【新しい趣味にも】意外と簡単な梅酒のつくり方と、おすすめアイテムをご紹介

梅酒作りにおすすめアイテムと梅酒アレンジ割りをご紹介

梅が旬を迎え、スーパーなどの店頭に食べ頃の状態が並び始める時期。梅干しをつくったり、梅酒やシロップ、ジャムを仕込んだりと、お家で "梅仕事"にいそしむ人も多いのではないでしょうか?そこで今回は、意外と簡単な梅酒レシピとお役立ちアイテム、ちょっぴり変わったアレンジ割りもご紹介します。新しい趣味づくりにもおすすめですよ。

※2019年5月公開の記事に新商品情報を追加し、再編集しております。

 

梅酒をつくる瓶を用意

塩や砂糖などの調味料をはじめ、乾物の保存にもぴったりな瓶ですが、梅酒もつくれる優れもの。そこでまずは、梅の実の量にあわせたサイズの瓶を選びましょう。
例えば1kgに対して、約2700mLの液体が入るサイズの瓶が理想です。

梅酒をつくる瓶

セラーメイト 密封ビン 丸 0.5L 1,320円(税込)、1L 1,540円(税込)、取手付密封びん 2L 1,870円(税込)

 

いざ、自家製梅酒づくりへ

<材料>
青梅1kg  ※収穫時期によって色や熟度が異なります。お好みのものをお選びください。
氷砂糖500〜800g
ホワイトリカー1.8L
竹串2〜3本

最初に、使用する瓶に熱湯を注いで消毒しましょう。消毒後は口を下にして瓶を完全に乾かしてください。
乾かしている間に、青梅をやさしく水洗いし、傷があるものは取り除きましょう。洗い終わったあとは、一つずつ丁寧に水気を拭き取ります。

梅を拭いている様子

拭き終わったあとは、串を使ってヘタを取ります。この時、ステンレス製の串だと梅が傷ついてしまう恐れがあるので、竹串を使用するのがおすすめ。また、水気やヘタが残っているとカビの原因にもなるので、一つひとつ丁寧に行うことがポイントです。

梅のヘタとり

瓶の底に氷砂糖を敷き、ヘタを取った青梅を3分の1~半量ほど入れます。そのあとは氷砂糖と青梅を交互に入れてください。交互に入れることで、青梅に甘さがしっかりとしみわたります!
一番上に氷砂糖がくるようにし、ホワイトリカーを浸るくらいに入れて準備は完了です。

梅と氷入れた様子
材料をサクッと下ごしらえして、瓶に入れるだけ!

全て完了したら、しっかりとフタをして暗所へ。6ヶ月〜1年ほど置いたら飲めるようになります。
1年に近づくほどまろやかな風味になるので、お好みで調整してみてくださいね。

 

〈梅えもん〉で面倒な種を簡単に取る!

種なしの梅酒を楽しみたい場合は、〈梅えもん〉を使えば簡単。種つかみ刃を青梅に深く差し込み、ハンドルを握ってくるっと回転させると種が取れます。
使わない時にグリップごと収納できるホルダーも付いているので、かさばらず収納できるのもポイントですよ。

梅えもんを使っている様子

梅えもん 梅の種とり 1,140円(税込)

 

梅酒ができたら、グラスや割り方にもこだわりを

自分でつくった梅酒は一層おいしく感じられるもの。せっかくなら、味わうひとときも満喫しましょう。
〈Hand Marks(ハンドマークス)・繊細な口当たりが心地よいタンブラー〉は飲み口が薄く、繊細なつくりのタンブラー。江戸時代の技術を受け継ぎ、職人が一つひとつ丹精込めてつくりあげる「江戸硝子」を採用しています。手によくなじみ、持ちやすく、口に運ぶたびに贅沢な気持ちになれるはずです。

Hand Marks 繊細な口当たりが心地よいタンブラー モール

Hand Marks 繊細な口当たりが心地よいタンブラー S クリア  3,180円(税込)

グラスのビジュアルにもこだわりたいという人には、〈アデリア・アデリアレトロ〉のグラスウェアシリーズがおすすめ。懐かしさと温かみのあるレトロなデザインで、花柄をあしらったプリントや丸みのある台座がキュートです。

アデリア アデリアレトロ 台付きグラス

アデリア アデリアレトロ 台付きグラス320 各880円(税込)

梅酒はストレートはもちろん、水割りやお湯割り、ソーダ割りなど、どんな飲み方とも相性抜群。すっきりとしたテイストにしたい時は緑茶や紅茶とあわせてお茶割りにしたり、ほかの果実味がほしい時はワインと割ってプラムワインにしたり、苦味が欲しい時はビールと割ってプラムビアカクテルにしたり。もっと甘く、まろやかに飲みたい時は牛乳とあわせてミルク割りにするのもおすすめです。バニラアイスやヨーグルトにかけて、スイーツ感覚で楽しむのも◎ですね!アレンジの幅が広いので、気分やシーンにあわせてチョイスして、じっくりと味わってください。

 

おわりに

自家製の梅酒だと、晩酌がもっと楽しくなりそうですよね。今回紹介したお役立ちアイテムを活用して、ぜひ"梅仕事"に挑戦してみてください。

ハンドマークス
HandMarks特設サイトはこちら>>

ヒントマガジンプラス
深堀りしたら、くらしが豊かに、もっと楽しく!ヒントマガジンプラス>>

※工場生産遅延の影響で入荷日の遅れや商品仕様の変更が生じる場合がございます。
※掲載商品は一部店舗では取り扱いがない場合がございます。取り扱い状況については各店舗へお問い合わせください。
※掲載商品は、一部の店舗ではお取り寄せになる場合がございます。
※一部価格・仕様の変更、および数に限りがある場合もございます。
※掲載写真には一部演出用品が含まれます。
※商品価格等の情報は、掲載時点のものです。

この記事の関連タグ