【レザークラフト入門編】東急ハンズの"達人"に革加工の基本を聞く!

自分好みの革製品が欲しい...趣味のバイクをきっかけにレザークラフトにのめり込んだのは、東急ハンズ渋谷店で"達人"と呼ばれる長井。今回、レザークラフトの魅力と基本の道具や加工方法を語ってもらいました!

レザークラフトとの出会いは「自分好みがなかったから」

「レザークラフトをはじめたのは趣味のバイクがきっかけ。今からおよそ8年前にふと思い立って、財布やパスケースといった"基本"を少しずつつくってみました。そのうちだんだんと欲しいものが大げさになってきて、バックやベルト、いま着ているライダースベストも自作するまでになっちゃいました」

1709-g4-1.jpg

笑顔でレザークラフトとの出会いをお話しいただいたのは、東急ハンズ渋谷店6Aに勤務している長井秀夫、通称「バイカー長井」。その名のとおり、バイク好きの長井は、ツーリング中にさっと取り出せる携帯ホルダーやウォレットを探していたところ、理想とするものが見つからなかったため、ないならつくってしまおうと出会ったのがレザークラフトの世界だったそうです。

1709-g4-3.jpg

1709-g4-2.jpg

「レザークラフトの楽しさは、実用的なものを自分で好きなようにつくれるところにあります。既製品とはちがって、自分だけの微妙なカスタマイズができるのがいいですね。欲しいものはあるんだけど微妙に違うんだよなあ......と、かしげた首から見える景色がレザークラフトの入り口なんです!」

とはいえ革製品を自分でつくるとなるとちょっとハードルが高い気がします......。

「わかりますよ。私もゼロからのスタートでしたから、その不安はすごくよくわかります。定期的にハンズで開いているワークショップでも、『ミシンがいるんでしょ?』とか『お金がかかるんじゃ......』といった声をよく聞きます。でもここだけの話、まずはこれさえあれば!というアイテムはこの5つ! 入門編としては十分です」

1709-g4-4.jpg

・誠和 4本菱目打 4mm  2 930円+税
・誠和 2本菱目打 4mm  830円+税
・誠和 手縫い針 短 5本入り  210円+税
・誠和 Wロー引き糸#5  470円+税
・ミニゴム板(打ち台)  240円+税

「もう一歩進んで、レザーを趣味にしてみようかなという人におすすめしているのがこちらのキットです。私もずっと使っていますよ。興味レベルからプロユースまで、幅広いお客様にご納得いただけるはずです」

1709-g4-5.jpg

・革手縫い工具18点セット 13,000円+税

初級編としてパスケースのつくり方を少しだけ教わりました

レザーのレの字も知らないのですが、まずは何からつくればいいんですか? と聞いてみたところ、「つくりたいものをつくるのが一番だけど......やっぱりカードケースかな」とおすすめしてもらいました。直線が多く、初めてのレザークラフトにぴったりとのこと。

まずは好きな色の革を用意して糸で縫い合わせる準備をします。まっすぐ縫うため、革に線を引いてから穴を開けていくのですが、そのとき"まっすぐ真上から打ちつける"のを意識しないと表面と裏面の穴の位置がずれてラインが曲がってしまいます。

1709-g4-6.jpg

1709-g4-7.jpg

皮に穴を開ける菱目打ち(ひしめうち)のピッチ(間隔)を変えたり、糸の色や太さを変えることでいろいろな革に対応することができます。

1709-g4-8.jpg

続いて平縫いをしていきます。一つの縫い穴に表と裏から均一な力で針を通していくことで目が揃って、引き締まった縫い方ができます。

1709-g4-10.jpg

「私がつかっているのはヌメ革がほとんど。コードバンという馬のお尻の革をつかった高級品をつかうこともありますが、東急ハンズ渋谷店には端切れの革も数百円から販売していますのでお気軽にどうぞ」

1709-g4-11.jpg

東急ハンズ渋谷店6Aのレザークラフトコーナーでは、革関連の道具や材料がいつでも手に入ります。知識・経験豊富なスタッフが常駐しているので、いつでもアドバイスを聞けますよ。

レザークラフトの魅力を教えてください!

「ちょっと人と違うものをつくれるのが一番の魅力でしょうね。私の場合、ワークショップを開いても一般的なカードケースや財布だけでなく、ミニチュアのライダースジャケットやミニベスト型キーケースなど、他にはないアイテムをつくってます」

1709-g4-12.jpg

1709-g4-13.jpg

上記は試作品のランドセル。サイズは9cmで、これは小学生がランドセルにぶら下げている防犯ブザーと同じ大きさです。もちろん底面には穴を空けて、ブザーのひもを出してそのまま引けるように設計。実用的!しかもおしゃれ!

「ワークショップではまったく初めての方でも、まずは"つくる楽しみ"を知ってほしいですね。そこから使う楽しさや、自分だけの使いやすさを追求すればいいと思います。革の場合、リペア(修理)も手軽にできるので、自分好みのものを長く使えるというのも惹きつけられるポイントでしょうね」

1709-g4-14.jpg

おわりに

革製品は、使ううちに風合いや味が出てきて手放せなくなりますよね。だんだんとすべりがよくなって手に馴染んできますし、縫い目もだんだんとデザインの一部に見えてくるから不思議!

「難しいと思われがちですが、意外に簡単! どんなことでも気軽に聞いてくださいね」という長井に会いたい方、レザークラフトのイロハを教わりたい方はぜひ東急ハンズ渋谷店6Aまでお越しください。ホームページやSNSでもワークショップの告知をしていますのでぜひチェックを!

1709-g4-15.jpg

東急ハンズ渋谷店のワークショップはこちら>>

※掲載商品は一部店舗では取り扱いがない場合がございます。取り扱い状況については各店舗へお問い合わせください。
※掲載商品は、一部の店舗ではお取り寄せになる場合がございます。
※一部価格・仕様の変更、および数に限りがある場合もございます。※掲載写真には一部演出用品が含まれます。