【新しい趣味にも】意外と簡単な梅酒のつくり方と、おすすめアイテムをご紹介

梅が旬を迎え、スーパーなどの店頭にも並び始める時期ですね。梅酒やシロップを仕込んだり、梅干しをつくったりと、"梅仕事"を行う家庭も多いのではないでしょうか?そこで今回は、梅酒づくりを自宅で楽しむための便利なアイテムをご紹介します。

見た目もかわいい!〈WECK〉の瓶がおすすめ

今回、梅酒づくりには、見た目もかわいい〈WECK〉の瓶を使用します。塩や砂糖などの調味料をはじめ、乾物の保存にもぴったりな瓶ですが、梅酒もつくれる優れもの。梅の実は1kgで販売されていることが多いですが、1,000mlと2,700mlの2つの瓶を使うとちょうど使い切れるのでおすすめです。2,700mlは自宅用、1,000mlはプレゼント用にしても良いですね。

1905umeshu_03.jpg

WECK Tulip Shape
左:2,700ml 1,500円+税、右:1,000ml 650円+税

実際に自家製の梅酒をつくってみよう!

<材料>
青梅1kg
氷砂糖500〜800g
ホワイトリカー1.8L
竹串2〜3本

まずは使用する瓶に熱湯を注ぎ、消毒を行いましょう。消毒後は口を下にして瓶を完全に乾かしてください。
乾かしている間に、青梅をやさしく水洗いし、傷があるものは取り除きましょう。洗い終わったあとは、一つずつ丁寧に水気を拭き取ります。

1905umeshu_01.jpg

拭き終わったあとは、串を使ってヘタを取ります。この時、ステンレス製の串だと梅が傷ついてしまう恐れがあるので、竹串を使用するのがおすすめ。また、水気やヘタが残っているとカビの原因にもなるので、一つひとつ丁寧に行うことがポイントです。

1905umeshu_02.jpg

瓶の底に氷砂糖を敷き、ヘタを取った青梅を3分の1~半量ほど入れます。そのあとは氷砂糖と青梅を交互に入れてください。交互に入れることで、しっかりと青梅に甘さがしみわたります!
一番上に氷砂糖がくるようにし、ホワイトリカーを浸るくらいに入れて準備は完了です。

1905umeshu_04.jpg

クリップパッキンセットL(別売) 各150円+税を使用。

全て完了したら、しっかりとフタをして、暗所に6ヶ月〜1年ほど置いたら飲めるようになります。専用のパッキンをつければ、しっかり密閉ができますよ。
1年ほど置くとよりまろやかになるので、お好みで調整してみてくださいね。

面倒な種も簡単に取れる〈梅えもん〉

種なしの梅酒を楽しみたい場合は、〈梅えもん〉を使えば簡単。種つかみ刃を青梅に深く差し込み、ハンドルを握ってくるっと回転させると種が取れます。使わない時にグリップごと収納できるホルダーも付いているので、かさばらず収納できるのもポイントです。

1905umeshu_05.jpg

梅えもん 3,480円+税

おわりに

自家製の梅酒だと、晩酌がもっと楽しくなりそうですよね。今回紹介したアイテムを活用して、ぜひ"梅仕事"に挑戦してみてください。

※掲載商品は一部店舗では取り扱いがない場合がございます。取り扱い状況については各店舗へお問い合わせください。
※掲載商品は、一部の店舗ではお取り寄せになる場合がございます。
※一部価格・仕様の変更、および数に限りがある場合もございます。※掲載写真には一部演出用品が含まれます。
※商品価格等の情報は、掲載時点のものです。

この記事の関連タグ