の中ではへたりにくいといえます。吸放湿性にも優れています。
[デメリット]
品質によっては独特のニオイを感じる場合があります。

●極小ビーズ
発泡ポリスチレンの小さな粒。独特の触り心地で、クッションや抱き枕にも使われます。
[メリット]
流動性に優れ、頭の形によく馴染みます。体圧分散性にも優れています。
[デメリット]
変形しやすい場合があります。

枕選びのポイント〜その4.実際に寝て枕の高さを確認する〜

素材をもとに自分が好きそうな枕の傾向をつかんだら、実際に試して高さが自分に合っているかをチェック。
ちょうどよい高さかどうかを判断する基準は、
・仰向け時に目線が真上を向くのではなく、真上から約5〜10度下がっている状態になっているかどうか。
・横から見て首筋にすき間がなく、首をしっかりホールドしているか。
スタッフや、一緒にいる人に見てもらいましょう。

Sik_J3KA.jpeg

なお、実際に寝る時はいきなり頭を枕の中心に乗せるのではなく、最初は枕の下の位置に頭を乗せて、徐々に中心にズラしていくのがおすすめ。
両腕で枕を持って、腰の方にひっぱりながら頭をズラしましょう。こうすることで、首がきちんとホールドされ、快適な寝心地を体感できます。

2003_pillow_10.jpg

●仰向けの場合

枕は背中と首のS字カーブを、寝ている時もサポートするためのものです。ただ頭をのせるだけの使い方は正しくありません。枕に肩口があたるくらいにして頭を乗せるのが正しい使い方で、後頭部から首筋にかけての全体で頭部を支えるように意識しましょう。

2003_pillow_12.jpg●横向き時の場合

横になった時に肩に重みがかかってないかを確認しましょう。肩に重みがかかってる場合は、枕が頭をしっかり保護しきれてない可能性があるので、他の枕を試してみてください。抱き枕を併用すると身体への圧力が分散されるのでおすすめです。

2003_pillow_13.jpg

首筋と頭のすき間を埋め、肩をきちんと保護できている状態がベストです。

●うつ伏せ時の場合

両手を枕の下に入れて首や頭に負荷がかかっていないかを確認しましょう。
その体勢から手を前に出してスマートフォンを操作したり本を読んでみるなどしながら首や頭の状態をチェックするのも有効です。

2003_pillow_14.jpg

枕選びのポイント〜その5.なるべく数多くの枕を試してみる〜

ここまでやってみて、それでも「これ!」というものが見つからない場合は、新しい視点で検討するために全く違うタイプの枕を試してみるとよいでしょう。
枕選びはとにかく実際に試してみるのが鉄則!一度のご来店で決める必要もなく、二度三度来店したうえで決定されるお客様もたくさんいらっしゃるのでご安心ください。長い睡眠時間を左右する大事な枕ですので、気になることがあったり、これだと思うものに出会えていないときは、ぜひ納得できるまで試してみてくださいね。
メーカーの垣根を超えたさまざまな枕を自由に試せるのが東急ハンズ新宿店5階「ぐっすりスヤスヤ商店」の魅力です。

2003_pillow_15.jpg

〈ワンポイントアドバイス〉
つい忘れがちですが、枕選びでとても重要なのが、ベッドや敷き布団との相性。店頭で試した時はよかったのに、家で寝てみたらイマイチかも...という時の多くの理由は、店頭とご自宅でベッドの硬さなどが違うからです。
ベッドの硬さの違いによる一般的な枕の選び方は下記にあげられますが、細かい部分はスタッフにご相談ください。

1.店頭のベッドの方が硬い場合
ご自宅で使う時には、店頭で試した時よりも身体が持ち上がった状態になるので、店頭では気持ち「高め」の枕を選ぶのがベターです。

2.店頭のベッドの方がやわらかい場合
ご自宅で使う時には、店頭で試した時よりも身体が沈んだ状態になるので、店頭では気持ち「低め」の枕を選ぶのがベターです。

3.どちらか判断できない場合
迷った時はスタッフとの相談の上、「低め」の枕を選ぶのが無難。低めなら、もしご自宅で違和感があった時も、パッドなどを入れて調整ができるからです。

2003_pillow_16.jpg

いつも寝ているベッドとの違いを聞き、パッドなどを入れてベストな高さをチェック。ご自宅ではタオルなどで代用可能です。

〈さらなるワンポイントアドバイス〉
いよいよお気に入りの枕が決まった時におすすめなのが、付属のものの他にもう1枚カバーをお買い上げいただくこと。カバーは月に2回ほどのペースで洗うのがよいので、洗濯しながらローテーションするのがよいでしょう。
また、丸洗い可能な枕は、半年に1回洗いましょう。ほとんどの素材が紫外線に弱く、硬くなるなど質感が変わってしまうので、洗ったあとは風通しのよい日陰で陰干しがマストです!

ハンズおすすめ枕のご紹介

最後に、ハンズ新宿店がおすすめする枕をご紹介します。

高コスパで金森店主のイチオシ!〈医師がすすめる健康まくら〉シリーズ

ハンズ新宿店でも特に人気なのが、寝具メーカーのトップランナー〈東京西川〉がつくった〈医師がすすめる健康まくら〉シリーズ。全5種類の中から自分に合ったタイプを選ぶことができ、どれも高さを微調整することが可能なので、よりぴったりの寝心地にカスタマイズすることができます。また、寝ている時に中の素材が移動して型崩れを起こさないようステッチがたくさん入っているなど、細かいところまでつくりこまれています。5,000円+税というお値段とは思えないハイパフォーマンスなのが人気の秘密。

2003_pillow_17.jpg

東京西川 医師がすすめる健康まくら

左: もっと横楽寝 5,000円+税
両サイドが高く、丸形独立キルトで横向き寝時の頭がより安定します。横向き寝の多い方におすすめ。

中央:もっと肩楽寝 5,000円+税
首と肩にやさしくフィットする特殊な立体フォルムがポイント。

右:もっと寝顔美人 5,000円+税
やさしく包まれるようなふわもち感が人気。低めに設定された高さと肩口にしっかりフィットする形状が、特に女性におすすめです。

さまざまな姿勢に対応!独自の3次元形状が特徴〈スージーAS快眠枕〉

航空機の設計技術を応用した3次元形状という、メーカー独自の技術を採用したこちらの枕。仰向け、横向き、うつ伏せなどの姿勢に対応し、首と頭をしっかりホールド。通気性にもこだわっていて、朝まで快適な寝心地になるようなムレにくい通気形状を実現。それでいてなめらかでふんわりとしたやわらかさもある、トータルバランスの高さが魅力です。

2003_pillow_18-1.jpg

スージーAS快眠枕 ベーシックタイプ(ロータイプもあり) 各5,900円+税

2003_pillow_18-2.jpg

まるでセミオーダー!?部分調整できるハンズオリジナル枕〈洗えるフィット枕〉

新登場のこちらの枕もおすすめ。厚さが異なる2枚の「高さ調整シート」と、5つのポケットから中材を取り出すことで、より細かな高さ調整を部分ごとにできるのが魅力。上品な印象のアイボリー×シャンパンゴールドデザインは東急ハンズだけのオリジナルです。

2003_pillow_19.jpg

東急ハンズオリジナル 洗えるフィット枕 アイボリー×シャンパンゴールド 5,480円+税

中材には消臭機能のついた竹炭パイプを使用。調整シート以外は洗濯機で気軽に丸洗い可能なので、いつでも清潔に心地よくお使いいただけます。

2003_pillow_20.jpg

シートや中材の調整をすることで、ご自宅でゆっくり自分好みの高さにすることができます。

おわりに

金森店主が特に重視するのが、自分と枕の「フィーリング」。使っていて気分が上がりそう、毎日が楽しくなりそうといった気持ちの部分は、真剣に選べば選ぼうとするほどつい忘れがち。そしてフィーリングを確かめるためには、店頭で実際に触ってみたり寝てみることが欠かせません。自分に合った枕を選ぶ時はぜひ、ハンズに1度、だけでなく何度も足を運んでゆっくりじっくりご検討してみてくださいね。


[店主とは]
東急ハンズ新宿店内に点在する商店(ショップインショップ)の店主。自身の好きがこうじて商店を立ち上げるほどのこだわりを持ち、訪ねていけば必要以上のことまで熱く教えてくれる情熱の持ち主。詳しくはこちら>>

※工場生産遅延の影響で入荷日の遅れや商品仕様の変更が生じる場合がございます。
※掲載商品は一部店舗では取り扱いがない場合がございます。取り扱い状況については各店舗へお問い合わせください。
※掲載商品は、一部の店舗ではお取り寄せになる場合がございます。
※一部価格・仕様の変更、および数に限りがある場合もございます。
※掲載写真には一部演出用品が含まれます。
※商品価格等の情報は、掲載時点のものです。

この記事の関連タグ